経営

経営戦略入門-マーケティング入門編

▼使い方▼事例を読む→戦略理論を学ぶ→シュミレーションする→自分のプロジェクトに当てはめる→体系化される。読んで、考えて、仲間たちとスーパーサラリーマンになろう!!辛口コラムも好評!

全て表示する >

【経営戦略入門】ハインリッヒの法則「1:29:300の法則」

2004/06/02

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.196
        ☆☆☆ 【SkillStorage.com】経営戦略入門   ☆☆☆

    presented by skillstorage http://skillstorage.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
油断が事故を産みます。ちょっと気を抜いたときにかぎって、事故るんです
よね。事故にあったとき、「あー今日は運が悪かったな」なんて思っている
あなたは、実は「あーラッキー」とギリギリ事故をかわしたことが何度かあ
るはずです。今日はその法則です。


 ≫≫≫ これからは、インターネット&テレビ電話で英会話教育! ≪≪≪
━━━━━━━━ 小学生からの英会話教育をお考えの方へ ━━━━━━━
週に1回15分。とても楽しいテレビ電話によるマンツーマン英会話レッスン。
なんと月謝は月/\6,500-と非常にお得!今ならスターターキットプレゼント中
 無料体験レッスンへは→ http://211.10.20.135/a/a.cgi?k00885Bm00977 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ ハインリッヒの法則「1:29:300の法則」 ▼━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ハインリッヒの法則は、米国のハインリッヒ氏が産業災害研究から導いた
法則であり、産業(労働)災害の発生確率を潜在的発生率と絡ませた法則で
ある。

1:29:300の法則とも呼ばれる。

それは、「1件の重大災害の裏には、29件のかすり傷程度の軽災害があり、
その裏にはケガはないがひやっとした300件の体験があるというものです。」

労働災害や交通事故のことを考えてみよう。統計的に見てみると事故を起こ
す人というのは、過去に軽災害を起こしているケースが多い。そして、ほと
んどの事故を起こした者は、事故には至らなかったもののヒヤっとした経験
がある者がほとんどなのだ。
それを統計的に示したのがこの「1:29:300の法則」即ち「ハインリッヒの
法則」である。

ちなみにこの300とう数字はヒヤリ・ハットと呼ばれる。ヒヤリと冷や汗
をかいた経験である。この法則によると300回ヒヤリとしたら1件大事故を
起こしてもおかしくないということになる。

ヒヤリとしたら「助かった」などと考えないことだ。次は大事故かもしれな
い。

ヒヤリ・ハット事例のホームページがありました。
http://www.hiyari-hatto.jp/
自社でも事故防止のためヒヤリ・ハットを集めてみると良いかもしれない。

爆笑問題のハインリッヒの法則―世の中すべて300対29対1の法則で動いている
http://amazon.jp/exec/obidos/ASIN/4396500726/httpskilcomen-22/ref=nosim
ラジオでやっていた爆笑問題のハインリッヒの法則。笑える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【SkillStorage.com】経営戦略入門
発行/編集元:Skill Storage
mailto:fatty@skillstorage.com
バックナンバー:
  Check out http://skillstorage.com/kei/index.php#backnumber
登録解除は以下のURLで行うことができます。
  Get back http://skillstorage.com/subscribe
当サイトへのリンクは自由です。又、引用・転用について御希望の方は、
当編集部までお問い合せ下さい。
Copyright(C), Skill Storage.com., 2000〜2003
---------------------------------------------------------------
Reproduction of this publication in any form without prior
written permission is forbidden.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本人が発音するとShitty Bank(糞まみれの銀行)と聞こえる。要注意。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-12  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。