経営

経営戦略入門-マーケティング入門編

▼使い方▼事例を読む→戦略理論を学ぶ→シュミレーションする→自分のプロジェクトに当てはめる→体系化される。読んで、考えて、仲間たちとスーパーサラリーマンになろう!!辛口コラムも好評!

全て表示する >

【経営戦略入門】オフショアリング

2004/03/30

 <<< これからワンランク上、ツーランク上の人生を歩みたい人は必見! >>>
━━ 【金持ちビジネスマンになる為の極意】を知りたくはないですか? ━━
成功している人に共通しているこの【秘訣】をナポレオン・ヒルが実証解明!
         ナポレオン・ヒルプログラムのガイドブックを進呈中!
【数量限定】お申込は⇒ http://211.10.20.135/a/a.cgi?k04592Am00977 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━Vol.191
        ☆☆☆ 【SkillStorage.com】経営戦略入門   ☆☆☆

    presented by skillstorage http://skillstorage.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最近自分が日本人であることがどんなに恵まれているかと思うようになった。
アメリカも日本もヨーロッパも発展途上国の悲惨な生活環境に比べると、ま
るで楽園のようなのだ。
東南アジア諸国の賃金の低さを見よ!
同じ労働でも単価が全然違うのである。
だが、グローバル社会はそんな先進国の優位性を破壊するかもしれない。
アメリカでは昨年雇用無き景気回復(ジョブレス・リカバリー)と呼ばれる
減少が深刻化した。つまり、景気は回復したのだが、雇用が全然無いのだ。
これは、単純労働がどんどん賃金の安い海外に移ってしまっているのが、原
因として上げられる。
だが、先進国、特にアメリカは自国の都合の良いように世界のルールを変え
てしまう。やはり後進国は搾取される身なのか。日本もアメリカの属国なの
だ。


 空いた時間の有効活用!自宅でお仕事してみませんか?
    パソコンとインターネットを使える環境があればできるお仕事です。
        ■ 試験・資格は不要。無料資料送付中!! ■
───────────────────────────────────
お問合せ・資料請求はこちら http://211.10.20.135/a/a.cgi?k04910Am00977 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼ オフショアリング ▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オフショアリングとは海外への雇用やサービスの移転(アウトソーシング)
のことである。

製造業の仕事がどんどん海外の人件費の安い国へ流れているのはご承知の
通りである。労働集約的な業務というのは、誰でもやれる仕事だけど、機械
ではなくて人がやらなければならない仕事なので、人件費の安い国へ真っ先
に委譲された。
次に発展途上国が技術力を持ち出したので、日本の簡単な知識・技術があれ
ばできる業務も海外に委譲された。
そして、付加価値が高いと言われた知識集約産業であるソフトウエア業界も
海外に委譲されるようになったのだ。

特に米国はIT先進国であるが、人件費も世界一高いので、知識集約業務の
中でも指示(仕様書)があればできるプログラミング業務というのは、イン
ドなどにどんどん発注されるようになった。
そして、ついにアイデアだけを先進国でつくり、仕様だとかプログラミング
一切を海外に発注する企業が沢山でてきた。

ビジネスウィーク誌では、ソフトウェア業界におけるこのような現象を危惧
する興味深い内容が掲載されている。
http://www.businessweek.com/magazine/content/04_09/b3872001_mz001.htm

このような状況が続いたら、(というより間違いなく続くのだが。。)
今後世界はどのようになるのであろうか。

企業としてのブランドに関して、ソフトウエアだったら米国、製造業だった
ら日本、ファッションだったらイタリヤ・フランスという世界の構図は変わ
らないだろうか。これらの国は死守しようとすることは間違いない。
でも、実際に作っているのは、人件費の安い国ということになる。

□ リストラ

オフショアリングは企業のリストラクチャリングの一貫として行われる。
企業がデフレ社会で売上増加に苦しんでいる中での、企業の回復(株価回復
も含めて)の最も楽な方法が人件費の削減(リストラ)である。工場閉鎖だ
とか2000人レイオフなどと公表すると一気に株価が回復するのである。

そして、自国の労働者を使わないでも、人件費の安い国に発注することで
同じ品質のものが製造できるほどグローバリゼーションは進んでしまったの
だ。そして経営状況の悪い企業は真っ先に飛びつく。

もっとも国単位の視点で見ると雇用が海外に移るということは、非常に恐ろ
しいことであり国益を損なうとも考えられるが、今や企業は自社のブランド
を守る為に何でもありの世界だ。
もしかしたら、日本も税率が高いので企業はタックスへイブンだとか、税率
の安い国に移ってしまうかもしれない。

分業と競争―競争優位のアウトソーシング・マネジメント
http://amazon.jp/exec/obidos/ASIN/4641161763/httpskilcomen-22/ref=nosim

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【SkillStorage.com】経営戦略入門
発行/編集元:Skill Storage
mailto:fatty@skillstorage.com
バックナンバー:
  Check out http://skillstorage.com/kei/index.php#backnumber
登録解除は以下のURLで行うことができます。
  Get back http://skillstorage.com/subscribe
当サイトへのリンクは自由です。又、引用・転用について御希望の方は、
当編集部までお問い合せ下さい。
Copyright(C), Skill Storage.com., 2000〜2003
---------------------------------------------------------------
Reproduction of this publication in any form without prior
written permission is forbidden.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2009年にトータル・イクリプスが日本で見られるらしい。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-12  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。