ガーデニング

季節の庭仕事

春、秋の種蒔きや挿し木、冬の追肥など、ガーデニング(園芸)には時機を逃してはいけない仕事があります。ハーブを中心に、それぞれの季節の庭仕事とそのコツをお届けします。

全て表示する >

季節の庭仕事 2014.5.27

2014/05/27

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         _.:*.*:._ 季節の庭仕事 _.:*.*:._
 ━━◆ 2014年5月27日号 ◆━━━━━━━━━━━━━━━ No.106━━━━
    http://garden.tsuu.info
 ----------------------------------------------------------------------

東京もそろそろ梅雨入りが近づいてきました。
既に梅雨入りした地方のみなさんは、病害虫対策どうなさってますか?
虫や病気が増える季節、雨の合間にしっかりと害虫や病気の予防対策をしておきましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━ INDEX  ━━━━━━━━━━━━
 ■被害から害虫診断
 ■虫嫌いのための室内家庭菜園キットめっけ!
 ◆11月の庭仕事カレンダー
 あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
CanCan、Oggi、AneCanの夏コーデ1ヵ月分プレゼント!?
http://goo.gl/nrZNq5
----------------------------------------------------------------

┏━┓
┃◆┃被害から病害虫診断
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

病害虫対策で大事なことは、早期発見です。
そのためにはこまめな観察。雨の時期は外に出ず、発見が遅れがちですが、できるだけ雨
の合間に庭に出て、細かく観察しましょう。

植物が弱る原因は日照や水の不足、病気、害虫などいろいろあります。

でも、少なくとも、葉や茎が色は変わらずに、いきなり穴が空いた場合は、まず虫の害だ
と思ってまちがいないでしょう。

「なんとなく葉の色が薄くなってきたなあ」
栄養不足などでなる場合もありますが、虫の被害の場合もあります。
よくよく見ると、虫に小さく食われた跡や、吸われた跡がたくさんある結果、全体的に色
が薄く見えるという場合があるんですよね。
葉を裏返してみて、赤い点、あるいは黄緑色の点が動いていたら、それはハダニの仕業で
す。5月からハダニ対策を求めてサイトに来られる方が増えています。

ハダニ対策はこちら
http://garden.tsuu.info/vermin/cat91830/

┏━┓
┃◆┃泥はね防止で病気予防
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
梅雨や夏は植物の病気が増えますよね。
その原因のひとつは、雨による泥はね。特に夕立など激しい雨のときは、地面から泥がは
ねて、葉の裏などについて、これが病気を引き起こします。

雨の季節、葉の裏に泥はねすることが多いですね。これがしばしば病気の発端となります。
泥はねしないようにマルチを施しておくと安心です。

マルチとは…
http://www.morita-dewrite.co.jp/d_and_g/garden/g_dic/g_dic01_m.html#01601

┏━┓
┃◆┃虫嫌いのための室内家庭菜園キットめっけ!
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

園芸メールマガジンを長年出していて、読者からの質問を受け付けてきましたが、その中
で何度か「虫が苦手なんですが、家庭菜園やりたくて…」というご相談をいただきました。

そういう希望に応えてくれるキットがあるんですね、いまは…

だいたい人間が食べておいしい野菜は虫も好きなんですよねえ。
庭でクレソンを育てたときなんて、「明日ちょうど良いサイズになりそうだから、明日の
朝摘もう」と思って翌朝見ると、みごとに虫に丸坊主にされていました。
虫は食べごろを本当によく知っていて、悔しいったらありません。

虫が嫌いなら、室内で育てるといいのですが、室内では日光不足。窓からサンサンと光が
入るような環境であっても、ガラスを通すだけで日光の力はトーンダウン。さらにガラス
のレンズ効果で熱が高くなって葉が焼けたり、寒い季節は窓際は冷えてしまったり…。
室内で育てるのも容易ではありません。

でも最近はテレビでもビルの地下で野菜を育てている風景とか見ますよね? あれはいっ
たいどういう仕組みなのか? 不思議ですよねえ。
実はあれを家庭でやれちゃう室内家庭菜園キットが売られている時代なんですよお!

写真入りの詳しい記事は…
http://goo.gl/6Jsr4q

 ----------------------------------------------------------------------
 
 ▼△▼△▼△▼△6月の庭仕事カレンダー▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

わたしが住む東京都心部を基準としています。

高温多湿の季節は蒸れ、病気、虫が大敵です。

【蒸れ】
ヨーロッパ系のハーブなど蒸れに弱い植物の枝すかしをまだしていなかったら、急ぎ行っ
てください。

【病気】
病害虫早期発見は観察から。  病気の見つけ方を知った上で、できるだけまめな点検で
病気対策したいものです。病気の植物をほおっておくと、この季節はあっという間に周囲
の植物にうつってしまいます。
また病気にしてから慌てるのではなく、予防を心がけたいものです。病気予防は酢の力で
行いましょう。

【害虫】
虫も増えてきます。
薬を使うにしても、どんな虫が相手なのかわからなくては適切な薬を選べません。害虫の
見分け方を知っておきましょう。
虫はおおむね夕方から夜にかけて活躍するので、できるだけ無農薬で育てたいなら、夜廻
りで無農薬殺虫することをおすすめします。ニンニクスプレーで虫を忌避するのもよいで
しょう。
なめくじ退治には銅とビールがおすすめです。

また、この時期は雨に気を取られて、意外に水が不足している日があっても気づかずに、
水やり忘れしがちですので、注意しましょう。

【ハーブ】
蒸れに弱いラベンダー、ローズマリー、タイムなどは引き続き、枯れ枝を切ったり、枝す
かしといって混み合っている部分の枝を多少切って減らすなどしてください。
7月上旬くらいまでは切ったついでに挿木すれば増やすことができます

【草花】
夏咲きの花で庭がにぎわう季節です。花がら摘みをまめに行って、より長く、より美しく
花を楽しみましょう。
苗床に春まきした草花で本葉5〜6枚になったものを花壇や大きな鉢に移植しましょう。
ジャーマンアイリスや花菖蒲は花後すぐに掘り上げて、葉先を半分ほど切り詰めてから、
根茎を切り分けて株分けします。

【鉢花】
花が終わった秋植え球根は葉が茶色くなり始めたら、掘り上げて、涼しい場所に保存して
おきましょう。

【観葉植物】
8月いっぱいまで植替え、株分け、取り木、挿木、タネまきすべてが行えます。
強すぎる日差しには気をつけて、日よけをほどこしましょう。

【庭木】
株元にマルチを施して、温度上昇や乾燥から守ってあげましょう。
ゴールドクレストなどコニファー類は新芽が飛び出てきたら、芽を摘んで、樹形を整えま
す。金属が嫌いで色が変わるので、手で摘むか、セラミックのはさみを使いましょう。

【家庭菜園】
ブルーベリーやクランベリーは株元から強く伸びている枝の先端部を切って、来年、実を
つける傍枝を伸ばすようにしましょう。切った枝で挿し木して増やすこともできます。


―――――――――――――――――――――――――――――――――――
●クレマチスの育て方&通販ガイド
http://bit.ly/clematisguide
●土
http://bit.ly/tuchi
●挿し木
http://bit.ly/sasiki
●タネまき
http://bit.ly/Sowing
●植替え・株分け
http://bit.ly/uekae
●肥料
http://bit.ly/manureguide
●水やり
http://bit.ly/wateringguide
●剪定・摘心
http://bit.ly/pruningguide
●寄せ植えのコツ 
http://bit.ly/drawingguide
●園芸用語
http://bit.ly/gdic01
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あとがき

今年もまたぎっくり腰を2回、最初のが治らない内に再び…やってしまいました。
なかなか庭でしゃがんでの庭仕事がしんどく、また連れ合いが庭で育てたハーブや野菜は
「なんか猫におしっことかされていそうで…」といやがるので、室内で家庭菜園しようか
と検討しています。

そうそう、この間、テレビで便利なキッチングッズを見つけました。
使うときだけ自動でフタが開く調味料入れがあるんですよお。
仕組みを知ったら、なぜ、いままでなかったのか逆に不思議に思いました。
http://goo.gl/HbpxEC

 ***************************************************************
 
        ☆☆☆姉妹メールマガジン「季節の味」もよろしく☆☆☆
               ▼ ▼ ▼
                  http://bit.ly/tastemagazine

 ***************************************************************

 
 メルマガ配信中止はこちらから。
 http://www.morita-dewrite.co.jp/d_and_g/mag/start.html
 ※配信先アドレスや配信システムを変更したい場合はいったん中止してから、
   新たなアドレスや配信システムで登録ください。
 ----------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-08  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。