哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

生協おばちゃんとホッと一息〜人の多様性をみとめる〜

2003/06/22

    **********************************
    ☆ 生協おばちゃんとホッと一息 ☆
    **********************************  第41号2003年6月22日発行


      [  人の多様性をみとめる ]


 ***************************************************

 「多様性をみとめる?」
 「口では簡単に言えるけど、とっても難しいことよね。」

 お互い尊重しあっていきたい・・・そんな集まりの中で、主催者側が口に出していった言葉。
 その後の発言を押さえつけるような言葉使い。

 
 人は、無意識の中で、傷を付け合っている。
 植えつけられた固定観念で他人をながめた時、自分とはまったく違う考えを排除する。

 抵抗力を持っている人々には、あたり前の会話でも、
 深く沈んだ心を持て余している人からは、身を突き刺す刃物のよう。

 ***************************************************


 こんばんは。いかがおすごしですか?
 突然、深刻な文章から入ったので、ご気分が悪くなったでしょうか?
 
 この2ヶ月間、「心の専門家はいらないのか」と自問自答した結果でてきたもの。
 そして、これから私が向かおうとしていること。
 「人の多様性をみとめるとは、どういうことなのか?」
 「深い傷を負った人たちと接するとき、傷に塩をすりこまないようにするには何が必要か?」
 そんなことを、ずっと考えていました。

 ところで、
 ご自分の癖ってご存知ですか?

 考え方の癖。
 こうあらねばならない、こうあるはずだという固定観念。
 悪はこれで、善はこれなのだという、時代による決め付け方。
 ・・らしさ、・・なんだから、・・だから。
 人によりいろいろなことが、違っているようです。


 私は、
 この自分の癖を知ることで、そして固定観念を少しでも無くすことで、
 広く、たくさんの人たちと、大切な心を分かち合えると確信しています。

 
 
  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。