哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

生協おばちゃんとホッと一息[心理学と法律学]

2001/12/18

 **********************************
 ☆ 生協おばちゃんとホッと一息 ☆
 **********************************

 [ 心理学と法律学 ]

 長らくご無沙汰いたしました。
 お元気でお過ごしですか。
  
 私は、この1ヶ月余り、心理学と法律学の実践現場に立ち会うことで、
自分が辿ってきた『人生の総決算』を始めることになりました。

 放送大学では、通信指導(児童心理学・学習の心理学・社会心理学)で回答を提出したり、
面接授業(心理学研究法)に出席したりと、心理学を着々(忘れてしまうことが多いのですが・・・)
と学習しています。

 学問の上で覚えたことは、実践となりますと生身の人間には通用しないことも多く、
自分の人生観、生活観をしっかり持っていることが必要です。
 私は、まだまだ実践で役に立つような知識を備えてはいませんが、
『できる限り悔いを残さないように生きてきた』という自信だけは持っています。

        ***************************************************

 私たちは、忙しさに追われて、
 『自分が何をしたいのか』
 『どのような生き方を望んでいるのか』
 を見失ってしまいがちですが、今生活をしていることは自分自信が選択していることであり、
ロボットのように操作されて動かされていることではありません。

 長い人生の中で、『どちらかを選ばなければならない』というときがあります。
 そんな岐路に立ったとき、選んだのは自分であるということをしっかり意識しておくことが大切です。

        ***************************************************
 
 心理学は、人の内面を推し量り、科学的に解明したり、個人個人を対象にする学問で、
心の中で何を想像しようと考えようと自由です。
 法律学は、人と人を約束事で結び付け、人間社会を円滑に築いていこうとする学問で、
人の行動に規制を与えます。

 そんな二つの学問を学びながら、これからの人生を歩みたいと考えております。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
※放送大学は、こちらhttp://www.u-air.ac.jp/hp/をご覧下さい。 
※私が組合員活動をしている生活協同組合コープとうきょうのホームページ
 http://www.co-op.or.jp/tokyo/です。興味のある方はアクセスしてみて下さい。
※「生協おばちゃんとホッと一息」のバックナンバーはこちらhttp://obasan.sugoihp.com/にもあります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。