哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

☆生協おばちゃんとホッと一息☆ [今、大切なこと〜夫婦〜]

2001/10/28

 **********************************
 ☆ 生協おばちゃんとホッと一息 ☆
 **********************************

 [今、大切なこと 〜夫婦〜 ]

 昨日までのここ数日間、まるで仕事一筋に働くお父さんの気分になりました。
「仕事以外の事は耳に入れたくない!」
「くだらない世間話、愚痴話なんか俺に言わないでくれ!」

 そんな時間に余裕のない(けっして忙しいわけではなかったのですが)生活の中で、
大切なことを気づけませんでした。
 

 中高年夫婦の離婚が増えています。(※)
 仕事人間として生きてきた夫たちは、
「私の人生はこのままでいいの?」と悶々としている妻たちの気持ちの変化を見過ごし、
妻との心の隙間を知らず知らずに広げていきます。


 日々の生活に、時間的余裕がないときも「今、大切なこと」は待ってはくれません!
 相手が必死に求めていること
たとえば、「話を聞いてもらうだけでもすっきりする!」
     「解決はできなくても、一緒に気持ちを共有したい!」
などを察知して、少しでも話に耳を傾けることが重要です。
 
 相手が何を考えて、何を感じているか、共に歩むパートナーに思いを寄せて、
ご自分の人生を考えてみてはどうでしょうか。

 一度しかない人生を、忙しい時間の合間(夜の就寝時?トイレの中で?)をぬって考えてみませんか!
 

        ***************************************************

 私は、一昨日知人からかかってきた電話を、面倒な話だとわかっていたので、逃げてしまいました。
 そして、今日、とても大切なことで私を必要としているのだと気づき、連絡をとりました。
 
 「今、大切なこと」は、夫婦間だけではなく、あなたが大切に思う人、子どもや家族、友人、知人
 のあなたを必要とする限られた時間に気づくことにあります。
 
        ***************************************************

※参考文献:「孤立する妻たち」“悩める母親”カウンセリングの現場から 宝島社新書      著者:武藤清栄氏・淵上規后子氏・渋谷英雄氏  定価680円+税
      不安や悩みから逃れられる本に出会いました。
      著者の渋谷英雄氏の講演会でお話をしてきました。
      親が原因の子どもの問題なども取り上げています。
      題は「見捨てられる夫たち」も意味するそうです。
 
※私が組合員活動をしている生活協同組合コープとうきょうのホームページ
 http://www.co-op.or.jp/tokyo/です。興味のある方はアクセスしてください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。