哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

生協おばちゃんとホッと一息[健康とは]

2001/08/04

生協おばちゃんとホッと一息

 [ 健康とは ]

 こんにちは。
 ご無沙汰しております。

 先週で、放送大学の本試験(単位認定試験)が終わりまして、ホッとしているところです。
試験は、7教科受けられたのですが、3教科は勉強不足なので1月の再試験にまわすことにしました。
 毎回、もっと早めに勉強していればと、後悔しています。
 

 4教科(臨床心理学概論、児童の臨床心理、消費者問題の展開と対応、食生活をめぐる諸問題)の中から、
「食生活をめぐる諸問題」のお話をしましょう。※

 健康を保つためには、「一日30食品」という言葉を聞いたことがありますか。
これは、「健康づくりのための食生活指針」として厚生省(現厚生労働省)が、
1985年、1990年の2度にわたり策定したものです。
 ただし、1加工食品を1食品として数えるので、調味料は数えないものとしています。

 日本の食文化(洋食)は、主食、副食と分かれていて、
欧米の肉を主体としてパンは添え物という感覚とは異なりますね。
 また、この30食品を必ず取らなければ健康を維持できないというのではなく、
目安としていて、偏った食生活をせずに、いろいろな食品からとり入れて、
健康づくりをしましょうということなのです。


 そして、健康とは、たとえ持病があって苦しんでいても、身体が不自由であっても、
また、末期ガンの患者であっても、「自己実現」に向かって希望を持って精一杯生きることである
ということです。


 情報過多の時代、何が健康に良いもの、悪いものかと迷うより、
工夫した楽しい食生活を送りながら、ストレスを貯めないように、自分を大事にしていきたいですね。


 
 ※参考文献:放送大学「食生活をめぐる諸問題」書店でも販売しています。
2400円前後と思います。また、半年、1年の受講も可能です。(書店に案内あり)
面接授業では、直接、講義を聞くことができます。

 ※http://www.co-op.or.jp/tokyo/ 私が組合員活動をしているコープとうきょうのホームページです。
  興味のある方はアクセスしてください。    
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。