哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

生協おばちゃんとホッと一息 [自己管理に危機管理]

2001/04/08

生協おばちゃんとホッと一息

[ 自己管理に危機管理 ]

 こんばんは。

 暖かくなって、うきうきした気分になる季節がやって来ましたね!
 毎年この時分は長袖ブラウスが丁度着られて楽しみなんですが、
あっという間に半袖を着るようになるんですね。

 季節といえば、花粉症の方が増えています。
 私は花粉症ではないのですが、うっかりして風邪をこじらせたみたいです。
 
 「自己管理」できていますか?

 風邪をひいたなあと感じたら早めに対処
 たとえば、微熱があったら、暖かくして横になり汗をたくさん掻いて着替える(これで直る場合あります)
、のどの痛みがあったら、暖かい飲み物(お茶やミルク抜きの砂糖入り紅茶)を飲みながら湿度を保つとか、
(私のこじらせた原因なのですが、お風呂に入るのは控えたほうがよさそうですね。)
 して長引かせないことも、周りの人に迷惑をかけないために必要ですよね。

 では、突然起きてしまったことはどうしたら良いのでしょう!

 身近な人が、突然倒れ、苦しんでいたり、意識を失ったりしていたら動かさないで
すぐに救急車を呼ぶことです。
 ただし、救急車が到着するまでは、5〜10分かかりますね。


 「危機管理」は、私たち一人一人にも必要なことなのでしょうか。


 次回は、救急救命と犯罪について考えてみましょう。


 

 

 


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。