哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

[生協おばちゃんとホッと一息]

2001/01/21

生協おばちゃんとホッと一息

[ 臨床心理学とカウンセリング心理学 ]


 ご無沙汰しています。


 今ね、「心理学入門書」からなかなか先へ進めなくて、もがいているところなの。
 心理学の分野にもいろいろあるけど、


 今回は「臨床心理学」と「カウンセリング心理学」の違いを考えて見るわね。


 たとえば、10代の少年が凶悪犯罪を犯してしまった場合とかに精神鑑定が行われるけど、神経症や
性格障害、精神病の研究や治療をするのが「臨床心理学」の分野なの。

 「臨床」とは、死の床にある人の傍にいて、この世からあの世に魂を渡すのを手助けのが本来の意味だったの。だから、かつては「臨床家」とは僧侶のことだったのね。
 それから、17世紀に入って「臨床家」とは、医師や看護婦などの医療従事者のことを指すようになり、
 そして現在、死を見据えたエイズや末期ガン、回復の見込めない老人性痴呆症の患者に心のケアをする精神家医や臨床心理士を「臨床家」というようになってきたの。(※1)


 では、「カウンセリング心理学」はどういうものかというと、
問題をかかえた(問題を持っているわけではないが今より更に成長したいと思っている)健常者(※2)に対して、問題の解決・問題の予防・行動の発達を目標とするものなの。

 「カウンセリング」とは、「相談」と言う意味で、法律相談から教育相談・結婚相談・人生相談などいろいろあるわけ。
 そして、それらの相談活動に一貫した原理・方法・技法・哲学・理論・倫理を
研究し開発するのが「カウンセリング心理学」ということなの。


 これからは、「心の時代」と言われているように、心が病む前の予防とか、
心を豊かに保つための生活方法などが重要視されてくるのではないかしら。


 そろそろ、大学の単位認定試験が始まるのよ。3教科しかとってないのでのんびりしているけど・・・。



※1参考文献 「臨床ユング心理学入門」山中康裕著 PHP新書 1996
※2参考文献 「カウンセリング心理学入門」國分康孝著 PHP新書 2000
カウンセリング心理学でいう「健常者」とは、現実原則に従いつつ快楽原則を満たしている人。すなわち、悩みがありつつも人生の土俵にとどまっている人で、人並みに職業に従事し、人並みに家庭生活を送っている人のこと。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。