哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

[生協おばちゃんとホッと一息]御正月発行:夜明け

2001/01/01

生協おばちゃんとホッと一息

[ 夜明け ]
 
 21世紀あけましておめでとうございます。
 元旦、夜明けと共に目が覚めて薄黒い雲の間から出てきた初日の出を眺めながら、
あっという間の時間(人生)の流れを感じました。

 あせることはない、ゆっくり着実に物事をこなして進めていくんだ。
 そう自分に言い聞かせています。


 あたしの初夢は、「哲学」と言う文字がいったり来たりしているものだった。
 本を読める時間が持てると言うことは、幸せなことだと思いながら、
次から次へと忘れていく自分に情けなさも感じながら、
若い時にもっと学問に親しんでおけば良かったと身にしみている。


 人生の中で、出会った人たち。
 そして、その場面場面で関わった人たちは、
今はもうこの世に存在しない人、遠く離れて消息も分からない人、
居場所はわかっても連絡の取れない人(取ってはいけない人)、
遠くにいてもいつでも飛んできてくれる人、
ずっと離れないでそばにいてくれる(そばにい続ける)人。
 たくさんいるね。

 これからもずっと会えると思っていた人が、急にいなくなってしまったり、
いつのまにかずっと一緒にいる人も。
 

 今の出会いを大切にしたいね。
 たとえ、いけ好かない、気の合わない人であっても、
長い人生、そう長くは付き合えないのだから。


 あんたは、どんな夜明けを味わっているのかね?


 あたしの夜明けは、カウンセラー(相談者)として着実にすすんでいるよ。



※今朝、NHKの「21世紀・旅立ちの日 みんなの願い」に「水鏡」で応募したんだ!



----------------------------------------------------
発行責任者  :水鏡
メールマガジン:生協おばちゃんとホッと一息
ホームページ :http://members.kinkikids.com/obatyan/
メールアドレス:obatyan@24h.co.jp
----------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。