哲学・心理学

生協おばちゃんとホッと一息

生活協同組合の活動とともに育った人生観
放送大学で心理学を学び築いてきた死生観
あなたがうなずけるものはありますか?
キーワードは「生」「性」「死」「人間」「子ども」「日本」

全て表示する >

善と悪の判断

2000/11/15

  生協おばちゃんとホッと一息

    [善と悪の判断]

 お元気?
 あたし、今日は頭が痛いから家で休んでいるの。
 実は、一泊ニ日のバス旅行(?)往復8時間かけて行って来たのよ!


  1944年11月11日11時長野県の松代で何があったかご存知?
松代に※「大本営」を建設するための工事(発破をかける)が始まったのよ!
1945年8月に第二次世界大戦が終わったので(日本の敗戦)、戦争中のことね!
何でも、「大本営」の場所にアメリカ軍が日本の本土に上陸するときに備えて、海岸線から遠い長野県
松代が選ばれたそうよ。

 工事をした人には強制的に連れてこられた朝鮮の人たち(13〜14歳の子も)
6000〜7000人もいたの。地下壕の掘削が仕事で、発破(火薬を仕掛けて爆破)をかけるとき、
頭が飛んじゃった人も何人かいたそうよ。
 戦争中だから、強制労働も仕方なかったのかしら?


 あたし、戦後生まれなんだけど、小学校の教科書には日本人が中国人や朝鮮人を強制的に連れたきて、
働かせたなんて習わなかった気がするの。
親には、大正の大地震の時、朝鮮人がやってくるというデマが飛んで多くの朝鮮人が殺されたって
聞いたことあったけど、子ども心に朝鮮人や中国人は日本人より劣っていると感じていたわ。


 同じ人間同士、尊重して付き合って生きたいわよね!


 戦争中、何人もの人を殺して生き延びたけど、夜な夜な夢に出てきて気が狂ったようになって、
アルコール中毒になって、さびしくこよ世を去っていった人を知っているけど、

 「人を殺すことって悪いこと?」

 一人でも殺せば死刑になると、若いときは思っていたけど、今の時代は違うみたいね。
 尊属殺人(父母と同列以上にある血族)の刑は重かった(死刑又は無期懲役)けど、
今は条文が抹消(平成2年)されてないし、低年齢の子どもが何人殺しても、死刑にはならないと思うし、
ましてや、戦争中に人をたくさん殺しても、戦争に勝った国はお国の為に
良いことをしたと、英雄になるでしょうし・・・

 悪いことの判断って、その時代や場所によって違ってくるのよね!


 もっと広く、大きく考えたら、

 「善悪の判断」は人間が決めたものよね。
 人間って、地球上の生き物にとって「善」なのか「悪」なのか考えたことある?

 人は多くの欲を持つことで、自然を破壊しているのよ。
あたしもそうだけど、楽な方へ楽な方へと流れているの。
「今が良ければそれでいいのだ。」と変に納得して、たくさんの物を消費して、
限られたエネルギーをたくさん使ってきたわ。

 今、そのツケが少しずつ回ってきたわ。
 何が、回ってきたのか、何がこの先起こるのか、

 人間が地球にとって「善」だったら、すばらしいことが起こるはずだけど?



※「大本営」とは、日本軍の、戦時中の最高司令部のこと。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。