文学

あすかマガジン

南風が贈る文芸作品のプレゼントです。
あなたも購読しませんか?

全て表示する >

風物語

2004/03/21

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

      あすかマガジン  ショート広場 VOL.1

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

 少しずつ、創作意欲が沸いてきたので、今回はショート
を皆様にお届けするね!
 悪魔シリーズ第一弾だよ♪

<亜空間>

 君は今どこにいるんだかわからなくて戸惑っているね。
 それもそのはずさ。
 そこは今まで君が訪れたことのない空間だから。
 おやっ、頭を掻いているね。
 それが困ったときの君の仕草だよね。
 そう、思いっきり悩むといいよ。
 ぼくが見ててあげる。
 ずっとね。

 君は、自分がどんなに悪いことをしてきたか、
 わかってるのかい?

 はは〜ん、首をかしげているね。
 そうか、わかっていないんだ。
 君には罪の意識っていうものがないんだね。
 そうか。
 いいさ。
 じっくり考えてくれ。
 時間はたっぷりあるんだから。

 ここは亜空間だよ。
 君たち人間の世界で言うと「無」
 そう、何もないんだ。
 真っ白な靄に包まれているだけの部屋。
 まだここに連れられて来たばかり君じゃわかるはずないか。
 ここで君は自分のしてきたことがどんなことなのか考えなくちゃ
いけないんだ。
 他には何もすることがないよ。
 いや、出来ないんだ。
 しようとしても、何もないんだからね。
 ここには。
 
 君は生前、多くの人を騙した。
 その「苦しんだ人たちの怨念」が君をここに連れて来たのさ。
 ぼくが連れて来たんじゃない。
 いくら、悪魔だからってぼくにそこまでの能力がないからね。

 さあ、いらいらしてきたね。
 これからが「苦」の始まりだよ。
 君は当分、許されないだろう。
 その「念」に許されるまで、ずっとここで過ごさなくちゃ
ならないんだ。

 さあて、果たして君は、どこまで持ちこたえられるかな?
 試してみるといいよ。
 なんといってもここには時間という観念がないんだ。
 だから、時間はたっぷりあるんだ。
 果てしなくね。

                                                (完)

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-03  
最終発行日:  
発行周期:隔週  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。