政治・経済

大前研一通信マンスリーレポート

ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

全て表示する >

大前研一通信マンスリーレポート

2004/02/27

┌─────────────────────────────────┐
★    THE OHMAE REPORT 【大前研一通信】      ★
☆     メールマガジン   メルマ版    VOL.80      ☆
★       あなたにも“隠れた真実”が見えてくる!       ★
└─────────────────────────────────┘

■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■■
■      【 W チャンス 紹介 キャンペーン 】      ■
■          締め切り迫る! 〜2/29             ■
■   2つのチャンスで「著作本」と「図書券」プレゼント!    ■
■■■━━━━▲△━━━━▲△━━━━━△▲━━━━△▲━━━━■■

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

>>チャンス《1》<<―――――――――――――――――――――――

期間中、「大前研一通信」を新規で購読申込みいただいた方に、リストより
お好きな本を一冊プレゼント。

プレゼント本・リストはこちら
http://www.ohmae-report.com/join.html


>>チャンス《2》<<―――――――――――――――――――――――

「大前研一通信」サンプル送付先をご紹介頂き、紹介者が入会された場合
お1人につき500円分の図書券をプレゼント!

 さらに、5名以上の紹介者にはもれなく『よくわかる大前研一』または
お好きなバックナンバーを1部プレゼント!
    
 ご紹介者入力フォームはこちら
http://www.ohmae-report.com/joinw2.html

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


==============▼ 目次 ▼===============

 ◎ 2月号の注目記事  こまごまとした節約や資産運用は時間のムダだ

 ◎ 大前研一通信 3月号(VOL.114) 掲載予定記事 紹介


  大前研一通信 ホ−ムペ−ジ  <http://www.ohmae-report.com>
  購読のお申込・お問い合せ    0120−146086

大前研一の詳細なプロフィールをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい
       http://www.kohmae.com/profile/index.html


□■□■□■□■□■□■【2月号の注目記事!】□■□■□■□■□■□■

◆こまごまとした節約や資産運用は時間のムダだ◆

 この記事はPHP研究所発行のTHE21(2月号)に掲載された記事です。この中で
大前研一は、資産の運用益などで儲けるよりも生活コストを一千万円単位で削
減する方法を考えるべきだと大胆な「収入&年金が読めない時代」のマネー
プランの鉄則5か条を解説しています。是非、ご一読下さい!

                 『大前研一通信』 2月号掲載記事より
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



====【大前研一通信 3月号(VOL.114) 掲載予定記事 紹介】====
 
日本の財務省の役人こそ市場を理解できない世界に1人だけの大バカ者だ
                                    (SAPIO 2004/2/25号 掲載記事)

  為替変動の主要メカニズムは、歴史的に見ると、過去150年間に3回、大き
な節目を迎えている。19世紀のデビッド・リカード(David Ricardo 177
2〜1823年:イギリスの経済学者。古典学派の完成者。労働価値説、貿易に
おける比較生産費説などを展開した)の時代は、ポルトガルのワインとヨークシ
ャー(イギリス)の羅紗をいくらで交換するのがフェアか、という物差しで決ま
っていた。それがその後、理論化された。いわゆる購買力平価説である。
 しかし、現在の為替は購買力平価では決まらない。なぜなら、交換できないも
のが経済の主流になったからだ。たとえば、自動車やテレビは日米間の国境をま
たいで流れる(交換できる)が、サービスや住宅や授業料や電気代は流れない
(交換できない)。今日の経済活動において日米間の交易になじむものがどのく
らいあるのかと言えば、アメリカ側から見ると3〜4%、日本側から見ても9%
にすぎない。日米間で交換できないものが実体経済の9割以上を占めるようにな
ったため、購買力平価という考え方は破綻してしまったのである。
      
                             (中略)

次々登場する
新たなパラダイム 
 では、現在の為替は、主にどのようなメカニズムで決まると考えられているの
か? 
 まず、1980年代初めに登場した「金融平価(financial parity)」という
概念がある。これは、たとえば円とドルのどちらに投資しても、将来のリターン
が同じになるように為替レートが決定される、という考え方である。つまり、今、
どの通貨にも交換可能な資金を持っているとする。そのお金で円に投資した場合
とドルに投資した場合のどちらが得かを計算すると、たとえば3年後の指標を取
れば、その時に期待されるリターンがイコールになるように現在の為替レートが
決まるはずだ、というものである。

                (中略)

経済理論では説明できない
トレーダーズ・パラダイム
 そして今、為替変動のメカニズムは第4のパラダイムに移っている。「トレー
ダーズ・パラダイム」である。これは、銀行や証券会社などの為替トレーダーの
集団心理によって為替が決まってくる、という考え方である。
 世界の為替市場に影響力を持っているトレーダーは500人ぐらいだと思うが、
彼らは毎日、相手の手の内(ポジション)を読みながら、ポーカーゲームのよう
な心理戦を繰り広げている。
                
                               (以下省略)
====================================



◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

<<<<<<<< 大前&アソシエーツグループ 最新情報 >>>>>>>>

◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◆◆◆◆◆

□---------------------------------------------
 株式会社ジェネラル・サービシーズ
 ---------------------------------------------□

<人材募集>

この度、弊社では事業拡大に伴い人材募集を行います。詳細は、
下記HPをご確認の上、エントリーフォームよりエントリーください。
皆様のご応募お待ちしております。
http://www.gsij.co.jp/index.html

<本採用に関する問合せ先>
株式会社ジェネラル・サービシーズ
〒102-0076 東京都千代田区五番町12五番町Kビル1F
TEL:03-5215-2141  E-mail: info@gsij.co.jp



□---------------------------------------------
 株式会社 ビジネス・ブレークスルー
 ---------------------------------------------□

◆ 大前経営塾からのお知らせ ◆

……………………………………………………………………………
大前研一が毎日、直接指導する!  
 第5期「大前経営塾 〜日本企業の経営戦略コース」4月1日開講
……………………………………………………………………………
★一流講師陣やトップマネジメントとの”他流試合”があなたを鍛える!
※コース内容、お申込方法など詳細はhttp://www.president.co.jp/okei/
(講義画像と議論の一部もご覧頂けます)

※なお、早めにお申込・ご入金頂いた方には、随時、BBTを無料で、
 ご覧頂けるよう手配します(CS設置可能な方のみ)。

―――――――――――――――――――――――――――――――


◆ アタッカーズ・ビジネススクールからのお知らせ ◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
会社から突然、「来年の4月から企画室に行ってくれ」との辞令。
   あなたに必要なスキルを4週に渡ってご紹介いたします。必見です!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 さて、あなたは4月から、経営企画室に配属になりました。
 先週は事業アイデアがポンポン浮かんでくるスキルがわかりました。

 アイデアは企画としてあげているのですが、通りません。
 それは数字を理解していないところから来ることがわかってきました。

 ■『いろいろ改善案を出してくれるのはいいんだが、
   現状のどこに問題があるのかを示してくれないと説得できない』
 ■『君の改善案には数字が全く載っていないので、
   それをやったらどれだけ効果があるのかがわからない』

 担当部署の方に話をしても、事業として話が進んでいきません。
 今まではコストセンター(利益をあげない部署)にいたので、
 あまり数字に対する感覚がなかったのです。

 ●『数字で示すっていっても、何を書けばいいんだ?』
 そもそもP/L、B/Sといった数字さえ見たことがありません。
 
 ●『数字からどこに問題があるか導き出せればいいなぁ。それが
   導き出せれば、どう改善するかが見えるはずだ!』
 数字を使うことの重要性は今後ビジネスの必須スキルになってきます。


 では計数感覚は、どのようにしたら身につくのでしょうか?
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 そもそもP/L、B/Sが読めなくては始まりません。
 まずはこちらの本をお読みください。

 ★経営分析の基本がハッキリわかる本
   ―「会社の数字」がわかれば一生食うに困らない!
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4478470413/attackersscho-22

 ●『大体わかったけど、具体的にどう使えばいいんだろう?』
 別に経理になりたいわけじゃないから、細かい知識はいらない。
 そうではなく、数字をどう経営に、企画に活かすのか知りたい!


 □ 損益分岐点を下げるにはどうしたらいいの?
 □ 業種別の利益の仕組みとは?
 □ 新商品の価格決定はどうしたらいいの?
 □ 経営に必要な運転資金ってどれくらい用意したらいいの?

 そういった具体的なことを知りたい! と思いますよね。

 上記のようなことを学ぶ講座、案外世の中にないんです。
 私たちが提供しているのは、まさにここで、
 社長、プロジェクトリーダーのための計数なんです。

 詳細 【計数マネジメント講座(入門)】
 ⇒http://www.attackers-school.com/course/sy/course.htm

 もちろん学生、若手社員も受講されています。
 みなさん、「数字を意識するようになった」、
 「就職活動をする目安になった」と言っていました。


 みなさんもぜひ訓練で身につけていってください。これは、起業するにせよ、
 会社の中で上を目指すにせよ、とても重要なスキルです。
 身につけていないと、これからの時代を生き抜いていけません。

 
 ここまでお読みいただき、計数感覚が必要だ! ぜひ身につけたい!
 と思われた方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。
 特にガイダンスでは、事例とともに、みなさんに計数感覚が身につく、
 という講座をご紹介したいと思います。

 ▼資料   請求 ⇒ http://www.attackers-school.com/siryou/
 ▼ガイダンス応募 ⇒ http://www.attackers-school.com/setumei/

 それでは、みなさまからのご質問など、お待ちしております。

> 【3月22日(月)第一次締切】
>  受講生が事前学習をしていただけるよう、予習期間を設けました。
>  今までより早い締切になりますが、ご理解いただきたく存じます。

        筆責:アタッカーズ・ビジネススクール 加藤 寛


◆ Bond−MBA からのお知らせ ◆

………………………………………………………………………………………………
いよいよ5月開講に向け説明会を開催!ボンド大学大学院-BBT MBA
………………………………………………………………………………………………
実際の講義映像や、インターネットサイトを見ながら、プログラム受講の様子が
分かります。ぜひお気軽にお越しください。ご参加お待ちしています。

●開催日程●
2月28日(土)11:00〜12:30 大阪:ANJO大阪校   東京:BBT
3月 6日(土)11:00〜12:30 横浜:鶴屋町フォーラム
3月10日(水)19:30〜21:00 東京:BBT
3月13日(土)11:00〜12:30 大阪:ANJO大阪校 東京:BBT

ご予約/詳細は: https://www.bbt757.com/bond/bond_briefing.asp

●定員/参加費:各会場15名/無料(満席になり次第締め切り)
※ご都合にあわせた個別カウンセリング(無料)も行っております。

………………………………………………………………………………………………
MBA実践公開講座 平久保仲人のインターナショナル・ビジネス
………………………………………………………………………………………………
ボンド大学-BBT MBAプログラム「マーケティング」の大人気講師 平久保仲人
先生の公開セミナーを開催します。海外MBAスクールの教室さながらのパワフル
な講義です!ぜひお気軽にご参加をお待ちしています!
 
●講師:平久保 仲人氏(博士/商学)
 <プロフィール>
 Bond-BBT MBA プログラム「マーケティング」スーパーバイザー/
 ニューヨーク市立大学 ブルックリン校 経済学部MBA助教授
 日本、および海外のマーケティングを熟知し、アメリカのMBAコースで教鞭を
 とる数少ない日本人の一人。著書に「マーケティングを哲学として経営に取
 り入れるということ」など多数。

●日時:2月29日(日)11:00〜13:00

●場所:ビジネス・ブレークスルー Ohmae@workビル セミナールーム
    (JR四ツ谷・市ヶ谷駅 営団地下鉄 麹町駅 徒歩5分)
    【地図】http://www.bbt757.com/company/bbt_map.htm

●参加費用:当日お支払い 5,000円(軽食・税込)

●ご予約: https://www.bbt757.com/bond/seminar20040229.asp


===================================
大前研一通信のホ−ムペ−ジ  http://www.ohmae-report.com/
大前研一通信・最新ページ   http://ohmae-report.com/ebook/
大前研一の公式ホ−ムペ−ジ  http://www.kohmae.com/
大前研一通信事務局E−メール  JDB02662@nifty.com
配信解除をご希望の方は ⇒ http://www.melma.com/mag/14/m00023014/
===================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-02  
最終発行日:  
発行周期:月2回、第2・4週  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。