政治・経済

大前研一通信マンスリーレポート

ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

全て表示する >

大前研一通信マンスリーレポート

2002/01/11

┌─────────────────────────────────┐
★    THE OHMAE REPORT 【大前研一通信】      ★
☆     メールマガジン   メルマ版    VOL.29      ☆
★       あなたにも“隠れた真実”が見えてくる!       ★
└─────────────────────────────────┘

===========【事務局より新年のご挨拶】===========

  新年明けましておめでとうございます。本年も事務局ではメールマガジン
  を通して、大前研一の理念や活動を一人でも多くのみなさまにお伝えして
  いきたいと考えております。今後とも宜しくお願い致します。
  大前研一通信事務局


<<<<<<<<<<< 大前研一 新年のご挨拶 >>>>>>>>>>>

 謹賀新年

  昨年は世界的にバイオリズムが下がり、かなり暗い事が多かったですね。
 拙著「新・資本論(東洋経済新報社)」でも予言した見えない大陸の『新
 しい冷戦』の勃発と言う見方もできます。

  昨年の研究テーマであった「新しい中国」には結局六回通い、遂に「間
 接業務のユニクロ化」に関して遼寧省で事業を立ち上げようか、というと
 ころまで進んでしまいました。クロスボーダーの業務トランスファーはア
 イルランドやインドの実績を十年間見てきましたので英語圏では何も物珍
 しいことはありませんが、これがいよいよ日本語圏でも可能になってきた、
 というのは時代の流れだと思います。

  日本は何をして飯を食っていけばいいのでしょうか? この問いに対して
 十四、五年前に書いた「新・国富論」や「平成維新」の意味が改めて問わ
 れているのではないでしょうか? 言うべき事は全て言ってきた、というの
 が正直なところ実感です。「聖域なき構造改革」が単なるスローガンとな
  り、新しい経済大陸の原理・原則を理解しない人々が付け焼き刃的なアイ
  デアコンテストをやっている限り、救いはありません。

  しかし、私の周りには情熱に燃えて新しいことをやろうという人が多く
  いることも事実です。私としては古い考えを持った人々に、「変われ!」
  と訴求するのはもうやめて、自ら新しいものを次々に生み出して行くこと
  によって変革のペースを上げたいと思うようになりました。たとえそれが
  どんなにリスクが高く、一見無謀なことのように思えても、それをやり抜
  くことが大切だと思っています。

  新年が少しは薄日の漏れる年であることを祈念し、皆様のご健勝、ご活
  躍を併せてお祈りいたします。今年もよろしくお願いします。

  
                          二〇〇二年一月一日
                              大前 研一
                                           (大前研一通信1月号掲載)
                                         URL:http://www.kohmae.com


==============▼ 目次 ▼=============== 

◎ 1月号の注目記事   大前研一「私の体験的スケジュール管理術」

◎ 大前研一通信1月号  インデックス紹介

★イベントニュース  大前研一 VS 長妻昭氏討論会のご案内
                                他

大前研一通信 羅針盤 ホ−ムペ−ジ  <http://www.ohmae-report.com>
     購読のお申込・お問い合せ    0120−146086

大前研一の詳細なプロフィールをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい
            http://www.ohmae-report.com/pro/bioj.html



  □■□■□■□■□■□■今月号の注目記事!□■□■□■□■□■□■
            
        ◆  大前研一「私の体験的スケジュール管理術」  ◆

                 『大前研一通信』 1月号掲載論文より
                        (週刊ポスト誌 掲載)
  
    この記事は、週刊ポスト誌8/31号に掲載されたものです。この中で大前
   研一は自らの休暇の過ごし方や、実際の仕事の仕方を例にあげ、人生全般
   に活かせるスケジュール管理術を公開しています。
   大前研一最新刊『やりたいことは全部やれ!』と併せてお読み頂くとより
   一層理解が深まります。

  『やりたいことは全部やれ!』詳細はこちらまで↓
   http://www.ohmae-report.com/index0.html#newbook04
 
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



〓〓〓〓〓  大前研一通信 2002年1月号 インデックス紹介 〓〓〓〓〓

【新年のご挨拶】  

【思い出の論文】
この「4つの条件」を満たさない日本企業は
世界的な企業大再編時代に生き残れない   (SAPIO 1999年 10/13号)

【FORUM WIDE】
 狂牛病について

【政治】
・どこへ行った?小泉改革               (夕刊フジ 12/5号)

・ヨーロッパ合衆国の意気高く             (夕刊フジ 10/17号)

              特集【企業経営】            
        
・「見えない大陸」:覇者の条件 
                       (Diamond Harvard Business Review may2001)

・ITを武器にした活力創造型経営  
             (CAC ITソリューションシンポジウム 2001)

・40代で経営幹部に! 私が開発した4段階人材育成プログラム
                         (週刊ポスト 11/16号)

・ユニクロ、日本マクドナルドほか「4つのビジネスモデル」が
  価格破壊戦争を勝ち抜く決め手となる        (SAPIO 7/11号)

【中国】
・「最強ビジネスモデル」は最適生産地と消費者の直結にあり
                         (SAPIO 12/19号)
  
・「中華連邦」の脅威 中国は一撃でアジアを倒す  (DECIDE 9月号)

・向研会報告

・もはや“資本主義国”だ!?            (夕刊フジ 11/28号)

【生き方】
・大前研一「私の体験的スケジュール管理術」     (週刊ポスト 8/31号)

【関連発言】
・NEW YORK STYLE            (映画雑誌FLIX)

【TOPICS】
・韓国経済新聞                    (10/22号)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――


===========【フォーラムについてのご案内】===========

大前研一主宰・電子町内会(フォーラム)にご参加頂きますには、プロバイダ
「アット・ニフティ」(http://www.nifty.com/)の会員であることが前提です

<アクセス方法>
大前研一通信ホームページより、 【@nifty会員専用大前研一の電子町内会へGO】
と書かれているところをクリックして頂き、アクセスしてください
URL:http://www.ohmae-report.com/index0.html

詳しくは、下記、大前研一通信事務局までお問い合わせください。
フリーダイヤル       0120−146086
大前研一通信事務局E−メール  JDB02662@nifty.com 



<―――――――――【大前研一 イベントニュース】――――――――――>

<大前研一が長妻昭氏と「日本の政治と世界の動き」をテーマに徹底討論!>

       トークバトル「もう、黙っちゃいられん!」

          大前研一(UCLA政策学部教授)
                  VS
         長妻昭(衆議院議員・民主党政調副会長)

 ◇日 時:平成14年2月12日(火) 17:00開場 18:00開会

 ◇場 所:全理連ビル9階会議室 (03−3379−4111)

 ◇会 費:10,000円
      
*この催しは、政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです
詳しくはこちらのホームページをご覧下さい
http://www.amy.hi-ho.ne.jp/nagatsuma/oomae.htm(長妻昭氏ホームページ)



====================================

<<<<<<<<<<< 大前研一 関連事業紹介 >>>>>>>>>>>>

====================================

■ エブリデイ・ドット・コムからのお知らせ ■

□■──────────────────────────────
      ◆ブロードバンドお得化計画◆
 
           株式会社エブリデイ・ドット・コム
                   http://www.everyd.com/
──────────────────────────────□■

皆様はもうADSLを始めていらっしゃいますか。
ADSLに入られた方々からは既に感激のお声が続々と届いております。
なんといってもその速さ。エブリデイ・ドット・コムでは
速さだけでなく世界一安いOCNをご紹介中です。

数あるプロバイダーの中からADSLサービス 8M最安値を誇るOCN
月額1970円でご利用頂ける他、モデムレンタル料・NTT回線使用料込みでも
月額わずか2657円でご利用頂けます。

また、OCNならインターネットを利用する際に心配なウィルスを
チェック致しますのでとても安全に快適なインターネット、メールを
楽しむことができます。

また全国567のアクセスポイントを有するため外出先からでも
楽々ダイヤルアップが可能です。

良いこと尽くしのOCN。「百聞は一見にしかず」
是非、実感してみてください。

メールでのお問合せを受付中です。ご意見、ご質問をお寄せください。
pcpack@everyd.com

エブリデイ・ドット・コムは皆様のエブリデイがより便利に
快適となりますよう日用生鮮品宅配サービスをご提供しております。

詳細はこちら⇒http://www.everyd.com


====================================

■ ビジネス・ブレークスルーからのお知らせ ■

●ビジネス・ブレークスルー(BBT)では、いくつかの番組講座から構成
 される専門分野ごとのコース(ビジネスコアコース)を作り、教育訓練給
 付制度厚生労働省指定講座となっています。
 詳しくはこちら=>http://www.bbt757.com/bcc/index.htm
 ビジネスコアコースのお問い合わせ先:0120-194-757

■□■BBTより「問題解決力」養成コースのご案内  ■□■
BBTより『問題解決』の技法を学ぶ画期的eラーニングコースのご案内です!

コース名:【経営管理者育成 基礎コース】(1年間96時間、35万円)
   ●プログラムの詳細はこちら→ http://www.lt-empower.com/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
ボンド大学-ビジネス・ブレークスルー MBAプログラム
ただ今、2月24日第3期開講 受講生募集中です。

■受講生の体験談(映像もご覧いただけます)
http://www.bbt757.com/bond/students.htm

■大前研一「経営戦略」コースの一部を公開!
http://www.bbt757.com/bond/sample_japanese.htm

■英語講座「アントレプレナーシップ」を体験!
http://www.bbt757.com/bond/sample_english.htm

皆様のご質問・ご応募お待ちしています。BOND-BBT MBA事務局
フリーダイヤル:0120-386-757 E-mail: mba@bbt757.com


====================================

■ ビー・ジェー・オー・アットワークからのお知らせ ■

●第5回ビジネスジャパンオープン開催のお知らせ●

創業期のベンチャー企業の経営支援等を行う株式会社ビー・ジェー・オー・
アットワーク(代表:大前研一 東京都千代田区九段北)はシード/スタート
アップ企業を対象とした起業家コンテスト「第5回ビジネスジャパンオープン」
をJT(日本たばこ産業株式会社)の協賛により開催致します。

最終発表会では「あ、ディライトJT賞」、「審査員賞」、「大前賞」を選出し、
トロフィー及び賞金30万円を贈呈いたします。これらの賞の選定においては
大前研一を審査委員長とした審査委員により選出されます。過去の審査員は孫正
義氏(ソフトバンク会長)、松本孝利氏(元シスコシステムズ会長)などのベン
チャー企業経営者やベンチャーキャピタリストにご協力頂いております。

コンテストに応募し有望だと認められた起業家に対しては、最終発表会でのプレ
ゼンテーションや表彰のみでなく、事業計画の構築支援、出資を通じた経営参画、
大手企業との提携の企画/仲介といったベンチャー企業の成長に不可欠な経営支
援が行われることを特徴としております。これら経営支援は?ビー・ジェー・オー
・アットワーク専任のプロフェッショナルスタッフによって、いわゆる「ハンズ
オン」で事業の当事者として行われます。これまでのビジネスジャパンオープン
において有望だと認められた起業家はビー・ジェー・オー・アットワーク社の経
営支援を受けながら順調に事業を拡大しております。


応募に関する詳細はビジネスジャパンオープンのホームページをご参照下さい。
http://www.japan-open.com)

■お問い合わせ先
 ビジネスジャパンオープン事務局 
 東京都千代田区九段北3-2-5 東伸24九段ビル9F
 Phone:03-3221-4211 Fax:03-3239-0386
 e-mail:info@japan-open.com  URL:http://www.japan-open.com


====================================

■ 一新塾からのお知らせ ■

★政策学校[一新塾] 説明会・入門ワークショップ開催のご案内★

一新塾では2002年5月18日(土)に第10期を開講いたします!
******************************************************************
     ■第10期のテーマ:「目覚めよ!主体的市民」■

 中国の勃興で世界情勢は変わった。中国は経済的には「中央集権体制」を
壊し、地域の競争力を高めている。一方、日本は・・・? 
 国も地域も企業も個人も変革を求められている。依存体質から脱却しての
自律への道だ!
 第10期では、世界競争に勝ち抜いていけるための地域の自律と、個人の
自律に焦点をあてる。
*******************************************************************

 1月より先行して説明会を開催いたします(第10期の先行予約をいただい
た方には特典を用意しています。詳しくは説明会にて!)
 また、1月27日には一新塾の入門編として「一新塾入門ワークショップ」を
行います。一新塾がこれまでに探究してきた「ふつうの市民からの声を社会に
発信していく方法論」を皆さんにお伝えいたします。ふるってご参加ください!

                                   記

?1月18日(金) 19:30〜20:30 (一新塾会議室)
?1月27日(日) 13:00〜18:00 
          ★入門ワークショップ(一新塾セミナールーム)
                       ※最小催行人員10名
?2月15日(金) 19:30〜20:30(一新塾会議室)
?2月26日(火) 19:30〜20:30(一新塾会議室)

申し込み方法:下記フォーマットに必要事項をご記入の上、一新塾事務局まで
       ご返信ください。
       一新塾HP( http://www.isshinjuku.com/ )からもお申込
       いただけます。

----------------------------------------------------------------------
●10期先行説明会・入門ワークショップ参加申込書(宛先:isj@attackers.ne.jp) 

希望の日程に○を入れてください。
( )1月18日(金)
( )1月27日(日) 入門ワークショップ
( )2月15日(金)
( )2月26日(火)

 お名前:
 ご住所:
 TEL:
------------------------------------------------------------------------


====================================
大前研一通信のホ−ムペ−ジ http://www.ohmae-report.com/
大前研一通信事務局E−メール  JDB02662@nifty.com
配信解除をご希望の方は⇒ http://www.melma.com/mag/14/m00023014/
====================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-02  
最終発行日:  
発行周期:月2回、第2・4週  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。