政治・経済

大前研一通信マンスリーレポート

ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

全て表示する >

大前研一通信マンスリーレポート

2001/07/27

┌─────────────────────────────────┐
★    THE OHMAE REPORT 【大前研一通信】      ★
☆      メールマガジン   メルマ版     VOL.18    ☆
★       あなたにも“隠れた真実”が見えてくる!       ★
└─────────────────────────────────┘

○●○●○●キャンペーン最終締切迫る!!(7月末日迄)●○●○●○●
☆================================================================☆
      大前研一通信では、大前研一著『サラリ−マン・サバイバル』
      <99年上半期売上ビジネス書NO.1>の文庫化を記念して、
      大前通信講読キャンペ−ンを実施いたしております。

   大前研一通信 羅針盤 ホ−ムペ−ジ  <http://www.ohmae-report.com/>
  【郵送版】購読のお申込・お問い合せ   0120−146086
  (上記ホ−ムペ−ジからお申込みができます)   <いしんをやろう>
☆================================================================☆


□■□■□■□■□■□■□今週の大前語録■□■□■□■□■□■□■
         
        『小泉骨太改革は「骨だけ」に終わる』

              『大前研一通信』 8月号掲載論文より
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


『大前研一通信』は、世界的コンサルタント大前研一が、独自の情報網より
 得た世界の情勢や、社会に対する提言、さまざまな分野における発言・論文
 等を網羅した会員制月刊情報誌です。
 総頁40ペ−ジ以上のものを毎月1回郵送にてお届けしています。

 また、大前研一が主宰し、町内会長をつとめる電子町内会(平成フォ−ラム)
 は15以上の会議室があり、そこでは会員の皆さまが 日夜、情報交換、議論
 をし、大前自身もアクセスし発言する場となっております。
 会員になられました際は、貴方もぜひアクセスしてください!

=====================================
◆◇◆◇大前研一・田原総一郎氏、共著の新刊『「勝ち組」の構想力』◆◇◆◇
現在好評発売中! 書評を掲載いたしますのでご覧下さい
=====================================

みなさん、こんにちは。
大前研一・田原総一郎氏、共著の新刊『「勝ち組」の構想力』の書評がオンライ
ンブックストアーbk1にて掲載されております。掲載許可を頂きましたので、
皆さまにご紹介致します。

株式会社ブックワン
オンラインブックストアーbk1
URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?aid=&bibid=02029409&
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

田原氏の挑発的な質問によって引き出された大前氏の発言は衝撃的
bk1ブックナビゲーター/ジャーナリスト
大坪 未果  2001/07/10


マッキンゼー&カンパニーのディレクターを経て、日本の政治を変えようと「平
成維新の会」を立ち上げたこともあるコンサルタントと、テレビ番組「サンデー
プロジェクト」でお馴染み、舌鋒鋭い突っ込みが持ち味のジャーナリスト。本書
はこのアクの強い2人が日本の現在と未来を語り合った対談集である。

 語られるテーマは実に広範だ。日本の構造改革のあり方、不良債権処理の進め
方、空洞化への対応、IT革命第2ラウンドでの勝機などマクロの問題をとことん
追求する一方、「ソニー対松下の行方」「イトーヨーカ堂は復活するか」「シテ
ィバンクの携帯電話ブランチ戦略」など、読者にとってはより身近なミクロのテ
ーマも詳しく言及する。

 粘り強く、真剣に、時には挑発的に投げかけられた田原氏の質問によって引き
出された大前氏の発言は衝撃的なものが少なくない。「下手をすれば日本は失業
率30%になる」「富を創出する力を失いつつある日本は、今のままではインド型
の“貧困の分配”に陥ってしまう」「歴史上、日本では大改革はしがらみのない
外国人がやってきたから、いっそアル・ゴアを輸入して民主党の総裁になっても
らえばいい」…。日本の現状を憂慮し、強い危機感を抱く大前氏の心情が現れた
ものと言えるだろう。

 大前氏は単に危機感をあおるだけでなく、日本再生のための具体的なプランも
次々に提示していく。特に興味深いのは新しい街作り。都心近くの湾岸地帯に大
規模な住宅街を作れば、個人金融資産1400兆円が市場に向かうようになると具体
案を披露する。

 丁々発止と渡り合う2人の、その場の熱気すら伝わってくるような迫力ある1
冊。対談集という形式なので非常に読みやすいが、日本の経済や政治、産業の問
題を本質から探る、充実した内容になっている。
 

Copyright(C)2000-2001 Book1,Inc.All Rights Reserved. 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
大前研一の詳細なプロフィールをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい
          http://www.ohmae-report.com/pro/bioj.html


□■□■□■□■□■□■今月号の注目記事!□■□■□■□■□■□■□■
            
         ◆  ビジネス脳を鍛える!  ◆
     −社会人になってから本当の勉強が必要となる!−
              
                  『大前研一通信』 8月号掲載論文より

 この記事は、光文社発行の月刊誌『Gainer』に掲載されたものです。この記
事の中で大前研一が、かねてより提言してきたこれからのビジネスに必要不可
欠な新・三種の神器「IT、財務、英語」について詳しく解説しています。
 また、その能力を身に付けるための具体的な手法についても言及しており、
ビジネスマン必読の内容となっております。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


大前研一通信 7月号 (VOL.82) インデックス  

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
特集:【聖域なき構造改革】

OPINION
 IT特区・沖縄の動向で小泉首相が本当の改革者かどうか分かる
                    夕刊フジ・6/27号掲載(産経新聞社)

本当の「骨太」の改革とは・・・ITを武器に切りつけよ 
                    夕刊フジ・7/4号掲載(産経新聞社)

【――――――−今月の大前発言ファイル―――――――】

【政治】
エコノミストたちが警告
小泉骨太改革は「骨だけ」に終る    サンデー毎日・7/8号掲載(毎日新聞社)

【FORUM WIDE】
フォーラムワイド番外編        「大前研一通信・読者の声」

【特集:教育・能力開発】

【思い出の論文】
大学は21世紀の日本を担うリーダーの育成をできるか

教育パパが子供の未来をダメにする!   週刊ポスト・5/4・11号掲載(小学館)

ITで本当にみんなが幸せになるの   Yomiuri Weekly・4/8号掲載(読売新聞社)

【TOPICS】
「平成維新」が入試問題に         千葉経済大学経済学部入試問題より

現地の全寮制学校に入学させよう。「世界のルール」で戦える
子供に育てるチャンスだ!
                     週刊ポスト・6/29号掲載(小学館)

飛び出せ!  九工大          明専会報・4月号掲載(社団法人明専会)

今から引退を考えるな!勉強する仲間を作り5年後に
転職すれば70歳まで現役で活躍できる
                      週刊ポスト・6/8号掲載(小学館)
【大前関連発言】
「The First」に挑み続けるプロスキーヤー三浦雄一郎
                   月刊MOKU・7月号掲載(默出版株式会社)

【ボンド大学MBAプログラム】
ビジネス脳を鍛える! 大学で教わらなかったIT、財務、英語が新・三種の神器だ
                        Gainer・5月号掲載(光文社)

21世紀を背負って立つブレークスルー力       DIME・6/21号掲載(小学館)

IT時代は英語が共通言語 大前研一ビジネスマンIT道場
                     夕刊フジ・7/11号掲載(産経新聞社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――


**********************************
■ EveryD.com(エブリデイ・ドット・コム)からのお知らせ ■

┏━━━━━━━e・veryD.com ━━━━━━━┓
☆「ぱそまる2001」お陰さまで大盛況!!☆  
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

7月19日〜22日で開催された「ぱそまる2001」、
来場者総数約12万人と大いに盛り上がりました!!

私たちエブリデイのブースは一番小さいスペースながらも、宅配サービス
に興味のあるお子さん連れのお母さん、音声にてオーダーできるシステム
に興奮されるOLさん、世界最小バーコード・リーダーを手に質問されるお
父さん、、と、沢山の方が途切れることなく立ち寄っていただけた大人気
のコーナーとなりました。 後ろの方でデモが見れなかった方々、失礼致
しました。 また次回展示会出展の際はアナウンス致しますね。

これからも皆様からいただくご意見・アンケートを元にサービス向上と
事業拡大を目指します。

どうぞ宜しくお願い致します!!
http://www.jp.eberyd.com

**********************************
■ アタッカーズ・ビジネススクールからのお知らせ ■
http://www.attackers.ne.jp/ 】

**********************************
■ 一新塾からのお知らせ ■
http://www.isshinjuku.com/

**********************************
■ ビジネス・ブレースルーからのお知らせ  ■

==================== 
日本語と英語で働きながらMBAを目指そう! 
◆BOND-BBT MBAでは9月開講受講生募集中。 
==================== 

■日本語70%のMBA講義 
 ■遠隔教育で働きながら! 
  ■年間約100万円X2年で修了 
===================================================== 
さらに詳細は http://campus.nikkei.co.jp/mba/scool/index.htm
MBAプログラムに関しては http://www.bbt757.com/bond

**********************************

     ☆ 『週刊ポスト』 −サラリ−マン道場− ☆

「サラリ−マン道場」は、大前研一監修ビジネス専門チャンネル、SKY Perfec
TV!757「ビジネス・ブレ−クスル−」と「週刊ポスト」との連動企画で、毎週
大前研一が、サラリ−マン・サバイバル時代を生き抜く人生設計について誌上
アドバイスをしています。

◎ 掲載誌: 『週刊ポスト』 ◎ 発売日: 7月23日 発売

    ☆ 大好評  「大前研一のサラリーマン道場」第30回
   〜IT時代の『あなたの人生戦略』を誌上コンサルティング〜


 [第30回] 「青い鳥症候群」から目を覚ませ! 現実を直視せず、理想
        を追い続けるだけでは必ず挫折する。


 【相談内容】 米国で弁護士資格を取り特許業務に関わりたい


 【相談者】  コンピュータメーカーの顧客サービス部門でカスタマーサポー
       ト業務を行なっている。コンピュータ専門学校を卒業後、入社。
       社歴10年。現在の仕事に不満があり、特許業務の仕事に転職
       したいと考えている。理想としてはアメリカの弁護士資格を取
       り、国際的な特許業務に関わりたいのですが、資格をとるまで
       に最短で何年かかるのでしょうか。
        
☆  詳細は →  <http://www.bbt757.com/>  最上段のバナ− へ
***********************************
===================================
大前研一通信のホ−ムペ−ジ < http://www.ohmae-report.com/>
大前研一通信事務局  JDB02662@nifty.com 
配信解除をご希望の方は⇒ http://search.melma.com/cgi-bin/search.pl?
query=%C2%E7%C1%B0%B8%A6%B0%EC
===================================

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-02  
最終発行日:  
発行周期:月2回、第2・4週  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。