政治・経済

大前研一通信マンスリーレポート

ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

全て表示する >

大前研一通信マンスリーレポート(VOL.222)

2010/01/29

…………………………………………………………………………………………

■┓
┗┛◎【耳より情報】 あなたにも隠れた真実が見えてくる!

  ◆大前研一通信特別保存版Part3:「パスファインダー」 
   <道なき道を切り拓く先駆者たれ!!>【4刷決定、ランキング1位!】

  ★☆注目!!<<楽天ブックスで大前研一特集サイトを展開中!>>

  
  1. BBTブックフェア(第五弾)開催記念キャンペーン開催中!
  
  2.大前研一通信のテーマ別バックナンバー 好評販売中!

  3.【E-Book(リニューアル)&CD-ROM縮刷版 限定情報!】
  
  4.「読んで、見て、身につける!」
    「衝撃!EUパワー」映像版DVDがリリース!



…………………………………………………………………………………………


■■【ランキング1位獲得!「貴方はもう読みましたか?」】▼▽━━━▼▽━━■■

*【丸善丸の内本店1位(ビジネス書:12/3〜9)】
 【紀伊国屋新宿本店1位(経営:2010/1/4〜10)】

◎『パスファインダー』<道なき道を切り拓く先駆者たれ!!>
  大前研一通信特別保存版Part3

 定価:1,500円(税別)  発売予定日:2009年12月4日
 ISBN:978-4-930774-49-1(発行:BBT出版、発売:日販IPS)

概要:「読んで」「見て」「身につける!」
   過去に大前研一が寄稿した「学び」に関する内容を凝縮した珠玉の
   メッセージ集。答えの見えない時代に、どのように答えを見つけ、
   生きていくのか。21世紀を突き抜けたい貴方に送る未来派学問のススメ。
   大前研一の秘蔵映像<教育編>を収録したDVD付きです!

◆ 4刷決定!!『パスファインダー』は、こちら ↓ ◆
http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=a4b206bf2db810



★☆注目!!<<楽天ブックスで大前研一特集サイトを展開中!>>

ビジネスパーソン必読!大前研一特集はこちら
http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=a4b4e90e3d34b9




━〈【耳より情報】〉━━━━━━━━━━━━━━━━━


1.BBTブックフェア(第五弾)開催記念キャンペーン開催中!(2010年2月末まで)

【大前研一の発信が丸ごと読める月刊情報誌 】「大前研一通信」では、期間中
に「大前通信」の会員になられた方はもちろん、ご紹介or ギフトいただいた方、
双方様に もれなく「大前研一関連書籍」「大前通信バックナンバー」のいずれ
かをプレゼントするダブルキャンペーンを開催中!!


 ◆キャンペーンのお申込み、プレゼントは、こちら↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=36


 ◆BBTの特選映像収録のプレミアムDVDがもらえる!◆

  第五回BBT関連書籍ブックフェア開催店は、コチラから ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=a4b6254e7a97a0




2.大前研一通信のテーマ別バックナンバー 好評販売中!


◆…………………………………………………………………………………………

【新セット・改定版追加!】大前通信テーマ別バックナンバーセット限定情報

◆…………………………………………………………………………………………


「大前研一通信」では、毎号の大前通信から興味深いものを
テーマ毎にパッケージ化した「テーマ別バックナンバーセット」
を新セット「世界の真実(中・日・露・米 編)」や、 改定版:
「リーダーシップ」、「大前流ライフスタイル」など、また、
資産運用スキルの 参考になる「マネー・資産運用セット」他の
売れ筋のラインナップも追加し、特別価格 にて好評販売中!


 この機会に、気になるテーマの大前通信をまとめ読みされてはいかがですか!

 
 ◆テーマ別バックナンバーセットは、こちら ↓
   http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=85


3.【E-Book(リニューアル)&大前通信CD-ROM縮刷版 限定情報!】


 過去の「大前通信」から抜粋した記事を冊子感覚でネット上で閲覧できる
 「E-Bookサイト」をアップデイト! リニューアルしました。

◆「E-Bookサイト」はコチラ! ↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=10

 
 また、気になる記事のチェックや情報整理に役立つ 「大前通信」のほぼ全て
 の編集記事1年分を1枚のCD−ROMに完全収録し、フリーワードでの検索も可能
 な「大前通信CD縮刷版」を会員同様の特別価格にて好評販売中!
      ↓
 *【2003年度・2004年度・2005年度・2006年度・2007年度 各年度版】
 *5年版セット(2003〜2007年度版5枚組)限定販売中!


◆「大前通信CD縮刷版」はコチラ↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=38



 
4.【読んで、見て、身に付ける!限定 映像版DVD 第二弾!】】


■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■

【読んで、見て、身につける:限定「「衝撃!EUパワー」映像版DVD 】

 大前研一の最新刊『衝撃!EUパワー』(朝日新聞出版 11/6日)
 の発売を記念して、

【衝撃!EUパワー】限定 映像版 PPV-DVDがリリース!(11/20)

 価格:¥1,800 (税別) 発売日: 2009/11/20  ISBN:978-4-930774-47-7

(収録作品)◆EU新規加盟国および近隣諸国の経済動向

      ◆【拡大EUと「東欧」】ルーマニアレポート」・* PPV作品 
      ◆【拡大EUと「東欧」】ウクライナレポート」・* PPV作品

    新刊と、併せて見れば、より「EUパワー」が理解できる!!

◆◆◆「衝撃!EUパワー」映像版 (PPV-DVD)は、こちら ↓
       http://www.amazon.co.jp/gp/product/4930774470/

*PPV特典付DVD(PPV-DVD)とは、低価格で購入し、レンタル感覚で気に入った作品を
 選んで観るDVDです。PPV作品は、パスワードを購入すれば120日間視聴できるように
 なっています。

*『本映像は、BBTチャンネル及びBBTの動画サービスで提供している 
 「大前研一アワー235、大前研一アワー238、239(PPV課金部分)の映像と同一です。』

 アマゾン、他のネットShopのDVDコーナー、BBT関連書籍ブックフェア開催
(12月初旬より予定)指定店舗にて好評販売中です!!


■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■  

【好評発売中! 】

■『衝撃!EUパワー』
 世界最大「超国家」の誕生         (朝日新聞出版)

 (11月6日発売)

定価:本体 1700円+税

【内容紹介】

日本復活のカギは欧州にあり!
拡大する5億人マーケットの攻略法!!

人口、GDPでアメリカを上回り、EUは世界一の経済圏となった。もはやEUを知ら
ずして現在の世界経済は語れない。ところが、この世界経済の潮流に日本の政府も企業
も乗り遅れてしまっている。日本はどうすべきか──。

第二次大戦以降、六〇年間にわたってアメリカとアメリカ・ドルを中心に動いていた世
界経済は今、全く新しい段階に足を踏み入れようとしているのだ。この新しい流れに、
日本やアメリカの人々はいまだ気づいていない。EUはこれまで地球上に存在しなかっ
た、全く新しい形の「国家」である。(中略)私は「二一世紀は超国家EUの時代になる」
とここに予言する。──「プロローグ」より
 

■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■
  



■INDEX  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】大前研一通信 1月号  掲載記事   紹介
【2】大前研一通信 2月号  掲載予定記事 紹介
【3】お知らせ  < 大前グループ >  最新情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 大前研一通信 1月号 掲載記事  紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------

大前研一直伝!世界で活躍するための「コミュニケーション術」

【第1回】議論する力 
                    (THE21 2009/11月号)                         
           
----------------------------------------------------------------


              <前略>


「英語ができれば海外で通用する」は間違い

翻って、日本はどうか。これはもう危機的状況というよりほかない。とりわけ私がして
いるのは、若者の意識が「内向き、下向き、後ろ向き」になっているということだ。どの
企業の経営者に聞いても、異口同音に最近の若者は海外赴任を嫌がる傾向にあるという。
商社ですらそうだというのだから、開いた口がふさがらない。海外留学をする学生も実際
減っているし、一時期の英会話ブームも、NOVAが倒産するのと軌を一にしてどこかに
いってしまった。

「海外などに目を向けなくても、日本にいて幸せに暮らせればそれでいいじゃないか」と
考える人が増えているのかもしれない。それができればけっこうなことだが、あいにく日本
の人口は減り続けており、少子高齢化は今後ますます進む。国内マーケットは縮小する一方
だから、どんな企業であってもこれからは海外に目を向けないかぎり、生き残ってはいけな
いのである。

 いざとなったら国が助けてくれるなどとは、ゆめゆめ思わないことだ。多額の借金を抱え
るこの国にそんな余裕はないし、その気もない。民主党に政権が移ったところで、その現実
は何も変わってはいないのである。

 国が助けてくれなければどうするか。タイタニック号の乗客よろしく、座して死を待つと

う選肢もあるが、願わくば本誌の読者には、国に頼らず世界のどこででも生きていける人間、
すなわち「世界で通用する人材」になってもらいたい。それには、なんといってもコミュニ
ケーション力を身につけることが不可欠なのである。どんなに優れたスキルやアイデアをも
っていても、自分の意思を伝え、人を動かしていくことができなければ、それを活かすこと
はできない。

 ただし、「I love you.」といわれたら、「So I love you, too.」と即座にいえることが
コミュニケーション力だと思ったら大間違いだ。スピーチ、プレゼンテーション、会議、部
下のマネジメント、顧客の説得といったさまざまな局面で、正しい意思決定をし、それを相
手に伝え、合意形成を図り、なおかつ行動を起こさせる、これがビジネスにおけるコミュニ
ケーション力なのである。たんに英語で感情が伝えられるという程度では、まったく話にな
らないのだ。アメリカ人なら誰でもできる程度の英語なら、二束三文である。結果を出せて
ナンボ、のコミュニケーションを日本語でも英語でも同じ程度にできなくてはいけない。
今回は、まずコミュニケーション力のなかでも、もっとも日本人が苦手とする「議論する力」
を採り上げてみたい。

「議論を詰める力」が圧倒的に不足している

 相手を言い負かし、自分の主張を通すことが議論の目的だと思っている人がいるが、それは
違う。議論の真の目的は、ある議題(テーマ)について相互に主張と反論を交わしながら理解
を深め合い、合意に達することなのだ。

 議論はまた、「問題解決のための最善解」を見出すために行なうものでもある。だから議論
の結果、当初の自分の主張と異なる結論に至ったとしても、よりよい問題解決策が見つかった
ならば、その議論は十分に成功したといえる。実際、日本マクドナルドの創業者である故・藤田
田氏は、日ごろから「議論のベストウェイはつねに(自分と相手の主張とは)別のところにある」
とよく口にしていた。

 では、どうすればそのような議論ができるようになるのか。それを次に考えてみよう。


              <後略>


 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】 大前研一通信 2月号 掲載予定記事 紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------

役所の無駄遣いもJAL経営危機も根は同じ。これが究極の改革案だ!

                   (PRESIDENT 2010/2/1号)

----------------------------------------------------------------


              <前略>


末端は何も考えなくなる 肥大化ありきの官僚機構   


JALの経営にもパーキンソンの法則は当てはまる。会社が存在しているだけで余計な仕事が
生まれるのだ。飛行機を飛ばして顧客をA点からB点まで時間通りに運ぶ、という業務以外の
仕事をしている人間が組織の大半を占めるようになる。そこでコストダウンすれば、今度はパ
イロットも客室アテンダントも疲労困憊し事故の危険性が高まる。機械の修理や整備部門のコ
ストを削れば、こちらも破綻しかねない。  

 一方、アメリカのサウスウエスト航空、エアアジア航空(マレーシア)、ジェットスター航
空(オーストラリア)、ライアンエアー航空(アイルランド)などのLCCでは一人の社員が
三役も五役もこなす。カウンターでチケットを切っていた人が客室乗務員になったり、パイロ
ットが荷物の収納係をしていたり。だからJALの半値で飛んでも儲かる。

  安全性も分業体制で確認する大手と違い、パイロット一人一人が全体をきちんと確認したう
えでフライトするので事故率も低い。つまり、JALがいくらコストダウンしても、LCCに
対抗できるはずがないのだ。  

 そのJALを上回る大企業病の権化が、ニッポンの「官僚機構」である。中央集権の官僚機
構には二つの問題点がある。

  一つは、肥大化する組織の末端にまで栄養を行き渡らせなければならないので、中央から配
る金が毎年増えていくこと。もう一つは、中央集権の一番の問題として、末端が何も考えなく
なること。ヘタに考えると中央に反旗を翻したように受けとめられるので、創意工夫がまったく
なくなる。結果、地方自治体などの末端の役人は、パブロフの犬のようになってしまう。これが
日本の官僚機構がつくり出した凄まじい無駄であり、機能不全なのだ。 

 民主党の事業仕分けは、JALの再建のようなものだ。中央集権が生み出した膨大な無駄を一
つ一つ個別の案件として取り上げては、現場から一番遠い素人が良いか悪いか白黒をつけていく。
その手法自体が間違っている。栄養が回らなくなれば今まで動いていたものが動かなくなる。
結局「このままでは死んでしまうから何とかしてください」とひたすら陳情するだけで、実態は
何も変わらない。だから九五兆円の概算要求に対して、一兆三〇〇〇億円程度しか削れないので
ある。
 

 カットするのではなく ゼロからつくり直す!  


 では、どうすればいいのか。企業再生の常道でいえば、ゼロベースからつくることである。
カンタス航空(オーストラリア)がLCCのジェットスターをつくった手法がそれだ。カンタス
の人材が航空会社のノウハウを持ち込んでゼロからジェットスターを立ち上げ、今ではカンタス
の半分のコストで利益を出している。 

 つまりJALを建て直すのではなく、LCCをゼロからつくる発想である。そのときにJAL
の運営ノウハウは役に立つかもしれないが、同じ仕掛けを小さくつくってもダメ。


              <後略>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 大前グループ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【「大前研一ライブ」DVD】お試し価格1,050円で受付中!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

かつて「サンデープロジェクト」「報道2001」などの常連だった
大前研一はなぜ、途中からぱったり出演するをやめたのか?

世界に取り残された日本のマスメディアの問題点を指摘する
秘蔵動画をYou Tubeからご覧いただけるようにしました。

http://www.youtube.com/watch?v=ucUPqYwgKgg

「大前研一ライブ」の【月額DVDサービス】は
ただいま<お試し価格 1050円(1人1回のみ)>で提供中です。

スポンサーなしの本音トークで、価格以上の価値を提供
します。
─────────────────────────────────
「お試し価格 DVD」申込みは 今すぐこちら!
 http://bbtondvd.com (*携帯からのお申し込みも可。)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ビジネス・ブレークスルー大学◆
◆注目のイベントが目白押し!  
  ☆再来場者向けオンライン説明会のお知らせ
  ☆全国説明会大好評実施中!
  ☆1対1で不安を解消!個別相談会実施中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【再来場者】オンライン説明会
【日程】10/01/29(金) 21:30〜22:30
          10/01/31(日)12:30〜13:30

*PCとインターネット環境があればご参加いただけます。
*上記2つの日程は同じ内容となります。ご都合のよろしい日程にご参加ください。

【お申込みは下記より】
・1月29日 https://www.ohmae.ac.jp/bbtu/form/guidance.asp?tfd=1027
・1月31日 https://www.ohmae.ac.jp/bbtu/form/guidance.asp?tfd=1019

────────────────────────────────────
◆全国説明会実施中 説明会参加者には書籍『パスファインダー』をプレゼント!

・10/01/29(金) 19:30〜20:30  富士ソフトビル@秋葉原駅【東京】講師によるミニセミナー付
・10/01/30(土) 10:30〜11:30 名駅モリシタ名古屋駅前中央店@名古屋【愛知】 

・10/01/30(土) 13:15〜14:15 大谷婦人会館@京都駅【京都】
・10/01/30(土) 15:45〜16:45 サムティフェイム新大阪@新大阪駅【大阪】
・10/01/30(土) 18:30〜19:30 三宮研修センター@三宮駅【兵庫】
・10/01/31(日) 11:00〜12:00  富士ソフトビル@秋葉原駅【東京】

お申込みはこちらから  ↓
http://bbt.ac/admission/guidance.html


 ■お問い合わせ先
  ビジネス・ブレークスルー大学設置準備室
  URL:http://bbt.ac
  E-mail:bbtucampus@ohmae.ac.jp TEL:03−5860−5544

 今後、本大学からの案内メールの配信を希望されない方はお手数ですが、
 本メールへ返信の形でご連絡ください。




==================================================================

■□■ 大前 研一 新刊ラインナップ(2008〜2009年)のご案内 ■□■ 
 
==================================================================


http://www.kohmae.com/book/index.html


■『サラリーマン「再起動」マニュアル』(小学館)

■「ロシア・ショック」(講談社)

■「マネー力」               
  資産運用力を磨くにはいまがチャンス!(PHPビジネス新書)
  (2009年1月17日)           

■「知の衰退」からいかに脱出するか?
  そうだ! 僕はユニークな生き方をしよう!!  (光文社) 
  (2009年1月22日)

■「さらばアメリカ」             (小学館)
  (2009年2月6日)


■「グローバルリーダーの条件」 共著    (PHP研究所)
  (2009年4月20日)


■『最強国家ニッポンの設計図』
   〜ザ・ブレイン・ジャパン建白〜    (小学館) 
  (2009年6月1日)


■「大前の頭脳」              (日経BP社) 最新刊!
  (2009年7月20日)


◆…………………………………………………………………………………………
大前通信デジタルEditionを電子書店(パピレス他)で好評発売中!
◆…………………………………………………………………………………………


■ 大前研一通信(デジタルEdition)とは、
詳しくは⇒ http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=8

**電子書店最大手<パピレス>でベストセラーになった作品も好評発売中!!

 ⇒ http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=14


◆………………………………………………………………………………………… 


★☆『大前通信の各サイト紹介』

   
  ◆E-Book(UP DATE!)スタイルは、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=10

  ◆テーマ別バックナンバーセットは、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=11


  ◆大前研一通信(デジタルEdition)ベストセラー作品は、こちら↓ 
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=14


  ◆必見!「ロシア・ショック」映像版 (PPV-DVD)は、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=62
  
  *書店お取扱店舗は、コチラ ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=62


  ◆大前通信保存版「知的武装 金言集Part.2」(好評発売中!)
  【amazon】はこちら  ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=44

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-02  
最終発行日:  
発行周期:月2回、第2・4週  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/01/30

    新郎新婦二回目の共同作業ですw