トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 大前研一通信マンスリーレポート

ビジネス情報、政治・経済、教育、社会問題までを網羅した、会員制の総合情報誌「大前研一通信」のご紹介です。英国エコノミスト誌で5人の「現代社会のグル」に選ばれた大前研一が、毎月最新情報をお届けします。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



大前研一通信マンスリーレポート(VOL.212)

発行日:8/28

…………………………………………………………………………………………

■┓
┗┛◎【耳より情報】 あなたにも隠れた真実が見えてくる!

  1. 今、ご入会の方にチャンス!Wキャンペーン締切間近(8月末まで)!

  2.【E-Book(リニューアル)&CD-ROM縮刷版 限定情報!】

  3.【読んで見て身に付ける!「ロシアショック」DVD 書店でも購入可】


…………………………………………………………………………………………


━〈【恒例】Wキャンペーン締切間近!〉━━━━━━━━━━━━━━━━━


 1.お得なWキャンペーン締切迫る!

【大前研一の発信が丸ごと読める月刊情報誌 】「大前研一通信」では、期間中
に「大前通信」の会員になられた方はもちろん、ご紹介or ギフトいただいた方、
双方様に もれなく「大前研一関連書籍」「大前通信バックナンバー」のいずれ
かをプレゼントするWキャンペーンを好評開催中!(8月末まで!)


 ◆キャンペーンのお申込み、プレゼントは、こちら↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=36

 

 2.【E-Book(リニューアル)&大前通信CD-ROM縮刷版 限定情報!】


 過去の「大前通信」から抜粋した記事を冊子感覚でネット上で閲覧できる
 「E-Bookサイト」をアップデイト! リニューアルしました。

◆「E-Bookサイト」はコチラ! ↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=10

 
 また、気になる記事のチェックや情報整理に役立つ 「大前通信」のほぼ全て
 の編集記事1年分を1枚のCD−ROMに完全収録し、フリーワードでの検索も可能
 な「大前通信CD縮刷版」を会員同様の特別価格にて好評販売中!
      ↓
 *【2003年度・2004年度・2005年度・2006年度・2007年度 各年度版】
 *5年版セット(2003〜2007年度版5枚組)限定販売中!


◆「大前通信CD縮刷版」はコチラ↓

  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=38



 
3.【読んで、見て、身に付ける!限定「ロシア・ショック」映像版 】


■書籍

「ロシア・ショック」大前研一著 (講談社) ↓

   http://www.amazon.co.jp/dp/4062150263


・内容紹介

「今、日本が最も注目すべき国はどこかと聞かれれば、
 私は悩むことなく答えることができる。ロシアである。
 日本人は古いパラダイムのままで「ロシアはけしからん」
と言うのではなく、 ロシアの真実の姿を知り、メンタル・
ブロック(心の壁)を解いて一刻も早く新しいロシア・
パラダイムへの転換を図らなければならないのである。」
 (「まえがき」より)


・目次

<第1部 変貌するロシア>
第1章 プーチンの奇跡
第2章 拡大する市場

<第2部 ロシアン・ビジネス・チャンス>
第3章 愛される日本、出遅れる日本
第4章 二一世紀のIT大国・ロシア

<第3部 世界の潮流とロシア>
第5章 内政・外交の光と影
第6章 ロシアとEU

おわりに 日ロ関係の未来図



■映像版
「ロシア・ショック」映像版 (PPV-DVD) 


■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■

必見!「ロシア・ショック」と併せて見れば、より「ロシア」が理解できる!!

価格:¥1,800 (税別)   発売日: 2008/11/21


 アマゾンで見る ↓
http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=31


*書店取扱いも開始しました!
 取扱店舗は、コチラの書店リストでご確認ください。 ↓
http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=62

■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■  

  

■INDEX   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】大前研一通信 8月号  掲載記事    紹介
【2】大前研一通信 9月号 掲載予定記事   紹介
【3】お知らせ  < 大前グループ >  最新情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】 大前研一通信 8月号 掲載記事  紹介
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------

  なぜ、外交も国防も日本は二流国なのか

               (プレジデント  2009年8月号)
       
----------------------------------------------------------------


              <前略>


「北朝鮮の暴発」に
今、何をすべきか


 このように日米安保の前提条件がまったく変わってしまっているのだ。日本の
目の前にある国防上の脅威は、中国でもロシアでもない。北朝鮮である。日本に
とって明らかなテロリストは北朝鮮、しかもその暴発の脅威、というのが国民の
コンセンサスであろう。日本を射程に収める中距離弾道ミサイル「ノドン」(射
程距離約一三〇〇キロ)は、実戦配備ずみと言われている。

 北朝鮮の核開発を巡る六ヵ国協議の顔ぶれを見ても、抜き差しならない対立が
起きうるのは日本と北朝鮮だけである。ミサイルの射程が届かないアメリカは北
朝鮮に関心はない。核開発問題にしても、兵器として使えるようになるまでには、
まだ五年か一〇年はかかると見ている。北朝鮮も、アメリカをテロの標的にする
のは自殺行為であることはわかっている。

 議長国の中国と北朝鮮とは、そもそも親分子分の閑係だし、ロシアは付き合っ
ておいたほうが得するかもという思惑で六カ国協議に参加しているだけ。北朝鮮
を怖いと思ってはいない。韓国はもともと同胞であり、金大中政権以降は北朝鮮
に完全に懐柔されている。

 つまり、六ヵ国協議の当事国で北朝鮮の脅威に晒されているのは主として日本
で、この限りにおいて戦後初めて日本の国防上、アメリカとは運命共同体ではな
い、という状況が生じたのだ。

 今後、北朝鮮が暴発した場合、日本に中距離ミサイルを撃ち込んできたり、地
方都市を爆撃して撹乱したり、上陸用船艇で日本の海岸に軍隊を上陸させたり、
炭疽菌を持ち込んでバイオテロを引き起こす、といった事態が想定される。その
ときに、果たしてアメリカは日本を守ってくれるのか。

 日米同盟は、そもそも旧ソ連(そして古くは共産主義の中国)を仮想敵として
いて、北朝鮮のような国が暴発することは前提にしていない。日本の国防の基本
線は日米同盟なのだから、北朝鮮を仮想敵とした日米安保がどこまで有効なのか、
ということを明らかにし、明文化しておかなくてはいけない。六月に訪米した韓
国の李明博大統領は、アメリカから「核の傘」で守ってもらう確約を文書でもら
ってきている。アメリカは日本に対して、まだそのような確約をしていない。



              <後略>



 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【2】 大前研一通信 2009年 9月号 掲載予定記事 紹介

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


----------------------------------------------------------------

 「わたしのマニフェスト」を一挙公開

           (nikkei BP net 2009年8月11日号)

 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090811/173831/
                           より
              
----------------------------------------------------------------


              <前略>


私は政党に関係なく、日本を良くしてくれる政治家がいれば誰にでも協力する、
と言ってきている。私が創設した一新塾などでは民主党に行く人が多いが、それ
は民主党が成長しつつあり、大幅な人材不足であるためにそちらにスカウトされ
る卒塾生が多いだけのことである。元祖「無党派」「サイレントマジョリティー
のための国作り」を20年以上にわたって標榜しているので、当然と言えば当然で
ある。

 今回6年を経てこの草案を公開することに決めた理由は、発表されたマニフェス
トを読んで自民党も民主党も中心となるブレインがいないことを痛感したからであ
る。マニフェストである以上はこの国をどうしたいのか、誰の立場に立って、何の
問題をどう解決したいのか、という思想が一貫していなくてはいけない。予算の裏
付けがあるかないか、などと言う批判は枝葉末節である。国民がやろうと思えば、
予算は何とでもなる。そのための政策提言であり、選挙なのだ。

またマニフェストはあらゆる人々に受け容れられるような癒しの言葉をちりばめて
はいけない。少なくとも過去のどこに問題があり、政治はそれをどう変えようとし
ているのかを示さなくてはいけない。その意味では半数近い人々が反対しても、将
来の日本にとって必要と思うことを述べなくてはいけない。いまの民主党みたいに
発表して、反応を見ながら臨機応変に変えていくのは、哲学・思想がもともと欠落
しているからである。少なくとも私のマニフェストに関して言えば、どんな反論が
出ても、(最後の11項目の政策集は除いて)そう簡単には引き下がれないものばか
りだ。

 6年経った今、修正することはないのか、という読者からの(予想される)質問に
関しては、その後の世界情勢と、予想を上回る日本経済の弱体化、などを踏まえて
書いた『最強国家ニッポンの設計図』(小学館、2009年6月発行)をご覧いただきた
い。これが私の私的マニフェスト最新版である。



              <後略>




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【3】 大前グループ 最新情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━‥・
┏┏   ビジネス・ブレークスルー大学
┏  2010年4月開学に向け 設置認可申請中 
             http://bbt.ac/
────────────────────────────
   オンライン・オープンキャンパス開催中!
    http://bbt.ac/aircampus/index.html
────────────────────────────
サンプル講義の視聴、先輩達のサクセス・ストリーと
盛りだくさんのオンライン・オープンキャンパスを体験できます!

オンライン・オープンキャンパス入口は下記になります。
 http://bbt.ac/aircampus/index.html
 
────────────────────────────
   ・‥━━  学 校 説 明 会  ━━‥・
────────────────────────────
大学の概要についてお知りになりたい方、是非ご参加下さい!
◆9月6日(水)19:30〜 東京会場(秋葉原駅徒歩2分) 
 
参加申込は→ https://bbt.ac/form/guidance.asp

*個別相談も実施しています。

────────────────────────────
■お問い合わせ先
 ビジネス・ブレークスルー大学設置準備室
 URL:  http://bbt.ac/
 E-mail:bbtucampus@ohmae.ac.jp TEL:03−5860−5544
──────────────────────────── 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

『大前経営塾、第16期(2009年10月1日開講)』締切は9月16日!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


大前経営塾とは・・・
日本企業の最重要課題や経営者として求められる能力について、大前や
経営者による講義を映像で受講しその内容を徹底的に議論し、経営者と
しての<総合的な視点、思考力、コミュニケーション力>を身につけて
いくプログラムです。

【特典】としてお届けする手のひらサイズの“gigabeat(東芝)”があ
れば、通勤中でも学習可能です。

経営者、経営者を目指す方、企業の経営幹部の方必見!海外からの受講
も可能です!


詳細はこちら:http://www.bbt757.com/keiei

──────────────────────────────────


■┓グローバルに活躍したいなら必見!
┗┛船川淳志のセミナー映像(100分)がたったの1,575円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大前研一+船川淳志氏の対談本
「グローバルリーダーの条件」の出版記念セミナー
『世界で活躍するために、何が必要か』。

圧倒するプレゼンテーション・ファシリテーションスキルで
定評がある船川氏は

講演中、会場を巻き込み、惹きつけながら

・個人のグローバル化の必要性
・グローバルで活躍するために必要なもの
・大前学長の人柄が伺える「グローバルリーダーの条件」出版秘話

などを、気迫を込めて語りました。

この船川氏のセミナー映像が、
今なら1,575円で1年間見放題です!


▼映像詳細▼----------------------------------------------

タイトル: 船川淳志「グローバルリーダーの条件」出版記念セミナー
     『世界で活躍するために、何が必要か』記録映像
                    5月22日(金)収録
視聴時間: 100分
付属  : 当日のプレゼンテーションスライド(PDF)
視聴期間: ご購入日から1年間(繰り返し視聴可)
視聴料 : 1,575円
購入サイト:
https://www.bbt757.com/svlShop/cart.do?code=d619e6da0ec7067b3d829cee1e2c9cb821eef4bd4d6c8af3c7a6c50362ebf5f7

★BBTIDをお持ちの方は、必ずIDとPWを入力し、ログインしてから
 ご購入ください

視聴方法: 決済完了後、メールで通知いたします。

パソコン推奨環境: http://www.bbt757.com/ac/bbl_require.asp
動作テスト : http://www.bbt757.com/ac/movie_test.asp
スピードテスト : http://www.bbt757.com/bb/support/speedtest.html

★パソコン推奨環境・動作テストで動画をご覧いただけることを
 必ず事前にお確かめください。

----------------------------------------------------------

当日の写真&参加された方から寄せられたご感想は
PEGLブログで公開中です!
http://ameblo.jp/pegl/day-20090528.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ボンド大学大学院ビジネススクール BBT MBA
【全豪トップ】×【大前研一】= 世界で戦える力を鍛える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇「囚人と看守」という禁断の心理学実験をご紹介します。

"何人かの被験者を集めたうえで、「今から刑務所の環境
改善のポイントを探るための実験を行います。そのために、
実験室の中に擬似刑務所を作ります」と伝えたうえで、
被験者を看守役と囚人役に分け、その役割を演じてもらう。

そうすると、何日か実験を続けるうちに、看守役をやって
いる人たちはだんだんと偉そうになり、囚人役の人たちは
だんだんと服従的になってくる。

つまり、もともとのパーソナリティにかかわらず、自分が
看守グループに所属していると、無意識的に看守っぽく
なってしまい、囚人グループに所属していると囚人っぽく
なってしまうのである。これを「役割性格」と呼ぶ。

無意識的に組織における自分の役割イメージを、その通り
演じようとする行動を取ってしまうのである。"

「役割性格の打破が再発展の鍵となる」より
 川上真史 ボンド大学准教授(組織人事担当)
-------------------------
もし、自分を変えようと思ったら、現在の「役割性格」を
作り出しているであろう「環境」を積極的に変える事です。
        
大前研一は
[人間が変わる方法は3つしかない」といいます。

・1番目は時間配分を変える。
・2番目は住む場所を変える。
・3番目はつきあう人を変える。

そのための具体的ヒントを7日間に渡って解説します!

▼7日間読み切り<【無料】MBAメールセミナー>
 http://www.bbt757.com/bond/mseminar.htm


==================================================================

■□■ 大前 研一 新刊ラインナップ(2008〜2009年)のご案内 ■□■ 
 
==================================================================


http://www.kohmae.com/book/index.html


■『サラリーマン「再起動」マニュアル』(小学館)

■「ロシア・ショック」(講談社)

■「マネー力」               
  資産運用力を磨くにはいまがチャンス!(PHPビジネス新書)5刷出来!
  (2009年1月17日発売)           

■「知の衰退」からいかに脱出するか?
  そうだ! 僕はユニークな生き方をしよう!!  (光文社) 7刷出来!
  (2009年1月22日発売)

■「さらばアメリカ」             (小学館) 3刷出来!
  (2009年2月6日発売)


■「グローバルリーダーの条件」 共著    (PHP研究所)好評発売中!
  (2009年4月20日発売)


■「大前の頭脳」              (日経BP社) 最新刊!
  (2009年7月20日発行)


■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■


■『最強国家ニッポンの設計図』
   〜ザ・ブレイン・ジャパン建白〜  (小学館) 好評発売中!
  
 (5月29日発売)

・内容紹介

 「SAPIO」好評連載が大幅加筆でついに単行本化!
 シンガポールや台湾の国家アドバイザーとして国家建設に携わった大前研一が
 「日本立て直しプランの集大成」と位置づける一冊。一院制と国民投票を導入す
 る政治システム、産業発展と地方復活を実現する道州制、所得税、住民税、相続
 税・贈与税をすべてゼロにする全く新しい税制、アクティブで安心できる老後を
 可能にする新・2階建て方式の年金など、既存の政党や政府、論客とは全く異な
 る国家ビジョンは斬新 さが際立つ。さらに本書では、政策の細目をまとめる新
 しい国家シンクタンク設立も 提唱する。これを実践する政治家は現われるか!?


*下記、サイトより、アマゾンにて購入可!! ↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4093897166/theohmaerepor-22


■■━━━━▼▽━━━━▼▽━━━━━▽▼━━━━▽▼━━━━■■

………………………………………………………………………………………………


◆…………………………………………………………………………………………

【新セット・改定版追加!】大前通信テーマ別バックナンバーセット限定情報

◆…………………………………………………………………………………………


毎号の大前通信から興味深いものをテーマ毎にセグメントパッケージ化した
◆会員限定テーマ別バックナンバーセット(送付版)を好評発売中です!


◎このメールをご覧の方でまだ大前通信に入会されていない方にも「テーマ別
バックナンバーセット」を会員同様の特別価格でご提供します。


 この機会に、気になるテーマの大前通信をまとめ読みされてはいかがですか!


 ◆テーマ別バックナンバーセットは、こちら ↓
   http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=85

 <<新セット紹介>>
  *【世界の真実(中・日・露・米 編)セット】

   大前研一が、中国、日本、ロシア、米国の各国の現状を踏まえ、それぞれの
   国の進むべき方向性や、それらの国に対して日本として取るべき戦略を説い
   た「真実」シリーズのセット。今後の世界経済の動向を捉えたい方に最適な
   セットです!
  

**他にも充実のラインナップが、改定版も追加して揃い踏み!

⇒ http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=11




◆…………………………………………………………………………………………
大前通信デジタルEditionを電子書店(パピレス他)で好評発売中!
◆…………………………………………………………………………………………


■ 大前研一通信(デジタルEdition)とは、
詳しくは⇒ http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=8

**電子書店最大手<パピレス>でベストセラーになった作品も好評発売中!!

 ⇒ http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=14


◆………………………………………………………………………………………… 


★☆『大前通信の各サイト紹介』

   
  ◆E-Book(UP DATE!)スタイルは、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=10

  ◆テーマ別バックナンバーセットは、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=11


  ◆大前研一通信(デジタルEdition)ベストセラー作品は、こちら↓ 
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=14


  ◆必見!「ロシア・ショック」映像版 (PPV-DVD)は、こちら ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=62


  ◆大前通信保存版「知的武装 金言集Part.2」(好評発売中!)
  【amazon】はこちら  ↓
  http://daikoku.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=Me3m7xLr&ai=44


最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. どこのテレビ局のコメンテーターと呼ばれる方より、断然わかりやすいと毎回思っております。

     2009/8/29

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/26
    読者数:
    13244人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    4455人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  3. 地球の歩き方WEB通信

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    2500人

    「地球の歩き方」の新刊案内はもちろん、海外格安航空券&パッケージツアー情報からホームページの人気コンテンツ紹介など、最新の海外旅行情報をお届けします。

  4. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/05/07
    読者数:
    17029人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  5. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/29
    読者数:
    24278人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析