住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2002/09/12

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★     

     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
                    2002年9月12日発行

●マンションの設備はどのくらいのものが妥当? 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●知らないと損!!
 ファイナンシャルインテリジェンスを身につけるには
 一体どうしたらよいのか?
 http://www.sakurajimusyo.com/semifin1.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●不動産投資セミナー 不動産投資入門
 http://www.sakurajimusyo.com/seminor11.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●マンションの設備はどのくらいのものが妥当? 

◆ ご質問 ◆
投資用マンションを探し始めました。
いくつかの物件を見比べてみると、物件や、物件を供給する企業により
マンションの設備面に大きな違いがあるようです。
どの程度のグレードが、投資用マンションにふさわしいのでしょうか。 

◆ ご回答 ◆
投資マンションにどの程度のグレードが必要であるかは、
考え方の違いもあり一概に言えません。
ただ、設備といってもさまざまなものがありますが、
利回りとの兼ね合いはあるものの
設備はグレードが高いものに越した事はありません。

投資マンションは「 利回りとの戦い」 であり、
「 老朽化とメンテナンスとの戦い」 です。

1 入居者が快適に過ごせて
2 メンテナンスが容易で
3 老朽化を極力防げる

マンションが理想です。

例えば、外壁はモルタルよりタイル張りのほうがメンテナンス性に優れ、
外観に配慮しているといわれています。
壁や床の厚みや工法は、音漏れを極力防いで居住者のプライバシーを守ると
いう観点から重要なポイントとなり得ます。室内の各種設備については、
過剰になる必要はありませんが、入居者の快適な居住を促す設備は
入居率の観点や、入居者層の選別の観点からも重要なポイントです。
グレードが高いマンションを選択するという考え方は、
中長期的な視点に基づくものです。 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「不動産の達人」サービス あなたはどれを選ぶ?
http://www.sakurajimusyo.com/tatujin.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@sakurajimusyo.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。