住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2002/07/24

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★     

     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
                    2002年7月24日発行

■土地の価格はいろいろあるの?

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●不動産投資について勉強する!! 締め切り間近 in 大阪!!
 http://www.sakurajimusyo.com/exceed.html

●不動産投資について真剣に勉強したい方に限定
 http://www.sakurajimusyo.com/exceed.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

■土地の価格はいろいろあるの?

≪ ご 質 問 ≫

土地の価格には、公示価格、路線価、固定資産税評価額といろいろあるよう
ですが、どのような違いがあるのですか?

≪ ご 回 答 ≫

土地の価格には、売買の参考の為、税金を課税する為、幾つかの算定が
されています。以下の4つが代表的な価格です。

【公示価格】
  国(国土交通庁)が、毎年1月1日時点の地価を、3月下旬に発表するものです。

【基準地価】 
  都道府県が、毎年7月1日時点の地価を9月下旬に発表するものです。

 ※【公示価格】【基準地価】とも主な地点については新聞に掲載され、
  また各市町村の役場に備え付けられております。

【路線価】
  国税局が相続税や贈与税を課税するために、土地の評価額を算定するもので、
  公示価格の約8割の水準とされており、全国の税務署でだれでも閲覧できます。
  
【固定資産税評価額】
  各市町村が固定資産税の課税のために、3年に1度その年の1月1日
  現在の土地の評価をするもので、公示価格の約7割の水準になっています。

注)実際の売買価格を決める時の【実正価格】は、実は上記価格と異なります!!
  例えば・・・
   1.価格を算定する時期
   2.近隣の売買状況(需要と供給)
   3.近隣の販売棟数
   4.賃貸価格との比較
   5.物件の状況  etc
  不動産の価格は一概には決められません。上記の価格は、あくまでも
  参考価格です。売買価格を決める場合は、しっかりとした調査が必要
  です。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「不動産の達人」サービス あなたはどれを選ぶ?
http://www.sakurajimusyo.com/tatujin.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@sakurajimusyo.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。