住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/12/16

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★     

     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
 ★買付証明書の効き目★   

                    2001年12月16日発行
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〜買うべきか買わざるべきか〜 今後の不動産市況を読む
http://www.sakurajimusyo.com/seminor2.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆質問◆
都内に住む○○と申します。宜しくお願いたします。
先日家族で不動産屋さんに赴き、中古住宅を見てきました。
何件か見た中で気に入ったものがひとつあり、あれこれと迷っていると
「買付証明書」を書くように、不動産屋さんに言われました。
この「買付証明書」とは、どの程度効力のあるものなのでしょうか?

◆回答◆

 不動産の達人 不動産調査のさくら事務所です。
ご質問にお答えします。
「買付証明書」とは
1 契約前に
2 契約をしたいという意思表示を
3 書面で行なうもの
です。つまり
(1)買付証明の段階では契約に至っていない
(2)契約をするまでは法的拘束力は発生しない
という事になります。
判例でも、買付証明が契約と認められた前例はありません。
(前例がないだけですから、状況の相違によっては認められることも
 あるかもしれませんが・・・)
この買付証明を持って、不動産屋さんは売主さんの元へ条件交渉に走ります。
ここで条件がまとまれば売主は「売渡承諾書」を書くのが通例です。

いくら法的拘束力がないとはいえ、簡単な気持ちで「買付証明書」を書いて
あとで断るというようなことは避けたほうがよいでしょう。
また、不動産屋さんのほうから、「とりあえず買付証明を書いてください」などと
軽いノリで言われる事もありますが、これは無視して構いません。
このような業者に限って「買付証明書を書いたのだから断れませんよ」などと
ユーザーの無知に付け込んでくるケースがあるからです。
倫理観やユーザーへの姿勢が欠如しているこのような業者さんとは
お付き合いしないほうが懸命です。

このメルマガは、不動産業者の方が多く購読しています。
社員の教育材料に使っていらっしゃる業者さんもあるようです。
くれぐれも、上記のようなセリフはお吐きになりませんよう。

長嶋 修
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●「不動産の達人サービス」 あなたはどれを選ぶ?
http://www.sakurajimusyo.com/tatujin.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@office-sakura.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん まぐまぐを
利用して発行しております。
http://www.mag2.com
登録 解除は
http://www.kaijo.com

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。