住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/10/30

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
 ★VOL.40 売主の信用調査★   

                     2001年10月30日発行
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
● これを知らずにマンションを買うつもりですか?  
     http://www.sakurajimusyo.com/seminor.html
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回はなんだか宣伝のようになってしまう回答ですが、ご容赦下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆質問◆ 
さくら事務所様、はじめまして。神奈川に住む29歳の主婦です。
先日不動産を見に行き、はっきり断らない(断れない)自分達も悪かったのですが
「家に帰って検討します」と不動産屋さんに伝えたところ、
「とりあえず物件を止めておくために」という事で、申込書にサインしました。

帰宅後家族で話し合った結果、購入しない事に決め、翌日その旨不動産屋さんに
伝えたところ、それまでは紳士的な対応をしてくれ、感じのよい営業の方だったの
ですが、急に人が変わったようになり
「ここにお宅のサインがある。今さら申込みはキャンセルできない。」
と言われました。

今後、どのように対処したらよろしいでしょうか?

◆回答◆

結論から申し上げます。
「申込み」はキャンセルできます。あなたにペナルティーは一切ありません。
契約書に記名・押印してしまったらもちろんキャンセルできませんが、
「申込み」というのは契約前の予約に過ぎないのです。
ましてや「とりあえず物件を止めておくために」との不動産業者のすすめで
申込みしたわけですから、あなたが「買わない意思表示」をすればそれで終わりです。
このケースでは、意思表示の手段として特に書面など必要なく、
「買いません」と口頭で言えば終わりです。

裁判の判例でも、過去に「申込み」や「買いつけ証明書」の段階で契約成立が
見とめられた例はありません。
「あなたが無知だったら、あわよくば付けこもう」と思っているだけです。

長嶋 修
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●「不動産の達人サービス」 あなたはどれを選ぶ?
http://www.sakurajimusyo.com/tatujin.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@office-sakura.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん まぐまぐを
利用して発行しております。
http://www.mag2.com
登録 解除は
http://www.kaijo.com
マガジンID: 0000056666

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。