住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/07/30

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.32  不動産業者に信頼感を持てない★   
               2001年7月30日発行
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●長嶋 修 の 「 不動産 言いたいホーダイ!」 
衝撃的映像!! マンション編 こんな工事が許されていいのか??
http://www.sakurajimusyo.com/iitai18.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●「不動産の達人」が現場をチェックします!!
http://www.sakurajimusyo.com/bukkencheck.html

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

◆質問◆
「マンションを購入する際の手付金は物件の価格の2割まで」
ときいていますが、入居約1年半前に契約を急がして
モデルルーム見学から合同契約会まで1週間あまりで2割全額の手付金を
請求されるのは一般的に信用できる不動産業者でしょうか?
 また担当の営業マンは申し込み前の段階ですが、
説明すべき事項を忘れてたり、物件の仕様を間違えたりした事も
ありました。
物件は気に入ってるのですが、不動産業社に疑問点が生じています。
どのようにすればよいでしょうか?

◆回答◆
 売主が不動産業者である場合の手付金の最高限度額は
販売価格の2割までと定められており、買主が売買契約後に
契約を解除する時には、これを放棄しなければなりません。
 買主からすれば、小額の手付金であれば解除もしやすいと
いうことになりますから、買主の真意を確認する意味と
契約解除の時の損害の保険の意味とで、不動産業者が
できるだけ多額の手付金を要求してくるのは当然だと思います。
 これといった理由もなく、突然、契約を解除する買主も
少なくないからです。
 
 メールを読んだ限りでは、特別、悪質な業者だとは思いません。
一般的な業者と、説明不足の未熟な営業マンといった印象です。 
 しかし、現時点で不動産業者への信頼に疑問符がついて
いらっしゃるのなら、慎重になられたほうがよろしいでしょう。
不安を抱えたまま、1年半も過ごすことはありません。

 まず、不動産業者に営業担当者を変えてもらって下さい。
それだけで不動産業者に対する印象が、変わるでしょう。
それから、不動産業者の業績や、経営状態をみて
物件の完成前に倒産する可能性がないか調べてみて下さい。

 それから大切なことですが、
必ず重要事項説明書の不明な点をなくして、
十分に理解・納得した上で契約に臨んで下さい。
 
 満足のいく買い物になりますよう願っております。

長嶋 修
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@office-sakura.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん まぐまぐを
利用して発行しております。
http://www.mag2.com
登録 解除は
http://www.kaijo.com
マガジンID: 0000056666

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。