住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/07/09

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●誰のアドバイスが正しいのか?       
 一般購入者に対して、真実をありのままに話しアドバイスが出来る
コンサルでありたい、本当の意味での水先案内人でありたいという
願いから、さくら事務所は生まれました。 
不動産という、失敗できない大きな買物には、客観的なアドバイスが
出来る不動産のプロが必要です。
不動産調査 さくら事務所は、あなたの立場に立てる、
完全独立系のコンサルティングアドバイザーです。
http://sakurajimusyo.com/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.30  プロのモデルルームの見方★   
               2001年7月9日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
●さくら事務所の長嶋です。
「スーパーTV 情報最前線!」の反響で、新築マンションの調査依頼・
物件チェック依頼が急激に増えたのですが、皆さんとお話していく中で
気になる事がありますのでお話します。
モデルルームの見方についてです。
(今回は別のメルマガ「お勉強しましょ! 不動産売買」と
 内容がダブっておりますがご容赦下さい。)
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
◆「プロのモデルルームの見方」◆
 新築マンションのモデルルームで、プロは設備などあまり気にしません。
いずれは陳腐化していく設備より、基本構造部分や地盤対策
(人で言えば骨組みや筋肉にあたります)を重要視します。

 販売センターでは社員の知識や態度を見ます。
教育がなされていない、勉強していない社員を配置する会社には、
それ以外に問題がある場合も多いのです。

 現地では施工状況等が大切です。整理整頓具合ひとつ見れば、
仕事に対する姿勢や、管理の徹底度をはかる事が可能です。

 売主や施工会社の営業実績・財務内容・技術・特色・既購入者への
ヒアリングなども怠ることができません。

 また、その土地は以前どの様に利用されていたのか?
地盤・浸水の害・騒音その他の施設は? 近隣の建築計画は? 
その他環境に影響を及ぼす状況は?
周辺住民の家族構成やつきあいは?等々と続きます。

これらを知るには販売センターでは足りず、周辺住民や購入者への聞き込み・
法務局・市区町村役場・都道府県庁等での調査が必要になります。
設備面等のチェックは一番最後です。

長嶋 修
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産の達人 不動産調査 さくら事務所
http://sakurajimusyo.com
webmaster@office-sakura.com

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん まぐまぐを
利用して発行しております。
http://www.mag2.com
登録 解除は
http://www.kaijo.com
マガジンID: 0000056666

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。