住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/07/01

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
■お勉強しましょ! 不動産売買■    
2001年7月2日 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
●1年間無料のレンタルサーバー
 http://office-sakura.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
●さくら事務所の長嶋です。
スーパーテレビの反響は、それは凄まじいものがありました。
放映中から電話が鳴りっぱなしで、私を含めスタッフは対応に
追われっぱなしで、オンタイムでTVを見ることが出来ませんでした。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
 今回はローン事務手数料についてご説明します。
ここでいうローン手数料とは、不動産業者に支払うもので
銀行に支払うローン事務手数料とは別です。

読者からの質問です。
◆質問◆
住宅を売却し中古住宅を購入する予定です
不動産業者に必要な費用を最終確認したところ、仲介手数料とは別に、
ローンの手数料が10万円欲しいと言われました。
(銀行に支払う手数料とは別です。)
業者に質問したところ、通常は5万円くらい(自己資金2、3割ある場合)で、
私の購入金額は3,980万円にたいし、3,900万円借りるように
ローンづけをしたため。と言うような返事でした。

 また、私の売却物件の買主は購入金額以上の借り入れのため、
(売値2,480万円借り入れ2,600万円)
15万円請求する予定との返事でした。

 このような手数料は通常良くあるものなのでしょうか?
また、支払うべきものなのでしょうか?
いろいろ調べてみましたが、このような例が見つからなかったので、
質問させていただきました。

◆回答◆
不動産調査 さくら事務所の長嶋です。
ご質問にお答えします。

1 不動産業者の提携ローンを利用する場合
2 不動産業者にローン申込み手続きをお願いする場合
には、必ずといって良いほど、ローン手数料を請求されます。
3%+6万円を上限とする仲介手数料とは別に、
不動産業者がローン手数料を受取る事は、
宅地建物取引業法上は問題ありません。

しかし、実質3%+6万円を超えてしまうものとして問題視はされております。
この考え方では、仲介というサービスの中にローン手続きは含まれないという
解釈になるからです。

購入前に費用の計算をしていただきませんでしたでしょうか?
「諸費用として、登記料いくら・仲介料いくら・合計でいくら」と
かかる費用をあらかじめ算出してもらうのが普通です。
ローン手数料について、説明を全くお受けになっていらっしゃらない場合には
その旨主張するべきかと存じます。

お答えになりましたでしょうか?
今後共さくら事務所をよろしくお願い致します。

長嶋 修
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
不動産調査、アドバイス、契約立会いなどのサービスの提供の他、
メールによる相談も行っております。

不動産調査さくら事務所
http://www.sakurajimusyo.com
office-s@japan.interq.or.jp

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
このメールマガジンは、インターネットの本屋さん まぐまぐを
利用して発行しております。
http://www.mag2.com
登録 解除は
http://www.kaijo.com
マガジンID: 0000056666

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。