住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/04/09

★土地・建物を購入しようと思ったら・・絶対に事前調査が必要です。
大きい買い物ですから、くれぐれも軽く考えないようにして下さい。
さくら事務所のサービスは・・不動産調査・契約立会い・決済立会い
契約書類チェック・・等、充実した内容です。ぜひご利用下さい。
           http://www.sakurajimusyo.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
★VOL.19 購入した物件が私道に面しているんだけど・・・★   
                 2001年4月9日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
★建築基準法では、建築物の敷地は4メートル以上の幅員のある道路に
2メートル以上、接していなければならないという規定があります。
ただし、周囲に広い空地があり、安全上支障がないと認められる場合は、
この限りではありません。(建築基準法・43条)
今回の質問は、接する道路が私道で法律上では道路として扱われないため、
但し書きの「周囲に広い空地がある」ことを理由に、
43条許可を申請し、建築許可を取ろうとお考えの方からです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

■質問■
先日、地元不動産会社と土地の売買契約をしました。
その時の重要事項説明で、私の契約した土地の横の道が、
私道(神社の名義らしい)であるということをいわれました。
しかし、不動産会社いわく
「43条許可申請をとれば大丈夫!」
とのことだったので契約しましたが、今になって不安になってきました。
43条許可申請をとれば、永久にその私道(神社の名義らしい)は
道路として使えるのでしょうか?
またその申請はどういったものなのですか?

■回答■
ご質問にお答えします。
 
43条但し書き道路は、建築のたびに市区町村に許可が要る特殊な道路です。
永久に使う事は出来ません。
 
以前は但し書き道路を適用して建築が出来たものが、
あらためて申請してみると許可にならず、建築物の建築が出来ない
というケースはたくさんあります。
 
また、私道の持分は必ず持ってください。法的に不利です。
さらに、他の持分を持っている方の承諾書も必要になります。
 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
★私道のために道路として扱われなかったとしても、前述したように、
周囲に広い空地があれば、例外として建築許可が下りる場合があります。
しかし、将来、建てなおす事になった時に、その空地に家が建つなどして
空地として残っていなかったら、建築許可が下りなくなってしまい、
結果として建替えることが出来なくなってしまいます。
もともと、私道には特別な法律がなく、何かともめることも多いのです。
地役権の設定・私道を共有部分登記など、
事前に、書面による明確な取り決めを行なう事が重要です。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
★このメールマガジンは、以下のインターネットサービスを利用して
 発行しています。
 『まぐまぐ』 ( http://www.mag2.com/ )
 『メルマ』  ( http://www.melma.com/ )
 『Pubzine』  ( http://www.pubzine.com/ )
 『マッキー!』( http://macky.nifty.com/ )
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
Copyright(C), sakurajimusyo.com, 2000 無断転載禁

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。