住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/03/25

★土地・建物を購入しようと思ったら・・絶対に事前調査が必要です。
大きい買い物ですから、くれぐれも軽く考えないようにして下さい。
さくら事務所のサービスは・・不動産調査・契約立会い・決済立会い
契約書類チェック・・等、充実した内容です。ぜひご利用下さい。
           http://www.sakurajimusyo.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.17 この条文って・・・?!★   
                2001年3月26日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
★そう何度も買うものではない不動産・・・契約書の条文が、
自分にとって不利なのか有利なのか、一般的な例に照らし合わせて
判断することは、大変難しいことでしょう。
今回の相談は、「気になる契約書の条文」についてです。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
■質問■
 契約を予定しています。
物件は保留地で、すぐには所有権移転登記の出来ない物件ですが、
全国的にこうした凡例があるらしく、売主の組合を信用するしかないと
結論に到っています。
 現在、見本の契約書を送ってもらい検討中ですが、
条文の最後に
 「この契約並びにこの契約に関する文書について疑義があるときは、
乙(当方)はすべて甲(組合)の解釈に従うものとする。」
 と言う文章があります。
こうした文章は一般的に附加されるものでしょうか?
素人の我々には問題はないように思えるのですが、
細かな解釈の違いが出てくる恐れがあるでしょうか? 
買主には全て統一のこの契約書が使われるそうです。

■回答■
 お答えいたします。
契約関係書類全てを拝見しないと何ともいえませんので
一般的なお話ですが、
「この契約並びにこの契約に関する文書について疑義があるときは、
乙(当方)はすべて甲(組合)の解釈に従うものとする。」
という条文では、万一なにか問題があっても、
全ては売主の見解に従うという約束を交わしているわけですから、
売主にとってあまりにも有利ですね。
保留地の売買は、段階によっては確かに所有権移転が出来ませんので
そのあたりは構わないと思いますが、不動産取引全般について、
売主の解釈に従うというのはいかがなものかと思います。
細かな解釈の違いが出てくる恐れがあるかどうか、と聞かれれば、
「可能性はあります」と答えざるを得ません。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
★保留地自体が危険な物件であるとは思いません。
それよりも、契約書に納得しかねる条文があるということが、問題です。
契約書に記載されていることは約束事ですから、契約した後で、
「そういうつもりじゃなかった」ではもう遅いのです。
このご相談のような条文では、何かあった時に、
買主にとって不利に働くのは明白です。
やはり、不安要素は極力退けてから契約に臨みたいものです。
そのためには、こちらの要望をよく整理した上で、冷静な態度で
ストレートに売主に伝えることが、大切です。
契約書の内容についても、よく吟味し、場合によってはこちらから、
変更を要求することも必要なことなのです。
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
★登録と解除は、こちらでお願いいたします。
 『まぐまぐ』 http://www.home-knowledge.com/ml_link/magmag.html
 『メルマ』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/melma.html
 『Pubzine』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/pubzine.html
 『マッキー!』http://www.home-knowledge.com/ml_link/macky.html
//////////////////////////////////////////////////////////////////////
★このメールマガジンは、以下のインターネットサービスを利用して
 発行しています。
 『まぐまぐ』 ( http://www.mag2.com/ )
 『メルマ』  ( http://www.melma.com/ )
 『Pubzine』  ( http://www.pubzine.com/ )
 『マッキー!』( http://macky.nifty.com/ )
///////////////////////////////////////////////////////////////////////
Copyright(C), sakurajimusyo.com, 20001無断転載禁

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。