住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/02/16

★土地・建物を購入しようと思ったら・・絶対に事前調査が必要です。
大きい買い物ですから、くれぐれも軽く考えないようにして下さい。
さくら事務所のサービスは・・不動産調査・契約立会い・決済立会い
契約書類チェック・・等、充実した内容です。ぜひご利用下さい。
           http://www.sakurajimusyo.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.13          高圧送電線は有害なの?!★   
               2001年2月16日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
★みなさんのお住まいの近くには高圧送電線がありますか?
高圧送電線については、いろいろな悪影響がささやかれていますが、
どれも噂の域をでていないようです。今回の質問は、高圧送電線の
すぐ隣の土地の購入をお考えの方からです。
////////////////////////////////////////////////////////////////
■質問■
今回土地を購入するにあたって、ひとつ気になる事があります。
すぐ隣の区画に高圧送電線があります。(275.000ボルト)
このような場所に家を建てても日常生活に支障はないのでしょうか?
体への影響はどうでしょうか1?
土地の何坪かが地役権で工作物の設置もできません。
土地としての価値はどうでしょうか?
 よろしくお願いします。

■回答■
 高圧送電線に関しましては、人体への影響が危惧されて
おりますが、はっきりとしたデータが少ないのが現状です。
電力会社の発表によりますと、高圧送電線からでる電磁波は
微量で、人体及び日常生活に対する影響はないということですが、
それが信用できるかどうかの判断は、各個人によりさまざまでしょう。
ただ、電磁波は、距離が遠い程、影響が少なくなりますので、
高く離れたところを通っている送電線よりも、
電子レンジやドライヤーのような家電の電磁波のほうが、
何十倍もの威力を持つようです。
 
 地役権付きの土地につきましては、当然、価値が下がります。
しかし、その分、もともとの価格が安くなっているはずです。
詳しい事情がわかりませんので、何ともいえませんが、
地役権がついている事によって生じる不自由さと、価格とを
秤にかけて結論をおだしになってはいかがでしょうか。

 現在、お悩みになっていらっしゃるように、買主にとっては
高圧送電線や地役権は、購入の判断に関わるような問題です。
将来、物件を売るようなことになった時にも、
同じような理由で、売買が滞ることも十分考えられます。
その点につきましても、よくお考えになって下さい。
///////////////////////////////////////////////////////////////////
★高圧送電線の影響で小児ガンが誘発されるとか、生殖機能に影響が
生じるとか、ショッキングな調査結果が以前に発表されたこともあり、
不安に思う生活者の方も多いようです。しかし、それらの発表が
その後の研究で、研究そのものに対しての問題点を指摘されたり、
調査結果そのものを否定されたりしています。
パソコンや携帯電話など便利な電気製品が増加し続けていくなか、
電磁波とはどういうものなのか、どう対応していくべきなのか、
全ての人が真剣に考えていくべき時でしょう。
///////////////////////////////////////////////////////////////

★登録と解除は、こちらでお願いいたします。
 『まぐまぐ』 http://www.home-knowledge.com/ml_link/magmag.html
 『メルマ』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/melma.html
 『Pubzine』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/pubzine.html
 『マッキー!』http://www.home-knowledge.com/ml_link/macky.html
//////////////////////////////////////////////////////////////
★このメールマガジンは、以下のインターネットサービスを利用して
 発行しています。
 『まぐまぐ』 ( http://www.mag2.com/ )
 『メルマ』  ( http://www.melma.com/ )
 『Pubzine』  ( http://www.pubzine.com/ )
 『マッキー!』( http://macky.nifty.com/ )
/////////////////////////////////////////////////////////////
Copyright(C), sakurajimusyo.com, 2000 無断転載禁

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。