住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2001/01/25

★土地・建物を購入しようと思ったら・・絶対に事前調査が必要です。
大きい買い物ですから、くれぐれも軽く考えないようにして下さい。
さくら事務所のサービスは・・不動産調査・契約立会い・決済立会い
契約書類チェック・・等、充実した内容です。ぜひご利用下さい。
           http://www.sakurajimusyo.com
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.11  倒産が心配?!★   
                2001年1月25日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
★家を購入することになったけれど、もし不動産業者が建築途中で
倒産してしまったら・・・金額が大きい買い物だけに、考えれば
考えるほど、不安は膨らみます。
/////////////////////////////////////////////////////////
■質問■
 貴社のホームページを拝見し、いてもたってもいられなく
ご相談させていただきます。
不動産業者とのプランもほぼ固まり、住宅金融公庫にローンの申請を
すぐに出す状況です。そこで質問なのですが・・・
対象となる不動産業者を調査したところ、下請けに対しての支払いが
現金⇒手形になっています。
住宅の契約後、不動産業者が倒産した場合・・・
着工中の家と借入をしたローン支払いはどのようになるのですか?
とても不安で印鑑が押せない状況です。

誠に申し訳ございませんが力をおかしいただければ幸いです。
宜しくお願い致します。

■回答■
 ご質問にお答え致します。

 頂いたメールから推測いたしますと、不動産業者が
売主であると思いますので、そのような前提でお答え致します。
 通常、残金の支払いと物件の引渡しは同時ですから、
ローンで借り入れた金額はもちろん、代金は手付金を除いて
着工中の不動産業者の手には渡っていません。
着工中に業者が倒産した場合は、契約の不履行となりますから
契約を解除すれば良いのです。

 手付金については以下の通りです。
 業者が売主となる未完成物件の売買は、手付金の額が
1000万円超であるか代金の100分の5を超える場合
その手付金に対して保全措置を講じなければなりません。
 万が一倒産しても、銀行または保険事業者から
手付金の全額が戻ってきます。
 手付金が1000万円以下(または100分の5以下)の
場合には、この保全措置を講じる義務がなくなりますが
不動産業者は、その規模に応じた金額を、あらかじめ
供託という形で準備してあり、顧客の損害は、そこから
賠償を受けることができます。
 (営業保証金制度または保証協会による弁済業務制度)
規模に応じた金額というのは、事務所の数による計算です。
簡単にいうと、事務所が1個所なら1000万円、あとは一箇所
増えるごとに500万円が加算されます。
ただし、その範囲内での賠償ですから、損害を受けた顧客が
多ければ全額は取り戻せないということもありえます。
参考 Q&A 手付金
http://www.sakurajimusyo.com/qatetuke.html

また、引渡後の倒産による瑕疵担保責任の所在の不安を解消するために、
また、建築途中の業者の倒産など、万一のことに備えるために、
住宅保証機構の保証を付けておく事をお薦めします。
住宅保証機構の保証を付けるためには、その業者が住宅保証機構に
登録されていることが必要になります。詳しくはさくら事務所の
ホームページを参考になさって下さい。
http://www.sakurajimusyo.com/hosyo.html
お役に立てましたでしょうか?
不動産業者が倒産するようなことがなく、ご希望通りの
お住まいを手に入れられますように願っております。

///////////////////////////////////////////////////////
★この相談者の方のように業者が売主の新築分譲ではなく、
土地のみを購入して建築を業者に請け負わせる場合は、その業者の
経営状況が重要な問題となります。前払い金が戻ってこない可能性が
生じるからです。また、もし無事に完成しても手抜き工事等が
発覚した際に、修理請求をする相手方がいなければ仕方がありません。
 また、いわゆる悪徳不動産屋にだまされないためには、頻繁に社名を
変更したり、頻繁に事務所を引越している業者には注意を払いましょう。
行政の指導歴をチェックすることも有効です。
 さらに申し上げれば、大手といえど実際の建築現場は、
地元の中小業者に任せているのが実情です。
//////////////////////////////////////////////////////////////

★登録と解除は、こちらでお願いいたします。
 『まぐまぐ』 http://www.home-knowledge.com/ml_link/magmag.html
 『メルマ』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/melma.html
 『Pubzine』  http://www.home-knowledge.com/ml_link/pubzine.html
 『マッキー!』http://www.home-knowledge.com/ml_link/macky.html
///////////////////////////////////////////////////////////////////
★このメールマガジンは、以下のインターネットサービスを利用して
 発行しています。
 『まぐまぐ』 ( http://www.mag2.com/ )
 『メルマ』  ( http://www.melma.com/ )
 『Pubzine』  ( http://www.pubzine.com/ )
 『マッキー!』( http://macky.nifty.com/ )
///////////////////////////////////////////////
Copyright(C), sakurajimusyo.com, 2001 無断転載禁
 






規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。