住宅・不動産

■買ってはいけないマンション■

“絶対”失敗したくない人だけに、コッソリ読んでほしい、新築・中古マンションのホンネトーク。

全て表示する >

■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■ 不動産相談室

2000/12/08

★さくら事務所のHPに 非常に役に立つ新しい情報が加わりました。★
    □■□ 不動産取引の掟(オキテ) ■□■
 http://sakurajimusyo.com/kokoroe.html
家を購入する前には 必ず読んでおきましょう!"後悔先に立たず"です。
順次更新していきますのでちょくちょく覗いて下さい。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
     
     ■不動産取引探検隊 お助け!さくら事務所■
            不動産相談室  
   
   ★VOL.6 隣家間の溝は作ったもの勝ち?!★   
                    2000年12月8日発行
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  
★その地域にもよりますが、たいていの場合、一戸建ての家と家との間には
塀などによる仕切りがあります。中古住宅を購入する際には、その塀が
どちらの家の所有物なのか、境界線はどこなのか、を確認しておく必要があります。
今回の質問は、隣家との間に作られた溝についての相談です。
////////////////////////////////////////////////////////////
■質問■
はじめまして。両親のことで相談したいことがあります。
最近中古物件で購入した実家の家のことなのです。一軒家を購入して家の隣には
民家と工場の倉庫があり裏は一面田んぼです。工場の倉庫との境目はブロックや
塀はなしで2mぐらいの幅があります。
その中古物件は2年前から人が住んでいなかったのですが
その間にその工場の持ち主が家との間に溝を作ってしまったのです。
その溝から倉庫側ぎりぎりまで登記簿謄本では実家の土地なのです。
買った不動産の人は早く作ったもの勝ちだし隣同士仲良くしていくためには
目をつぶらないといけないと言っていたそうです。
法務局へも両親は相談に行ったのですが
「もう作ってしまったものはしょうがない」
とのこと。。
一度その持ち主に話をしたそうですが、なんとなく話を流された状態です。
家では塀を作りたいのですが、このまま向こうの思うままに溝より自分の家がわに
塀を建てないといけないのでしょうか?
両親はパソコンが触れないので娘の私が相談にメールを送りました。
これだけの文章では分からないところもあると思いますがお願いします。
 
■回答■                                        
 問題の土地はご両親の所有なのですから、本来、自由に利用できるはずです。
溝を掘ろうとする場合、その深さの半分以上の距離を、境界線との間に
保たなければならないという規定さえあります。
工場の持ち主の負担で、その溝を埋めてもらった上で塀をお作りになって下さい。
もし工場主が、応じない時は訴訟をおこして下さい。
 その工場は、おそらく境界線と建物との距離の規定にも違反しているのではないかと
思いますから、お調べになってみて下さい。
もしそうなら、立て替えの時には規定を守るように、一筆書いてもらうと良いでしょう。
 
 さて、その不動産業者ですが、引渡しの時に既に溝が作られていたのでしたら、
工場主の違法行為を知っていたのではないでしょうか。
 購入者に不利な事実を隠していたのだとしたら、
当然この業者にも責任があります。
物件の所在する都道府県の、建築指導課(不動産業者指導課)に
相談なさってみて下さい。
 
 お役に立てましたでしょうか。良い方向に解決されるように願っております。

////////////////////////////////////////////////////////////
★‘遠くの親戚より近くの他人’という言葉があるように、毎日顔を合わせる隣人と
良い関係を結べているということは非常に心強いものです。
しかし、そのためだけに、全てのことを‘我慢’しなければならないのでしょうか。
例えば、子供の泣き声やピアノの騒音のように、相手の立場を理解しようとして
その結果が‘我慢’ということになるのでしたら、それも良いでしょうが、
この相談の方のように、明らかに故意に権利を侵害されたのでしたら、
やはり対抗すべきだと思います。
関わった仲介業者までもが、
「早く作ったもの勝ちだし隣同士仲良くしていくためには目をつぶらないといけない」
と説明していますが、おかしな話です。
もし、契約の前に、境界についてのトラブルが解決したら購入するとの条件を
つけていたら、この仲介業者の態度も少しは違ったものになっていたかもしれません。
 気になる点は、契約前に解決しておきましょう。
////////////////////////////////////////////////////////////
★登録と解除は、こちらでお願いいたします。
 まぐまぐ   http://www.home-knowledge.com/ml_link/magmag.html
 メルマ    http://www.home-knowledge.com/ml_link/melma.html
 Pubzine    http://www.home-knowledge.com/ml_link/pubzine.html
 マッキー!  http://www.home-knowledge.com/ml_link/macky.html
/////////////////////////////////////////////////////////////
★このメールマガジンは、以下のインターネットサービスを利用して発行しています。
 インターネットの本屋さん『まぐまぐ』( http://www.mag2.com/ )
 『メルマ』( http://www.melma.com/ )
 『Pubzine』( http://www.pubzine.com/ )
  『マッキー!』( http://macky.nifty.com/ )
///////////////////////////////////////////////////////////////////
Copyright(C), sakurajimusyo.com, 2000 無断転載禁

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-11-01  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。