音楽

CRJ-Cタイムズ

毎週CRJ-Cの最新チャートをお届けします。洋邦メジャーインディーを問わず東海地方の学生がおすすめする曲を集めたカレッジチャートです。ほかにもライブレポート、CRJ-Cの最新情報などが載ってます。

全て表示する >

CRJ-Cタイムズ December 28th #2

2002/12/30

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       *.:・ 。
              CRJ-C タイムズ #114-2
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
―――――――――――――――――――――――――――☆★
今年チャートインしていたTOP100曲を振り返ります。
懐かしい曲、あんな曲やこんな曲、いろいろあります。
大晦日は紅白歌合戦を断片的に楽しむ予定です。(ダイジュ)
―――――――――――――――――――――――――――☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ INDEX ■□■ 
・CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (100位---51位) 
   ** HALFTIME **
・CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (50位---11位)
   ** HALFTIME **
・CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (10位---1位)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○● CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (100位---51位) ●○

< 順位 Title / Artist (Label) >

100位 くちばしにチェリー / EGO-WRAPPIN' (UNIVERSAL)
99位 Eple / Royksopp (wall of sound)
98位 碧空 / へきれき (DESERT ART RECORDS)
97位 茜色の夕日 / フジファブリック (SONG -CRUX)
96位 ロック ステディ ガール / 小島麻由美 (PONY CANYON)
95位 シャロン / ROSSO (TRAID)
94位 FORTRESS EUROPE / ASIAN DUB FOUNDATION (Virgin)
93位 Goodbye Day / OCTOCUBE (SUBSTANCE)
92位 one more car passes / mama!milk (RAFT MUSIC)
91位 Leather / Death In Vegas (BMG JAPAN)

90位 Nine / THE MELODY UNIT (philter records)
89位 Please / THE APPLES IN STEREO (polystar)
88位 honeymoon hotel / cruyff in the bedroom (Only Feedback)
87位 KICKER / CINQ (noble)
86位 Son Of Altair / Buffalo Daughter (TOSHIBA EMI)
85位 初恋に捧ぐ / 初恋の嵐 (UNIVERSAL)
84位 魔法のひろば / 竹村延和 feat.アキツユコ (Childisc)
83位 Elehant's Skip / ASLN (WEATHER)
82位 アイボリー / スネオヘアー (EPIC)
81位 STREET STARS BREAKIN' / DJ TASAKA (Ki/oon)

80位 rabbit dace / copa salvo (RD RECORDS)
79位 THE AGE OF CYBER FUNK / TOKYO ZAWINUL BACH (Body Electric)
78位 STOP YOUR CRYING / SPIRITUALIZED (BMG)
77位 目抜き通り / MAMALAID RAG (SONY)
76位 パーク / SICK OF RECORDER (MIDI CREATIVE)
75位 Harmony / CLINIC (TOY'S FACTORY)
74位 大奥 / GRIND ORCHESTRA (TAG RAG)
73位 SUKHNA / ROVO (Wonderground)
72位 二重螺旋 / ELECTRICAL LOVERS (TOSHIBA EMI)
71位 Altered Rock / DMBQ (avex)

70位 JAM 1976 / オーサカモノレール (RD RECORDS)
69位 最果て絶景 / トウチセイ (RESORT RECORDS)
68位 hate to say I told you so / THE HIVES (VICTOR)
67位 旋毛風 / SHING02 (MARY JOY)
66位 BLINK / BOOM BOOM SATELLITES (SONY)
65位 Crisis Win / Pele (polyvinyl)
64位 AOHARU YOUTH / SUPERCAR (Ki/oon)
63位 At the lodge. / IKARA COLT (cutting edge)
62位 Pillow / Capitol K (XL/VROOM SOUND)
61位 Bicycle Race feat. 永積タカシ / DATASPEAKER (FLME)

60位 drifty (sientific american remix) / tristeza (tiger style)
59位 It's Our House / HOUR MUSIK (INIT)
58位 渚の国 / キセル (SPEEDSTAR)
57位 THE HELP SONG / MARZ (KARAOKE KALK)
56位 Don't Think! Feeeee-l / PORT (TAG RAG)
55位 sole to the glow / WRENCH (VICTOR)
54位 セブンスター / 中村一義 (TOSHIBA EMI)
53位 失速・スピード / シリアルNo. (CounT A RecorD)
52位 春と乙女 / 双葉双一 (UK PROJECT)
51位 Diamond line 太陽を撃ちおとせ!! / IMPOSTORS (DECKREC)

―――――――――――――――――――――――――――☆★
** HALFTIME (何曲もチャートに入りました。) **
年間チャートのカウントダウンはひとまず休みまして、
1月からのチャートを振り返ってみるとします。
今年は全部で206曲チャートに入っていたんですが、
その中でも曲がたくさんチャートに入っている
アーティストを振り返ってみます。

▼キセル(4曲)
雪の降る頃・渚の国・ギンヤンマ・近未来

▼中村一義(4曲)
キャノンボール・セブンスター・新世界・ひとつだけ

そういえばキセルがらみで言えば「へきれき」も
チャートインしていました。来年は桃色世代への出演も
決まっていまして、楽しみであります。
―――――――――――――――――――――――――――☆★

○● CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (50位---11位) ●○

50位 家族の風景 / ハナレグミ (Five Stars)
49位 モーモーレインボウ / tennis coats (noble)
48位 グライドしてた / 七尾旅人 (Wonderground)
47位 涙の旅路 / 初恋の嵐 (Dreamusic)
46位 Housing complex / Tanaka Akira (+cross)
45位 Yoshimi Battles the Pink Robots pt.1 /
          The Flaming Lips (WARNER)
44位 ピンクのライオン / オーノキヨフミ (WAGAMAMA RECORDS)
43位 crack / GIRLS TAPE STORE (minty fresh japan)
42位 NO SIGNAL / Nathalie Wise (Familysong)
41位 jigga why? / machine drum (MERCK/P-VINE)

40位 Star Guitar / The Chemical Brothers (TOSHIBA EMI)
39位 Daub / Tomoyasu Takanishi (current/F.R.D record)
38位 BAYON / DETERMINATIONS (UNIVERSAL)
37位 fifteen white / world's end girlfriend (noble)
36位 db / CONDOR44 (DAIZAWA)
35位 400[Vocal] / SHING02 (MARY JOY)
34位 life / 54-71 (BMG JAPAN)
33位 (  ) / Sigur Ros (avex)
32位 TOUT BLEU / DAT POLITICS (Chicks On Speed Records)
31位 NIJIIRO DARKNESS / SUPERCAR (Ki/oon)

30位 SINCE I LEFT YOU - CORNELIUS REMIX /
          THE AVALANCHES (TOY'S FACTORY)
29位 New Creation / DRY & HEAVY (Beat Records)
28位 SO, THE CIRCUSIS BACK IN TOWN / CATO SALSA EXPERIENCE (EPIC)
27位 RUN WITH ME / TRANS AM (THRILL JOCKEY)
26位 流星より愛をこめて / イルリメ (SPOTLIGHT records)
25位 id / クラムボン (WARNER MUSIC JAPAN)
24位 CUT / HIDENOBU ITO (Flyrec)
23位 八月のエコー / YOGURT-pooh (SONY)
22位 THE OTHER SIDE / THE DISMEMBERMENT PLAN (BAD NEWS)
21位 AKATSUKI / PE'Z (Virgin tokyo)

20位 mexican pusher / phat (TOSHIBA EMI)
19位 MY FATHER MY KING / MOGWAI (PIAS/ROCK ACTION)
18位 季節 / POLARIS (Familysong)
17位 green grass of tunnel / mum (FATCAT)
16位 the audio pool / the album leaf (dotlinecircle)
15位 ワールズエンド・スーパーノヴァ / くるり (SPEEDSTAR)
14位 Dead Leaves and the Dirty Ground /
          the White Stripes (Sympathy for the Record)
13位 春雨道中 / MAMALAID RAG (SONY)
12位 TRANS SAPPORO EXPRESS /
          THA BLUE HERB (THA BLUE HERB RECORDINGS)
11位 雪の降る頃 / キセル (SPEEDSTAR)

―――――――――――――――――――――――――――☆★
** HALFTIME (1週しかチャートに入りませんでした。) **
また年間チャートのカウントダウンは休みまして、
数ある曲の中から1週しかチャートインしなかった曲を
振り返ってみたいと思います。全部で10曲ほどありましたが、
個人的に気になった4曲をピックアップします。

▼2002.01.11 20位
爆音出し隊A-77 / BLEACH (TOSHIBA EMI)
沖縄のギャルバン。チャートに入ってたんですね。

▼2002.03.01 19位
PARTY HARD / ANDREW W.K. (UNIVERSAL)
鼻血ロック。アンドリューもチャートに入ってたんですね。

▼2002.04.13 18位
Cigarette Lighter / Japanese Telecom (Gigolo Records)
デトロイト的エレポップ。ジャケはホテトルのチラシの寄せ集め。

▼2002.09.28 18位
つぎねぷと言ってみた / ASA-CHANG&巡礼 (HOT-CHA)
ポスト音楽。この曲好きだったんだけどね。

そんなわけであまり陽の当たらない音楽を紹介するのも
CRJ-Cの役割だと思っておりますが、1週しかチャートに
入っていなくてもおもしろい音はいっぱいあります。
よろしかったらチェックしてみてください。
―――――――――――――――――――――――――――☆★

○● CRJ-C 2002 YEARLY CHART TOP100 (10位---1位) ●○

10位 訳も知らないで / スネオヘアー (EPIC)
2002年度CRJ-Cチャートには、かなりの割合で
顔を見せてくれていたスネオヘアー。
な、なんと年間にも!そして、一番嬉しかったことは、
桃色世代VOL.2への出演っ!ありがとうございました。
というわけで、さらに嬉しいお知らせが。年明け1発目(1/22)に、
NEWシングル。「Over the River」がリリース。
こちらも要チェックですね。(ぬのめがね)
http://www.simplex-m.co.jp/suneohair/

9位 ランブル / GOING UNDER GROUND (VICTOR)
今年はゴーイングの曲に、ライブにナミダした1年でした。
この曲も、甘酸っぱいまっすぐな気持ち満載です。
来年もこんな気持ちを忘れずにいけたらいいな。。。
がんばろっと。(ナオミスギキ)
http://www.aquamusic.co.jp/going/

8位 Fortune Teller / Strobo (Warner Indies Network)
8・9月、チャートをにぎわせてくれたStroboです。
私個人的なことを書くと、2002年はトランス元年でした。
Stroboはフジロックで初めて見ましたが、あがりました。
あがるって、こんなんなんやな、って思ったのでした。
名古屋で、室内でもめちゃめちゃでした。我を忘れました。
生で奏でられるダンスミュウジック。途切れないダンスミュウジック。
そしてとまらない私達。感動感動我感動。
2003年も、ますます全国をあげて下さい。全国人力トランス計画。
ちなみに超個人的トランス元年の理由は、
ROVOも今年初めて生で見たからです。素敵な夏でした。(りさ)
http://strobo.hp.infoseek.co.jp/

7位 Wax&Wane / VASALLO CRaB 75 (CLOVER)
マスコットがかわいいCLOVER RECORDSのアーティスト
バサロクラブ。元アドバンテージルーシーのフクムラと
クドウによる2人から成るユニット。何とも渋いというか
深みのある声で、それでいてやさしいヴォーカルの声が
じわりじわりと心に浸透していくような曲です。(ダイジュ)
http://www1.u-netsurf.ne.jp/~d-kudoh/top.html

6位 NUM-AMI-DABUTZ / NUMBER GIRL (TOSHIBA EMI)
南無。この曲、すごいよね。この一言に尽きます。しかしこのジャケ、
なんでのっぺらぼうなんかな。インパクトでかすぎ
デカメロン伝説(by竹中直人)。・・・まあ、それはいいわ・・・。
正直な所、ロックに聴く耳持てなかった私の耳を引っ張ってくれた
曲の中のひとつが南無阿弥陀仏だった。唯一無二。
そんな言葉が当てはあまると思う。アヒトのドラムス、中尾のベース、
田淵のギター、そして向井のギター&脳内世界ヴォーカル。
演説のように歌い、歌うように演説。酔っぱらいが起こしてくれた
ひとつの奇跡。。。おかげで私は幾分か楽になれたような気がしている。
現代冷凍都市に住む妄想人類諸君の衝動とやらを余す所なく
掻きむしってくれた彼等NUMBER GIRLはもういない。
無情の旅から帰って来ることもなく。(堀川愛21歳)
http://www.numbergirl.com/

5位 RATMAN / HELICOID 0222MB (UMMO)
2月中ごろにチャートインしたHELICOID 0222MB。
2週連続TOP1をとったこともありましたね。
やっぱりヘリコは「2」がお好きと言いたいですが、
彼女たちは3人組のギャルバンです。イントロの
ボサリズムから始まったと思えば、何ともいえない脱力ボーカル。
サイケな感じ。サイケな感じ。さすが大阪。(ミツオ)
http://www3.kcn.ne.jp/~suguri/

4位 ギンヤンマ / キセル (SPEEDSTER)
今年もキセル大活躍の一年でした。
キセルというアーティストの足元がしっかりどっしりした
一年だったのではないかと思います。
キセルの曲はいつの季節に聴いてもその季節の色とマッチします。
来年も期待大!!二月の「桃色世代VOL.3」はどんな世界を
表現してくれるのでしょうか・・楽しみです!(ユカ)
http://www.nidan-bed.com/

3位 Andante / ASLN (WEATHER)
今年一年を総括する年間チャート第3位! 
第3位はASLNのandanteです。この曲は今年のはじめのチャート
ではもうチャートインしておりまして、2月には2週連続一位も
獲得しているわけであります。で、ASLNですが、
この曲以外にもチャートインしてました。くるり、スーパーカー、
最近ではspangle call lili lineといったバンドの
プロデュ−スを手がけ、自身もROVO等で活躍する益子樹が
中心となって作った4人組ASLN。女性ボーカルがメインの曲を
聞かせてくれる彼らですが、ピアノの音に軽快なドラムから始まるこの曲は、
どことなくジャジーな感じも漂うトラックの上を
とても気持ちのよい女性ボーカルが流れていくようで、
すごくハイクオリティ、まさに極上のといった感じがしました。
2002年最初から素晴らしい作品を届けてくれただけに、
いったい今後はどんな作品がリリースされるのか、
2003年も期待大なASLNであります。(シュンスケ)
http://www.faderbyheadz.com/weather.html

2位 キャノンボール / 中村一義 (TOSHIBA EMI)
1月25日のチャートに12位初登場し、それから3ヶ月弱チャートを
突っ走ったナカカズの「キャノンボール」。前アルバムのERA以来
久しぶりの新曲、バンド百式を従え見違えるようになったグルーブ感。
ここからナカカズがすごいオープンになった曲で、それを象徴するような、
跳ねる楽曲に、「僕は死ぬように生きていたくはない」という歌詞。
2001年のロックインジャパンフェスでこの曲を聴いた時は
泣きそうでしたね。新生ナカカズ誕生。(イホロ)
http://www.five-d.co.jp/nakamura/

1位 午前5時。そして強風世界 / YURAGI (minty fresh japan)
やっぱり強かった!2002年CRJ-Cチャートに強風を吹き荒らしました。
2002年年間第一位です。ゆらぎです。おめでとう。
『minty fresh japan compilation vol.3』という
minty fresh japan のコンピ(10曲入りで\1,365!)からの曲です。
優しいメロディに躓くようなリズム(絶妙!)、
すごく好きです。タイトルもアーティスト名もなんか好きです。
まだ聴いてない人はぜひお年玉で購入してください。
YURAGIさん!来年はぜひ新作を!そしてライブを!
名古屋でライブを!おねがいします!おめでとう。(ユウジロウ)
http://oak.zero.ad.jp/Y.TANAKA1977/Profile_Works.html

----------------------------------------------------------
●●● HOMEPAGE ●●●
上記チャートはCRJ-Cのページでもご覧いただけます。
http://www.sound.co.jp/~crj-c/
CRJ-Cをもっとよく知りたい人はここにアクセス!

▲▲▲ WHAT'S CRJ-C ▲▲▲
アメリカのCMJを日本にも作ろうと、現役学生の手によってスタートしたCRJは
一過性の流行や従来のコマーシャリズムとは一線を画し、洋/邦、
メジャー/インディーを問わない「良質の音楽空間」を学生の手によって
発信する事を目指した学生プロデュースチームです。現在、東京・大阪・
福岡・広島・札幌に支部があり 、その中でCRJ-Cは名古屋をはじめとする
東海地方の学生によって構成され名古屋の音楽シーンを盛り上げることを
目標に活動しています。主な活動は、毎週のチャート・フリーペーパーの作成、
イベントの企画運営等、幅広い音楽支援活動を展開中!
→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→
発行元・CRJ-C
質問・ご感想・ご意見はこちらへ
<ADDRESS> 460-8578 名古屋市中区丸の内3-20-17
                   OSプラザ18F ZIP-FM内 CRJ-C
<URL> http://www.sound.co.jp/~crj-c/
<MAIL> crj_c@hotmail.com
Copyright (C) 2001 CRJ-C, All rights reserved
←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←←
このメールマガジンは、melma! (http://www.melma.com)
で発行しています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。