音楽

「叫ぶ詩人の会」メールマガジン

現代詩絶叫ロックバンド「叫ぶ詩人の会」、TETSUYA、明川哲也、HIROKIの「Sunnyday Orange’」情報をお伝えします。

全て表示する >

「叫ぶ詩人の会」メールマガジン34

2002/11/09

----------------------------------------
「叫ぶ詩人の会」メールマガジン(非公式)第34号
発行者:へい太
発行日2002年11月9日
----------------------------------------
前回、33号を32号としたまま送ってしまいましたので、
今回のが34号となります。

●ダカーポ503号「TETSUYAの超人志願」第004回
「『叫ぶ詩人の会』解散後、渡米し・・・」というTETSUYAのプロフィールが
気になりつつ、読む。
日本のカレーをNYで売って金持ちになろう、というお話です。
あちこちにあるカレーの専門店。NYには一軒もないそうです。
何が「超人志願」なのかといえば、次号を待て、ということのようです。
あれだけ痩せたTETSUYAの明かす、超人カレーとは!?

●楽工房のHPより転載します。
http://www.raku.co.jp/tetsuya/index.htm

◆11/21(木) 早稲田大学・大隈講堂にて講演会
         TETSUYA凱旋帰国講演会
         午後5:00より、入場無料
         ツキノワのライブも聴けるかも・・・
         主催:早稲田精神昂揚会
◆12/1(日) ツキノワ 新潟エイズデー・イベント
         at新潟フェイズ

2003年
◆1/8(水) 渋谷クラブクアトロ「ハジメノ・イッポ」
     AND SUN SUI CHIE 日本国内初登場ライブ
     7:00開演 (共演バンド有り)
     11/2より ぴあ、楽工房にて前売り開始。
     前売り¥3000.(当日¥3500)

◆1/11(土) 京都・都雅都雅(トガトガ)
        AND SUN SUI CHIE 関西初登場ライブ!
        075−361−6900


●DASHMANのHPより転載します。
http://www.dashman.tv/

dashmanいよいよ待望のファースト・フルアルバム発売開始。
「rakuda engine」
全12曲 
(税込み¥1,500)
詳細は、HP内「about us」をご覧下さい。ライブ会場限定販売です。
(確実に購入を希望される方は、ライブ日、氏名、枚数をメール下さい)

そして今回残念ながら、マーシーこと増田智章が、年内ライブを最後にdashmanを卒
業します。
現メンバーで行われるライブは残りわずか、応援よろしくお願いします。

●お気づきでしょうか?
「叫ぶ詩人の会」オフィシャルHPにあるAND SUN SUI CHIEの写真

楽工房にある写真、同じものだと思っていましたが、
楽工房の方はなんとバックが変わっていました。
http://www42.tok2.com/home/screamingpoets/
http://www.raku.co.jp/tetsuya/index.htm


●「叫ぶ詩人の会」関連資料集がお引っ越し
http://www006.upp.so-net.ne.jp/heita/kanren.htm

パソコンにさわりだしてからずっとお世話になっていたJUSTNETがSO−NE
Tに統合されました。
HPもこの機会に引っ越しました。以前のHPがなくなるのは、2004年3月とま
だまだ先ですが、
新しいHPのみ更新しようと思いますので、早めのお気に入りの入れ直しをよろしく
お願いします。
同時にメールアドレスも変更しましたのでよろしくお願いします。
heita@js6.so-net.ne.jp

さらにADSLにも変更。通信速度が格段に上昇しました。
しかし、認証IDの間違いに気付かず、3日間苦しみました。
ニフティは「.com」でした。ずっと、「ne.jp」でやってました。
肝心のSO−NETは私のような田舎までは来ていませんでした。トホホ。

しばらくは「叫ぶ詩人の会」お休みのようですね。ま、解散ととらえても一向に差し
支えないかも・・・
ま、ファンとしてはいつでも「活動再開」「再結成」どちらでもいいからその方向も
ありということで・・・
あのライブ会場が自分にとって、自分たちにとって「生きる場」であったように思い
ます。
同じものに共感できる仲間が集まっているという。
CDじゃ十分じゃないんですよね。独りで浸ることはできても、「生きる場」までは
昇華しきれない。
だから、ドリアンさん渡米後、へい太は「詩のボクシング」や「ポエトリーリーディ
ング」に「生きる場」を
見いだそうとしていたのだと思います。
決して、「叫ぶ詩人の会」ほどの迫力と感動は与えられないにしても、自分自身の足
で立ち、
表現していきたかったのだと思います。
京都の都雅都雅はがんばっていこうかな。

----------------------------------------
「叫ぶ詩人の会」メールマガジン(非公式)
発行者:へい太
「叫ぶ詩人の会」関連資料集(非公式)アドレス
http://www006.upp.so-net.ne.jp/heita/kanren.htm
「叫ぶ詩人の会」情報はこちらまで
heita@js6.so-net.ne.jp
--------------------------------------------


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。