映画

映画館で逢いましょう

「映画との最良の出会いの場は映画館」を信条とし、劇場公開作品のREVIEW、オススメビデオ・名作映画のご紹介、その他特集記事を月一回お届けする映画批評月刊誌です。

全て表示する >

映画館で逢いましょう 2005年6月度 【PDFファイル版映画館で逢いましょうプレゼント】

2005/05/30

─だまつて今日の草鞋穿く  種田山頭火────────────────
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
2005年 6月号  vol.241 (2005-06-01)
 
 Let's encounter it in the movie theater 【 映画館で逢いましょう 】
            PDFファイル版映画館で逢いましょうプレゼント号
                                    責任編集&発行者:紅乃ちゃんのパパ
                                                        (毎月1日発行)
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
───────────────────────────────────
       http://www.geocities.jp/kurenataka/  (毎週金曜日更新)
───────────────────────────────────
==contents==
1.今月の上映作品 
  【 ブレイド3 】
2.フロド&サム ホビット村の映画座談会
  【永遠の命を持ちながら弱点だらけですぐ退治される吸血鬼の悲哀】
3.紅パパ名作劇場
 帰れるのは悲鳴だけ 【クライモリ】
4.私も買いたい! オススメDVD情報
5.一押し!オススメの逸品
  【 コミックス 自虐の詩 】
6.書籍版【映画館で逢いましょう】PDFファイルプレゼント
7.徒然なるままに・・・編集後記
───────────────────────────────────
1.今月の上映作品
【 ブレイド3 】
 原題:BLADE TRINITY
 製作:2004年 アメリカ映画 114分
 監督:デヴィッド・S・ゴイヤー
  出演:ウェズリー・スナイプス/ジェシカ・ビール

 私的作品評価 ☆☆☆   (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

<サムライハンター「ブレイド」と吸血鬼の壮絶バトルもついに最終章へ>

日本アニメーションの影響を色濃く受け継ぎながら、ド迫力のアメコミバトル
を融合させた稀有なる成功例【ブレイド】シリーズ。一作目からひそかにマニ
アの間で話題になり、ギレルモ・デル・トロ監督による傑作【ブレイド2】で
幅広いファンを獲得したこのシリーズも残念ながら三作目を持って完結となる
。ブレイドワールドに心躍らせたファンの一人としては寂しい限りだが、この
【ブレイド3】を観る限り、幕の引きどきであるのも確かだと思わざるを得な
い。強烈な強さを誇るブレイドと対峙する敵は、当然のごとく回を重ねる毎に
強くならざるを得ない強さのインフレ化を招くことは確実であり、事実この【
ブレイド3】では、一作目で強敵だった吸血鬼が雑魚キャラ扱いであることか
らもその兆候は如実に現れている。今回真打登場とばかりに吸血鬼の開祖ドラ
キュラを出したのも、ブレイドシリーズを大切に思い、奇麗に幕引きしたいと
いうシリーズを通じてブレイドワールドを構築してきた脚本家デヴィッド・S
・ゴイヤーの考えによるものだろう。

三部作を比較するとアメコミ原作の中では群を抜いた驚きと興奮に満ちた一作
目も素晴らしいが、世界一のオタク監督になりそうなギレルモ・デル・トロ監
督による【ブレイド2】を筆頭に上げるファンも多いだろう。では最新作【ブ
レイド3】はと言うと、さすがにシリーズを守ってきたデヴィッド・S・ゴイ
ヤーが監督を務めただけあって、ファン納得の手堅い仕上げだし、アクション
シーンも過去最高の制作費を惜しみなく使って見せ場タップリの完結編となっ
てはいるものの、過去2作品と比べて圧倒的に劣っているのが「悪役」の存在
だろう。過去最高の敵として登場したドラキュラだったが、監督はどうやら今
作ではある意味主役のブレイドをも喰ってしまったヒロインアビゲイルを描く
のに御執心の為、ドラキュラはその圧倒的強さを見せられないままラストバト
ルに突入してしまい、結果としてなんともあっけない最後を遂げ拍子抜けの感
は否めない。【ブレイド】のようなシリーズは、語りつくされたヒーローより
むしろ悪役を丁寧に描くことこそ作品に面白さと深みを与えるものであり、こ
の鉄則を守った【ブレイド2】こそがシリーズ最高の作品と言える。

映画を迷走させた張本人であるヒロイン「アビゲイル」だが、なるほど監督を
夢中にさせるのもうなづける魅力を持ったジェシカ・ビールの存在感は圧巻で
ある。美しさの中に強い意志を感じさせる端正な顔立ちと吸血鬼相手に引けを
とらない圧倒的強さを裏付ける鍛え抜かれた肉体。この作品で彼女のファンに
なった人は、是非【テキサス・チェーンソー】での彼女の勇姿も観ていただき
たい。今後注目のアクションも出来る正統派美女の誕生を素直に喜びたい。

映画としては完結してしまった【ブレイド】だが、テレビドラマやアニメーシ
ョンでその世界観はまだまだ語る余地は十分ある。商魂逞しいハリウッドなら
ではの今後の展開に期待しよう。
───────────────────────────────────
2.フロド&サム ホビット村の映画座談会
  【永遠の命を持ちながら弱点だらけですぐ退治される吸血鬼の悲哀】

フロド:怪談ファンの中でも話題になっている文庫本【「超」怖い話】。読ん
だ人は幽霊が見えるようになるとかいう噂もあり、私個人としては面白半分で
買ってきたのだか、本屋から帰って昼寝している間に、かみさんが知らずに読
んでしまった。その日の夜、買い物に出かけたとき私の車(半年前に買った新
車)に乗り込んだかみさんが誰もいない車内で男の人のささやき声を聞いたと
言って我が家は大パニック。そんな話を聞くと自分で買っておきながら読み終
わるのが怖くて今もパソコンの机に置きっぱなしになってるのだが・・・。

サム:奥さん怒ってましたよ。「なんでそんな縁起でもない本買って来るんだ
」って。挙句の果てには本人は読まないと言うのは、無しでしょう。責任持っ
て読んでくださいよ。

フロド:分かったよ。自称怖い物好きなんだが、洒落にならない怖さにはやは
り引いてしまう臆病な自分が今回嫌と言うほど再認識できたよ。でも今回は吸
血鬼がテーマなので懲りずに語らせてもらうけどね。

サム:吸血鬼と言えば、今回紹介した【ブレイド】や最近では【ヴァン・ヘル
シング】もありましたが、どれも怖い映画というよりオカルトアクション映画
の感が強い気がするのですが。

フロド:確かに今更吸血鬼に対して怖さを出すというのは非常に難しいことだ
ろうね。特に西洋のドラキュラは「無敵の不死者」と自ら称しながらもその実
弱点だらけ、「太陽の光」「心臓に杭」「十字架」「にんにく」「銀」などで
ころりと死んでしまうところなんかむしろ人間よりもろい部分の方が目立って
しまっているからな。吸血鬼というのはむしろ弱い存在ではないか、と言う解
釈にたって作られた映画としてはトム・クルーズ&ブラピの【インタビュー・
ウィズ・ヴァンパイア】が代表格だが、この作品世界は既に漫画家萩尾望都の
傑作【ポーの一族】で描かれているけどね。

サム:確かに吸血鬼って意外と弱い印象がありますね。人間であることをやめ
てまで手に入れた永遠の命と言っても、弱みだらけですぐ退治されるんじゃリ
スクが大きすぎて私はノーサンキューです。

フロド:だからこそ吸血鬼になるには、それなりのメリットが無ければならな
いと思うのだよ。永遠の命を確固たるものにする為の圧倒的腕力、超能力、エ
サとなる人間を引き寄せる圧倒的美貌も必要。その観点から見ると【ブレイド
3】に出てくる吸血鬼はあまりに弱すぎて、魅力を感じないんだよね。

サム:人間側はいくら殴られても死なないのに、吸血鬼は銀のナイフで刺され
ただけで、一瞬で燃え尽きてしまい、確かにあっけない。

フロド:西洋人は基本的に化け物は物理的に退治できるというスタンスを貫く
から、弱点があるのはやむをえないだろうね。逆に弱点があるからこそ、物語
として魅力が増す部分も大きいのも事実だろう。

サム:最後に最近の吸血鬼物でオススメを紹介してください。

フロド:コミックスなら松本光司【彼岸島】刊を重ねる毎に本筋から離れてい
くのが若干気になるが、吸血鬼に対する解釈は非常に興味をそそるよ。映画で
はやはり【ブレイド】シリーズ、少し前になるが面白さで選ぶならタランティ
ーノ製作の【フロム・ダスク・ティル・ドーン】はハチャメチャさが素晴らし
い。映画自体の出来はともかく吸血鬼の圧倒的強さを堪能できるカーペンター
監督の【ヴァンパイア/最後の聖戦】も一見の価値あり。意外なところでは日
本のアニメーションで【キル・ビル】にも影響を与えたと言われる【BLOO
D THE LAST VAMPIRE】、これは10月ごろ続編がTBS系
でスタートすると言うことなので吸血鬼ファンのみならずとも注目して欲しい

サム:では、そろそろ【「超」怖い話】の続きでも読んでくださいよ。

フロド:・・・・・いま深夜1時なんだけど。
───────────────────────────────────
3.紅パパ名作劇場
帰れるのは悲鳴だけ
【クライモリ】
 2003年 アメリカ映画 84分
監督:ロブ・シュミット
出演:デズモンド・ハリントン/エリザ・ドゥシュク

森で迷った若い男女6人が、殺人鬼に襲われる非常にオーソドックスな展開の
ホラームービー。特に目新しさのある作品ではないものの、殺人鬼との鬼ごっ
こを平面ではなく立体的に描いた監視塔での攻防戦は非常にスリリング。この
作品で注目したいのは、主演女優エリザ・ドゥシュク。シュワちゃん作品【ト
ゥルーライズ】で娘役を演じていた若いながらもベテラン女優と呼べるエリザ
・ドゥシュクだが、最近ではTVシリーズ【トゥルー・コーリング】でも悲し
みを背負いながらも人助けに翻弄するヒロインを熱演。ちょっとたれ目の情に
熱そうな表情が非常に魅力的な彼女が個人的には今一番注目の女優です。ただ
しのこの【クライモリ】は、最近のホラー映画の中では残酷描写、ショックシ
ーン共に強烈な部類に入りますので、純粋にエリザ・ドゥシュクをご覧になり
たい人は、現在リリース途中の【トゥルー・コーリング】をオススメします。

「クライモリ」DVD情報はこちら
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007TIQ9G/eigakande-22
───────────────────────────────────
4.私も買いたい! オススメDVD情報

【オペラ座の怪人】
                         8/26発売 定価3990円
現在のロングラン上映中の大ヒット作【オペラ座の怪人】が早くもDVDで登
場。素晴らしいナンバーと美しい美術セットを同時に堪能できるDVDの素晴
らしさを堪能できる正にコレクションに相応しいアイテム。劇中の音楽にほれ
込んだ私は久しぶりにサントラCDを買いましたが、当然DVDも購入予定で
す。今アマゾンドットコムで買えば22%割引3112円と超特価。

DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009PIVR0/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【スター・ウォーズ トリロジー DVD−BOX 】
                         発売中 定価 9975円
いよいよラストエピソードの公開が近づいたスターウォーズシリーズの原点と
いうべきエピソード4〜6を納めた【スター・ウォーズトリロジー】が驚きの
激安プライス。正直定価で買った私がブルーになるような値段ですが、それだ
けスターウォーズを手に入れるチャンスであることも間違いなし。品切れの場
合もありますので、ご了承ください。5/29現在 35%引き 6480円です。

DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001X9BMY/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア】
                         発売中 定価 1500円
トム・クルーズ主演のヴァンパイア映画の為、ホラー映画ファンには敬遠され
がちだが、吸血鬼物の中では非常にレベルの高い作品。永遠の命を得ることを
「永遠に続く不幸」と解釈する展開は、萩尾望都【ポーの一族】に通じるテー
マ。トム・クルーズ演じるレスタトが、永遠に生きる孤独に耐える為に選んだ
パートナールイ(ブラット・ピット)に寄せる思いは、友情の枠を超えており
美形同士の怪しい関係は、この手の展開が好きな人には堪らないかも。キルス
ティン・ダンストの幼き姿を見れるという点でも非常の貴重な作品。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007Z9XWE/eigakande-22
───────────────────────────────────
5.一押し!オススメの逸品

コミックス 【自虐の詩 文庫版(上)(下)】  作:業田良家

作家性の強さゆえになかなかメジャーになりきれないベテラン漫画家業田良家
が「週刊宝石」で連載した傑作四コマ連作漫画「幸江の亭主」の漫画文庫版。
主人公幸江は、名前とは裏腹に幸せからは程遠い生活を送る地味な女性。ギャ
ンブル好きで仕事をしない同棲中の男イサオには、なけなしの金をせびられ、
ちゃぶ台をひっくり返され、今で言うドメスティック・バイオレンスもどきを
受ける辛い毎日を過ごしているが、それでも大好きなイサオと暮らすことが幸
せな幸江が読んでいて痛い。子供の頃も更に悲惨な生活で、学校では友達も出
来ず、同じくクラスに溶け込めない変わった友人熊本さんとの仲も、幸江が他
の女の子グループに入れてもらえたことで、裏切ってしまったり、借金とりに
追われる父親の生活を支える為小学生なのに万引きを繰り返したりと悲惨な毎
日。それでもなお、ラストシーンで「人生には明らかに意味がある」と歌い上
げることができる業田良家の語り口は、もはや漫画の域を超え哲学書に近い説
得力すら感じてしまう。彼の作品には他にも【悲劇排除システム】や【祝福屋
福助】など傑作揃い。絶版になる前に是非一度業田良家の作品世界に触れて欲
しい。

コミックス情報はこちら→
自虐の詩(上)
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812401267/eigakande-22
自虐の詩(下)
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4812401275/eigakande-22
───────────────────────────────────
6.書籍版【映画館で逢いましょう】PDFファイルプレゼント

昨年メルマガ映画館で逢いましょう創刊200号&4周年記念に自主出版した
【書籍版 映画館で逢いましょう】。完全受注生産、自宅プリンターで印刷し
手作りで製本し、一冊作るのに二時間以上を費やした為、個人的都合により、
即受注終了となった幻の本をPDFファイル化しました。

----------------------------------------------------------------------

創刊当時のメルマガ案内文
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジン 第200号&創刊4周年記念
  「映画館で逢いましょう」 著者 紅乃ちゃんのパパ
     A5版 全211頁販売 価格 図書券1000円分(送料込み)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【アメリ】【8Mile】【ターミネーター3】【猟奇的な彼女】【キル・ビ
ルvol. 1 】【マトリックス・レボリューションズ】【少林サッカー】【
フレディvsジェイソン】【座頭市】【黄泉がえり】【呪怨】【クレヨンしん
ちゃん】【ゴジラvsメカゴジラ】他、ジャンル、洋画邦画を問わない138
本の映画批評を収録。
映画の真価は映画館でこそ問われる!を信条とし、鑑賞前でも安心のネタバレ
なし批評で映画を紹介し続けるメールマガジン「映画館で逢いましょう」第2
00号&創刊4周年の集大成。パソコン用のプリンターで印刷し、著者本人の
手による製本での出版です。本格的な出版物に近い状態に仕上がっています。

----------------------------------------------------------------------

現在印刷物としての注文は、打ち切らせていただいていますが、今回PDFフ
ァイルを電子メールに添付してご希望の方全員にプレゼントいたします。読み
応えタップリの一冊です。是非ご一読ください。
詳しくは下記HPの案内文をご覧ください。

HPアドレス http://www.geocities.jp/kurenataka/
 「激闘の日々 幻の書籍版【映画館で逢いましょう】が出来るまで」から
  お入りください。
メールアドレス kurenataka@ybb.ne.jp 宛に
 「PDFファイル版映画館で逢いましょう 希望します」とあて先に
 明記していただければ、ファイルを添付し返信させていただきます。

───────────────────────────────────
7.徒然なるままに・・・編集後記

最近欲しい物。

【一眼レフデジカメ】
 以前一眼レフカメラを使用していたので、デジカメの描写力やシャッター速
度、起動速度には非常に不満を抱いていたのですが、最近やっと10万円前後
と買いごろの価格まで下がって来ました。家族の写真を撮っても一眼レフでは
まったく別格の出来栄えとなるのが分かっているだけに・・・欲しい。

【HDレコーダー】
 未だビデオデッキしかない我が家だが、子供の勉強時間が重なるとテレビを
つけられない状況が最近多発しており、見たい番組すら見れない状況。かとい
ってビデオテープで撮る気も起きず、ここは気軽にハードディスクに貯められ
るレコーダーの出番だと思うのだが、機械音痴のかみさんを未だ説得すること
が出来ず・・・欲しい。

【50ccバイク】
 自宅から会社までは自転車で5分ぐらいなのでまったく必要はないのだが、
たまに早く帰宅出来た時、ぷらっとパチンコしたくなった時に、バイクがある
と優良店に行きやすい。また映画館まで10キロぐらいなのでこれも50cc
でぷらぷらいける距離。物騒な町なので盗まれる危険があるのですが、欲しい

【怪傑ズバットDVD】
 子供の頃観たヒーロー番組の中でも、ぶっ飛んだセンスで笑わせてくれた【
怪傑ズバット】全話収録DVD。現在絶版なのだが、オークションで3万円前
後で取引されており、これを買って会社のストレスも「ずばっと怪傑」したい
欲しい・・・・・。

欲しい物を買うべく、数年越しに貯めていた100円玉貯金を先日数えてみた
ら、14万円あり、いよいよ上記商品を購入できるのだが、どれか一つしか買
えない・・・。真剣に悩んでます。
───────────────────────────────────
      映画館をこよなく愛する紅乃ちゃんのパパがお贈りする

                 HP< 映画館で逢いましょう >  
                 http://www.geocities.jp/kurenataka/
───────────────────────────────────

   ご意見・ご感想はこちらまで   kurenataka@ybb.ne.jp

───────────────────────────────────
         【映画館で逢いましょう】 創刊1999年11月16日
● 発行者:紅乃ちゃんのパパ
● 登録・解除はこちらからお願いします。
 「めろんぱん」http://www.melonpan.net/mag.php?004204 ID:004204
 「まぐまぐ」  http://www.mag2.com/   ID:0000039615
 「マッキー」  http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
 「メルマ」   http://www.melma.com/ ID:m00020145
  (発行者による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません)
記事の無断転載はお断りします
等幅フォントでご覧いただくと読みやすくなります。
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-09  
最終発行日:  
発行周期:月四回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。