映画

映画館で逢いましょう

「映画との最良の出会いの場は映画館」を信条とし、劇場公開作品のREVIEW、オススメビデオ・名作映画のご紹介、その他特集記事を月一回お届けする映画批評月刊誌です。

全て表示する >

映画館で逢いましょう 2005年4月号 【永遠なる愛の殉教者たれ】

2005/04/01

─笠へぽつとり椿だった  種田山頭火─────────────────
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
2005年 4月号  vol.239 (2005-04-01)
 
 Let's encounter it in the movie theater 【 映画館で逢いましょう 】
                       永遠なる愛の殉教者たれ!号
                                    責任編集&発行者:紅乃ちゃんのパパ
                                                        (毎月1日発行)
▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲△▲
───────────────────────────────────
       http://www.geocities.jp/kurenataka/  (毎週金曜日更新)
───────────────────────────────────
==contents==
1.今月の上映作品 
  【 オペラ座の怪人 】
  【 きみに読む物語 】
  ショートREVIEW
  【ボーン・スプレマシー】
  【ローレライ】
2.フロド&サム ホビット村の映画座談会
  【今夜あなたは一人で眠れない!一番怖い映画は邦画で探せ!!】
3.紅パパ名作劇場
 70年代が生み出したサイケディリックな異端児【 ゴジラVSへドラ 】
4.私も買いたい! 新作DVD発売情報
5.一押し!オススメの逸品
  【 飛び出す絵本はここまで来た! 】
6.徒然なるままに・・・編集後記
───────────────────────────────────
1.今月の上映作品
【 オペラ座の怪人 】
 製作:2004年 アメリカ映画 143分
 監督:ジョエル・シュマッカー
  出演:ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン

 私的作品評価 ☆☆☆★  (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

<語りつくされた悲恋劇に再び命をふきこんだ甘美なる歌声に聞き惚れよ>

原作は1911年ガストン・ルルーが発表したミステリー小説だが、多くの人
にとって「オペラ座の怪人」と聞けば舞台のミュージカルを思い浮かべるであ
ろう。ところがなぜかたびたび映画化されている古典的悲恋劇は、ホラー仕立
てになってしまうのも、オペラ座を震撼させる怪人がビジュアル的に恐怖の対
象となりやすいが故であり、その為映画を通じて「オペラ座の怪人」を知って
いる映画ファンにとっては、今回映画化されたミュージカル【オペラ座の怪人
】に意外な面持ちで向かう事となるのではないか。シュマッカー監督版【オペ
ラ座の怪人】は、ミュージカルであり、美しい愛の物語であるが故に、女性を
中心に春興行でもスマッシュヒットを飛ばすこととなった。

モノクロームの荒廃したオペラ座から一気に時代をさかのぼって全盛期の華や
かなオペラ座へと逆行するシーンの鮮やかさから、活気と無秩序さに溢れたオ
ペラの舞台裏へと映る場面は、まさに映画ならではの見せ場だ。対して登場人
物たちが魅惑的なナンバーを歌い上げるミュージカルシーンは舞台らしい仰々
しさが見事に再現されていて、ミュージカルファンは感涙間違いなし、なのだ
が、あまりミュージカルに免疫のない世代には、ほとんどの台詞を歌に乗せる
本格的ミュージカルに戸惑いを覚えるかもしれない。特に起伏に乏しい中盤は
正直退屈なシーンも目立ち、意外なほど紳士的なオペラ座の怪人に拍子抜けし
てしまった。だがその退屈は、仮面舞踏会に堂々と参上する怪人からクライマ
ックスまでの以降、燃え上がる愛憎劇と素晴らしい歌声で全てかき消された。

歌姫クリスティーヌを演じるエミー・ロッサムはビジュアル的にはヒロインと
しての華に欠けている気もするのだが、その歌声は才能抜群。対してファント
ムを演じるジェラルド・バトラーは、歌唱力という点ではエミー・ロッサムと
比較できないほど落ちるものの、妖しく、激情にかられ、時に紳士に振舞う怪
人を見事に演じ、歌についても終盤は力強い歌声を披露してくれた。久しぶり
にサウンド・トラック盤が欲しくなるミュージカル好きにはたまらない一本と
言えるだろう。

19世紀という時代の再現度、豪華絢爛な衣装、美しく重厚なセットと美術が
また素晴らしい。怪人のメイキャップを最低限の醜さにとどめていることも、
今回の【オペラ座の怪人】を恋愛劇として成立させた大きな要因だろう。この
作品で【オペラ座の怪人】のとりこになったとしたら、次のステップは本場ブ
ロードウェイか劇団四季の舞台へと足を運ぶべきだ。

----------------------------------------------------------------------
(注意:このREVIEWにはネタバレが含まれています。)

【 きみに読む物語 】
 製作:2004年 アメリカ映画 123分
 監督:ニック・カサヴェテス
  出演:ライアン・ゴズリング/レイチェル・マクアダムス

 私的作品評価 ☆☆★  (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

<過去と未来の恋愛劇を交錯させることで、強引に涙を誘う感動作>

身分を越えた許されざる愛、ひと夏の恋、忘れえぬ初恋の人、再びめぐり合う
恋人たち。恋愛映画のツボとも言うべき数々のキーワードが全て網羅された、
ありきたりなこの物語がこれだけ多くの女性たちの心を引き付けたのはなぜか
。その理由は「老いによる愛するものとの別れ」というおとぎ話のその後を描
いているからに他ならない。

「そして二人は幸せになりました」なんていう結末は本当にあるの?恋愛映画
の多くは二人が結ばれるところで終わってしまうからこそ、単なるベタな恋愛
劇に数々の趣向を凝らして観客の期待をじらしていく。ところが【きみに読む
物語】で語られる恋物語は、その設定から先の先まで読み通せるありきたりな
熱愛物語であり、それ単体ではなんの話題にもならない内容だろう。でも大恋
愛の末結ばれた二人は、本当に幸せに一生を送れたの?という疑問に対して、
YESと答えながら、一筋縄ではいかない現実の厳しさを提示している所が、
この作品があなたの涙を搾り出すはずた。個人的に涙を誘ったシーンは、私が
男だからかもしれないが、アルツハイマーで愛する夫すら忘れた妻が、献身的
な看病で一時期記憶を取り戻したものの、抱きしめた瞬間記憶を失い夫を他人
とののしる場面だ。若い頃、後に妻となる女性を失った悲しみを二度と味わい
たくないと語った夫が、晩年になんどもその苦しみを味わうという非情な仕打
ち。不治の病に対して二人への救済があのような形でしか描けないというのは
泣かせるという点ではありだろうが、個人的には寂しく感じてしまった。

この作品でもう一つ嬉しかったのは、私が子供の頃大好きだったアメリカTV
シリーズ【ロックフォードの事件メモ】で活躍していたジェームズ・ガーナー
が老いたものの変わらぬ魅力でご健在だったこと。ぜひこれからも活躍してほ
しい。

--ショートREVIEW------------------------------------------------
【ボーン・スプレマシー】
 製作:2004年 アメリカ映画 108分
 監督:ポール・グリーングラス
  出演:マット・デイモン/フランカ・ポテンテ
 私的作品評価 ☆☆☆★  (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

前作【ボーン・アイデンティティ】と比較すると面白さは数段上。今回はベタ
な恋愛劇とは前半早々に決別し、ひたすら追跡劇と復讐劇に費やすストイック
なアクション映画となっている。特にラストの殺し屋とのカーチェイスは圧巻
。意外なほど突然訪れる決着もくどくなくてカッコいい。ラスト、過去の清算
を行うのはなかなか身勝手な行動だなと思わせてくれる。

--ショートREVIEW------------------------------------------------
【ローレライ】
 製作:2005年 日本映画 208分
 監督:樋口真嗣
  出演:役所浩二/妻夫木 聡/柳葉敏郎/香椎由宇
 私的作品評価 ☆☆☆☆  (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

日本特撮を代表する樋口真嗣の劇場版初監督作品。1945年東京への原爆投
下を阻止する為、ドイツの最新鋭潜水艦「ローレライ」に乗り込んだ日本軍人
たちと最新型センサーの中枢として開発された人間兵器の少女パウラたちの戦
いを描いた非情に日本アニメ的な戦争映画。パウラがセンサーとなる為に機械
とつながれる場面はまるで最近のSFアニメさながら。そこに役所浩二を中心
に演技派を配することで現実感を損なうことなく、アニメ世代にも年配者にも
受け入れられる絶妙のバランスを取りきっている。主砲を配置したローレライ
も実にかっこよく、男心をくすぐる傑作。

───────────────────────────────────
2.フロド&サム ホビット村の映画座談会
  【今夜あなたは一人で眠れない!一番怖い映画は邦画で探せ!!】

フロド:【下妻物語】日本アカデミー賞未冠に終わる。予想されていた結果と
は言え、昨年度最も刺激的かつ革命的なこの作品がまったく評価されないとい
うのは、無念である。いまだ深田恭子が出ているアイドル映画と思っている人
は今すぐレンタルビデオ屋に走って欲しい。会社の同僚にこのように熱く語っ
たら「深田恭子のファンだったんですね」と誤解されてしまったが…。

サム:そりゃNHK「農家の嫁になりたい」を欠かさず観ていて、【下妻物語
】の限定版DVDを買っているんですから、言い逃れは出来ないでしょう。

フロド:あのロリータファッションが似合う女優が日本いや世界中に何人いる
というのだ。演技のへたれさえも笑いにしてしまった【下妻物語】は深田恭子
の魅力を120%発揮させた傑作なのだ。

サム:本性を現しましたね。ところで今回は、コメディと共に賞レースではノ
ミネートすらされない恐怖映画、日本版を決めていきましょう。

フロド:無理やり本題に戻したね。前回は洋画恐怖映画ベストテンを決定した
わけだが、所詮宗教観や生活観の違う国とは、恐怖を共有することは非常に難
しい。たとえば【オーメン】や【エクソシスト】に代表されるように神と悪魔
の対決などは、恐らく無宗派の私などより信心深い人のほうが何倍も怖さを感
じるのはやむをえない結果だろう。

サム:確かに外国映画で怖いと感じるのは「殺人鬼」や「化け物」が突然出て
きたり残酷な仕打ちをしたりという映画的描写だけ。だからこそ、観終わった
後、一人でトイレに行けなくなるようなことはないですね。

フロド:だからこそ、一般的な日本家屋を舞台に呪いの連鎖を描く【呪怨】や
髪の長い女が自宅のテレビから飛び出してくる【リング】のような観客の生活
圏の延長線上に存在する恐怖を描く邦画こそが、怖さを満喫しながら、余韻に
も浸って夜も眠れない刺激的な日本人向け恐怖映画と言えるだろう。

サム:怖い物好きの発想ですね。わざわざ怖がる為に映画館でお金を払うなん
て馬鹿馬鹿しいと言う人もいますよ。

フロド:「泣かせる」「笑わせる」というのは、本来人間がプラス思考で望ん
でいることであり、観客も「感動したい」「面白がりたい」という前向きな気
持ちを持っている、相乗効果が出やすいジャンルなのだ。対して「怖がらせる
」と言う行為に対して人間は「怖がりたい」と言う気持ちと「怖がりたくない
」という恐れがぶつかり合っている。そんな観客を怖がらせる必要があるのだ
から、非常にテクニカルで難しいジャンルであると私は考えている。ま、私の
ように怖がることを望んでいるジャンキーも稀にいるのだがな。

サム:あなたのように怖い映画を観すぎて、ちょっとやそっとじゃ怖がらない
人こそ、怖い気がしますよ。そんなフロド様すら震え上がらせる恐怖映画を是
非紹介してください。

フロド:まずはベストテンを発表しよう。
第一位【CURE キュア】 第二位【八つ墓村】 第三位【マタンゴ】
第四位【リング】 第五位【仄暗い水の底から】 第六位【地獄】
第七位【リング0−バースディ−】 第八位【東海道四谷怪談】 
第九位【回路】 第十位【ガメラ3邪神(イリス)覚醒】

【CURE キュア】は御仁的には洋画邦画問わず最も私を怖がらせた作品
の一つであり、人間の止められない狂気が観る者を圧迫し続ける緊張感が凄
い。第九位に【回路】も入っているが、黒沢清監督は人が怯える本質を理解
し、嫌な部分をついてくる優れたホラー作家だ。山崎努の狂気とラスト洞窟
で追いかけてくる白装束が怖すぎる【八つ墓村】疑心暗鬼に駆られた人間が
たどり着く究極の狂気を描いたトラウマ映画【マタンゴ】はベスト3から外
せない。【リング】はJホラー開祖として先行させてもらったが、作品の出
来と本質的な怖さは三部目に当たる【リング0】の方が数段上。【仄暗い水
の底から】はラスト以外は、正に怪談の見本。オバケなど直接出さなくても
語り口でこんなに怖くなるんです。【地獄】【東海道四谷怪談】は中川監督
の外せない名作怪談。そして【ガメラ3】は怪獣が街で暴れるとどれだけの
被害が起きるか、天災として怪獣を描いた点ではリッパな恐怖映画と言える
だろう。

サム:大ヒットした【呪怨】がありませんね。

フロド:【呪怨】は私の中ではビデオシリーズで終わっている。初めて劇場
版で【呪怨】に触れたなら間違いなくベスト10に入っているのだが、今回
はビデオ作品については見送らせてもらった。

サム:ところでフロド様って大概の映画では怖がりませんけど、最近怖い思
いをした映像とかあるんですか。

フロド:ちょっと前に観たフジテレビ「本当にあった怖い話」に出ていたテ
ープに吹き込まれた霊の声、あれは怖かったぞ。なんせ聞き返す都度に霊の
言葉が少しずつ違ってくるんだから。解説の心霊学者が「このテープに霊が
いますね」と言った時はマジびびったよ。

サム:あれ言っておきますか。

フロド:ほん怖五字切り!「皆(かい)」「祷(とう)」「怖(ほー)」
「無(ぶ)」

サム&フロド:「弱気退散(じゃきたいさん)」喝ーーーー
───────────────────────────────────
3.紅パパ名作劇場
70年代が生み出したサイケディリックな異端児
【ゴジラVSへドラ】
 1971年 日本映画 87分

監督:坂田義光
出演:山内明/木村俊恵/川瀬裕之/柴本俊夫/麻里圭子

ゴジラシリーズ中最大の異色作にして、子供が見たらトラウマになること必死
の毒気に溢れた(ヘドラ自身が公害の塊ですし)問題作。
冒頭ヘドロまみれの海を背景に「水銀、コバルト、カドミュウム〜♪」と有害
物質を次々と歌い上げるサイケディックな主題歌からして尋常でない滑り出し
。公害が生み出したヘドロ怪獣へドラは、その洒落の聞いた名前とは裏腹に、
不気味な造詣で怪獣マニアの評価も非常に高い。その殺傷能力は絶大で、空を
飛び回るだけで有害物質を撒き散らし、劇中ニュースで「ヘドラの被害で10
00万人が死亡…」と伝えられるほど凶悪。当時のゴジラは子供と人間の味方
として描かれていたが、今作ではヘドラの圧倒的強さに翻弄されっぱなし。ヘ
ドロまみれで無敵のゴジラがのた打ち回る姿も圧巻。ゴジラはヘドラの毒攻撃
で片目が潰され、ヘドラの体を突き抜けた腕は溶けて骨が見えているなど、子
供向け映画とは思えないすさまじさ。日本映画カルト作品を探しているなら、
避けて通ることは許されない怪作。良くぞこの企画が通ったものである。


「ゴジラvsへドラ」DVD情報はこちら
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000793DBM/eigakande-22
───────────────────────────────────
4.私も買いたい! 新作DVD発売情報

BEST HITSシリーズ (期間限定)
                         発売中 定価  999円
期間限定でFOX&MGMの傑作・ヒット映画がなんと999円で販売中。
【サウンド・オヴ・ミュージック】など発売時に4000円ぐらい出して買っ
た私としては怒り心頭ですが、1000円札で買えるこのチャンスを見逃す手はあ
りません。私もかなり買いますよ。

DVD情報はこちら→
【ダイ・ハード】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT84/eigakande-22
【フォン・ブース】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTDY/eigakande-22
【エイリアン】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT7K/eigakande-22
【ロミオ&ジュリエット】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTAM/eigakande-22
【サウンド・オブ・ミュージック】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT8O/eigakande-22
【明日に向って撃て】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT7A/eigakande-22
【シザーハンズ(特別編)】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT9I/eigakande-22
【デイ・アフター・トゥモロー】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTG6/eigakande-22
【ムーラン・ルージュ】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTCU/eigakande-22
【ファイトクラブ】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTCA/eigakande-22
【マイノリティ・リポート】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZTD4/eigakande-22
【タイタニック】
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007WZT66/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【笑いの大学】 
                        5/27発売 定価 3990円
いまや日本一の役者と言っても過言ではない役所広司が、コメディでもその実
力を披露。三谷幸喜の脚本も素晴らしく、取調室という限定された空間で見事
な反戦コメディ映画を面白可笑しく作り上げた。2004年度一番笑えた作品。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001M3XGU/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー】+【未来世紀ブラジル】
                        5/25発売 定価 3979円
ジュード・ロウ主演のセピア色レトロヒーロー映画は、お好きな方、未見の方
はどうぞ。ここで注目はツインパックとしてついて来る【未来世紀ブラジル】
鬼才テリー・ギリアムが魂を込めて作った近未来SF映画は、【スカイキャプ
テン】とツインパックで同系列と思われるのが非常に遺憾であるが、こだわり
を名乗る映画ファンに未見は許されない傑作と断言しよう。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007Y49BK/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【ブレイド】
                         4/27発売 定価 2625円
アメコミ映画化の中でも抜群の人気を誇るバンパイアハンター、ブレイド。い
よいよ3作目の公開が始まるが、まずはDVDでそのスピード感溢れるホラー
アクションを満喫してください。低価格にての再販で手に入れるチャンス。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007VLWP4/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【裸の銃を持つ男】
                        3/25発売 定価 1575円
コメディ映画で一時代を築いたレスリー・ニールセン最大のヒットシリーズ。
下ネタ、自虐ネタ、受けようが受けまいがひたすらマシンガンギャグを連発す
るたくましさはハリウッドコメディの真骨頂。繰り返し観ても何度でも笑うこ
とができるのは一流コメディの証だ。他のシリーズも同様に低価格で登場。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007N33Y0/eigakande-22
----------------------------------------------------------------------
【ペーパームーン】
                         3/25発売 定価1575円
個人的なベストムービーとして常に10本の指に入る心の友と呼べる作品。大
人以上にたくましく、そしていじらしい少女を演じるのは、70年代映画ファ
ンにとって憧れのスター、テイタム・オニール。今作では父親のライアン・オ
ニールと文字通り親子役で共演しており、もちろん息もぴったり。劇中使われ
る音楽も非常に素晴らしく、サントラ盤も是非再販してほしい。
DVD情報はこちら→
   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0007N33Z4/eigakande-22
───────────────────────────────────
5.一押し!オススメの逸品

飛び出す絵本の魔術師、ロバート・サブタの代表作
【The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up】US定価$25.95

誰もが知っている「オズの魔法使い」の出版100周年を記念として、「ペー
パーエンジニア」の達人ロバート・サブタが、驚きと感動に満ちた飛び出す絵
本を生み出した。初版の挿絵を再現し、立体感を与えただけでなく、動きを持
ったこの脅威の絵本は、日本で発売されている飛び出す絵本とはまったく別次
元。竜巻に巻き上げられるドロシーの家のページは、絵本を開くと同時に、竜
巻が渦を巻きながら、そびえ立っていくのだ。決して大げさではなく、映画以
上に映画的興奮を生み出すこの絵本は、一ページごとにあなたに興奮と感動を
もたらすはず。これだけ複雑な立体模型がページを折りたたむとすんなり収ま
ってしまい、強度も十分。プレゼントに迷っている方は、是非検討して欲しい
。私は今年の誕生日にかみさんにプレゼントして、大好評でした。きっと一生
の宝物となるはず。

飛び出す絵本「オズの魔法使い」
【The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up】情報はこちらから
                2005年3月11日現在の価格2420円(税込) 
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0689817517/eigakande-22

サブタもう一つの傑作 飛び出す絵本「不思議の国のアリス」
【Alice's Adventures in Wonderland: A Pop-Up 】情報はこちらから
  http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0689847432/eigakande-22 
             2005年3月11日現在の価格2420円(税込) 

───────────────────────────────────
6.徒然なるままに・・・編集後記

月3万円のお小遣いで、会社で飲み食いをし、昼飯を食べ、雑誌を買いながら
映画館へ通うのは、どう考えても不可能。その為、私は「パチンコ」で金銭の
不足分をまかなっている。私の周りにもパチンコでお金を稼ごうとしながら、
大損している方がたくさんいらっしゃるが、私の場合、毎月悪くても1万から
2万円はプラスしており、それが映画やおもちゃの軍資金となっている。
私がパチンコをする上での必勝哲学は
1.パチンコの仕組みととにかく勉強する。確率、抽選の仕組み、店側が行う
  出玉調整方法、本来法律違反である店側による裏ロム等の仕組み
  敵を知らずに懐に飛び込んだら負けてしまいます。
2.軍資金の上限を決め、行く回数を増やす
  私の場合、1回三千円と決めています。ある程度勝ちが積もったらそれを
  五千円、八千円と勝負金を増やします。当然財布の中はその金額しか入れ
  ず、三千円だとものの10分で帰ることもあります。ギャンブルの理想は
  ローリスク・ハイリターンです。
3.大勝を夢見ない。
  たまたま大勝するのは良しとして、普段はたとえ1000円でも勝ったら
  喜んで帰るようにしています。深追いは禁物。上記二番同様、追いかける
  のにも自分ルールが必要です。
詳しく書くときりが無いので止めておきますが、当然このような打ち方はギャ
ンブル好きには向かない方法です。私の場合は、小勝ちを積み上げていく方法
なので、大金を手にすることは非常に稀です。私はお小遣いが少しでも増えれ
ばいいと、欲をかかないことが勝利に繋がっていると思っています。

もしパチンコ特集が読みたい方がいたら、リクエストください。メルマガで語
らせて頂きます。

ちなみに昨日の夜は会社帰りに【エヴァンゲリオン】で久しぶりに10連荘、
5万円大勝となりました。これで今月のお小遣い安泰で映画館に安心して通え
ます。

メールマガジンリニューアルにあわせてHPも新装開店いたしました。お暇な
時に是非お立ち寄りください。
───────────────────────────────────
      映画館をこよなく愛する紅乃ちゃんのパパがお贈りする

                 HP< 映画館で逢いましょう >  
                 http://www.geocities.jp/kurenataka/
───────────────────────────────────

   ご意見・ご感想はこちらまで   kurenataka@ybb.ne.jp

───────────────────────────────────
         【映画館で逢いましょう】 創刊1999年11月16日
● 発行者:紅乃ちゃんのパパ
● 登録・解除はこちらからお願いします。
 「めろんぱん」http://www.melonpan.net/mag.php?004204 ID:004204
 「まぐまぐ」  http://www.mag2.com/   ID:0000039615
 「マッキー」  http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
 「メルマ」   http://www.melma.com/ ID:m00020145
  (発行者による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません)
記事の無断転載はお断りします
等幅フォントでご覧いただくと読みやすくなります。
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-09  
最終発行日:  
発行周期:月四回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。