映画

映画館で逢いましょう

「映画との最良の出会いの場は映画館」を信条とし、劇場公開作品のREVIEW、オススメビデオ・名作映画のご紹介、その他特集記事を月一回お届けする映画批評月刊誌です。

全て表示する >

映画館で逢いましょう 第217号 【 クイール 】

2004/04/19

─映画の真価は、映画館でこそ問われるべき───────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

< 紅パパの 映画館で逢いましょう >  vol.217(2004. 4. 19)

発行者:映画館鑑賞推進委員長 紅乃ちゃんのパパ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
───────────────────────────────────
       http://www.geocities.jp/kurenataka/  (毎週金曜日更新)
───────────────────────────────────
メルマガ【映画館で逢いましょう】は鑑賞前でも安心してお読みいただける
ネタバレ無添加のREVIEWを心がけております。
───────────────────────────────────
==contents==
1.本日の上映作品
  【 クイール 】
2.一時休刊のお知らせ(約1ヶ月ぐらい)
───────────────────────────────────
1.本日の上映作品
【 クイール 】
 製作:2004年 日本映画 100分

 私的作品評価 ☆☆☆★ /大げさな演出なしでもタップリ泣かせてくれる
     (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

●作品紹介
実在する盲導犬クイールの一生を写真でつづったベストセラー「盲導犬クイー
ルの一生」を日本娯楽映画の第一人者雀洋一監督が映画化。ファミリー映画と
およそ無縁に思える雀洋一を起用したこの大胆な企画は、見事に成功を収め、
春休み興行でも見事に大ヒットを記録した。
盲導犬クイールとクイールに関わった人々との愛と優しさに満ちたドラマは、
きっとあなたの胸に熱い感動を与えてくれるだろう。

●作品データ―
監督:雀洋一(月はどっちに出ている)(刑務所の中) 脚本:中村義洋(仄
暗い水の底から) 撮影:藤澤順一(ターン)(狗神) 音楽:栗コーダーカ
ルテット 出演:小林 薫(阿修羅のごとく)/香川照之(赤い月)/寺島し
のぶ(ヴァイブレーター)/櫻谷由貴花(ごめん)/ラフィー(成犬クイール
役)

●REVIEW
雀洋一監督がファミリー向け動物映画を撮ると聞いて、邦画ファンは驚きの声
を上げ、そして完成した【クイール】を観て、このコラボレーションの成功を
目の当たりにするだろう。雀監督は、これまでの動物映画とは異なるアプロー
チをもって、新たな動物映画の新境地を開拓したといっても言い過ぎではある
まい。

通常動物が主役の映画を撮る場合、動物に対して子供が愛着を持てるように、
ひたすら可愛く描くファミリー映画か、一歩引いた視点で動物を見つめるドキ
ュメンタリー映画に偏ることが多い。しかしながら【クイール】で雀監督が目
指したのは、動物と人間が対等に語り合うドラマを主軸に、子供も大人もそれ
ぞれの視点で楽しめる娯楽作品を作り上げた。

子供の視点から観れば、可愛いクイールの子犬時代に驚嘆し、怖いおじさんに
もめげずに献身的に尽くす盲導犬の姿に感動するであろう。そして付き添いの
大人から見れば、クイールに対して、訓練の為、犬とは一線を引きながらも溢
れんばかりの愛を注ぐ訓練士や不器用ゆえにクイールと心が触れ合った瞬間に
新たな光が注ぎだす盲目の男性に、静かな涙を流すことだろう。観に来た全て
の世代が楽しめるこの作品が春休み、大ヒットしたことは、その実力からして
必然の出来事なのだ。

いつもより短いREVIEWで申し訳ございません。
言い訳はこの後に・・・。
───────────────────────────────────
2.一時休刊のお知らせ(約1ヶ月ぐらい)

この度、会社の命により、2年間暮らした茨城県水戸市から埼玉県川口市へと
引越することとなりました。

転勤を言い渡されたのが16日の午後、そして27日が着任日となる為、25
日日曜日には引越となります。小学生と幼稚園の子供がいて、10日間で転居
先から引越の手続き、準備を行い、川口市に着いたら、私はすぐ仕事につかな
ければなりません。相変わらずとんでもない異動を言い渡す会社です。

娘は、これで小学校3校目、リッパな旅ガラスです。今日19日に家族で川口
市に赴き転居先を決めてきました。これからひたすら荷物詰めと引越の手続き
です。

と言う訳で、このメルマガのREVIEWも中途半端な短さになってしまいま
した。明日転居先の電話番号を決め、ヤフーに転居手続きをしたらパソコンを
梱包します。出来るだけ転居先で早くパソコンを再開したいところですが、今
度行く仕事場は今までの3.5倍忙しいことが予測されるので、すぐに再開で
きるか分からないのが正直なところです。とりあえず一ヶ月ぐらい休刊させて
いただき、5月下旬より発行を再開する予定ですので、もし出来ましたら、ち
ょっとお待ちください。

川口市は池袋まで20分程度で行けるので、今までより映画はたくさん観るこ
とが出来ると思います。地方では見られなかったミニシアター系の作品もどん
どん紹介できればと思っています。

GW興行作品は私の分まで楽しんで見てください。
───────────────────────────────────
      映画館をこよなく愛する紅乃ちゃんのパパがお贈りする

                 HP< 映画館で逢いましょう >  
                 http://www.geocities.jp/kurenataka/

劇場公開作品のREVIEW・RENTALVIDEOのお勧め紹介・PostCardCollection展示
など映画尽くしのページです。共に映画について語り合いましょう。
───────────────────────────────────

   ご意見・ご感想はこちらまで   kurenataka@ybb.ne.jp

───────────────────────────────────
         【映画館で逢いましょう】 創刊1999年11月16日
● 発行者:紅乃ちゃんのパパ
● 登録・解除はこちらからお願いします。
 「めろんぱん」http://www.melonpan.net/mag.php?004204 ID:004204
 「まぐまぐ」  http://www.mag2.com/   ID:0000039615
 「マッキー」  http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
 「メルマ」   http://www.melma.com/ ID:m00020145
 「posbee」  http://www.posbee.com/user/taikai.php  ID:00002825
  (発行者による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません)
記事の無断転載はお断りします
等幅フォントでご覧いただくと読みやすくなります。
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-09  
最終発行日:  
発行周期:月四回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。