映画

映画館で逢いましょう

「映画との最良の出会いの場は映画館」を信条とし、劇場公開作品のREVIEW、オススメビデオ・名作映画のご紹介、その他特集記事を月一回お届けする映画批評月刊誌です。

全て表示する >

映画館で逢いましょう 第212号 【 ゼブラーマン 】

2004/02/25

─映画の真価は、映画館でこそ問われるべき───────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

< 紅パパの 映画館で逢いましょう >  vol.212(2004. 2. 25)

発行者:映画館鑑賞推進委員長 紅乃ちゃんのパパ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
───────────────────────────────────
       http://www.geocities.jp/kurenataka/  (毎週金曜日更新)
───────────────────────────────────
メルマガ【映画館で逢いましょう】は鑑賞前でも安心してお読みいただける
ネタバレ無添加のREVIEWを心がけております。
───────────────────────────────────
==contents==
1.本日の上映作品
  【 ゼブラーマン 】
2.映画館で逢えなかった作品は、ビデオでチェック!
  【 トーク・トゥ・ハー 】
3.徒然なるままに・・・編集後記
4.映画批評集「映画館で逢いましょう」注文受付中!!
───────────────────────────────────
1.本日の上映作品
【 ゼブラーマン 】
 製作:2004年 日本映画 115分

 私的作品評価 ☆☆☆★ /哀川翔主演100本記念作品はヒーロー物!!
     (☆20点★10点 ☆☆☆が標準ライン)

●作品紹介
かなり暗めの小学校教師、市川は学校はもちろん家庭でも浮いた存在感のない
父親。そんなぱっとしない市川のひそかな趣味は、子供の頃放映されていた特
撮番組で、人気がなくあっと言う間に打ち切りとなった【ゼブラーマン】。憧
れのセブラーマンのコスチュームを自作した市川は、ある日世間を騒がせてい
た通り魔とコスプレ中にばったり遭遇する。ところがその通り魔は、カニの仮
面をかぶった本物の宇宙人だった。街の平和を守るため、市川はゼブラーマン
となって戦うことを決意する。
哀川翔主演100本記念作品として製作された【ゼブラーマン】は三池崇史監
督と宮藤官九郎による脚本を得て、誰もが楽しめるヒーロー物として登場。そ
こいらの俳優が束になっても叶わないキャリアを持つ哀川翔の為に作られた記
念作品に相応しい一流の娯楽作品の登場。


●作品データ―
監督:三池崇史(着信アリ)(極道恐怖大劇場 牛頭) 脚本:宮藤官九郎(
GO)(ピンポン) 撮影:田中一成 音楽:遠藤浩二 出演:哀川翔(黄泉
がえり)(DEAD OR ALIVE FINAL)/鈴木京香(竜馬の妻と
その夫と愛人)/内村光良/市川由衣/大杉漣/渡辺篤郎

●REVIEW
哀川翔主演100本記念作品、三池監督と宮藤官九郎の脚本によるヒーロー物
。こんな無茶て素敵な企画が本当に製作されるのかと真剣に心配していた邦画
ファンも多かったのではないか。「信じれば夢は叶う」作品のテーマをそのま
ま体現した【ゼブラーマン】がついに公開された。

?シネマを中心に活躍する俳優哀川翔。やくざ映画をご覧にならない人には、
彼の作品を見たことすらない人も多いだろう。しかしながら、哀川翔は、現在
活躍する俳優の中でも、群を抜いて出演作の多い、影の(失礼な言い方だが)
売れっ子俳優の一人なのである。やくざ映画に出演作の多い哀川翔だが、彼自
身は決してこわもての顔立ちではなく、むしろ【ゼブラーマン】に登場するよ
うな気の弱い平凡な男が良く似合う気もする。一見すると無個性にも見える哀
川翔。しかし大人しそうな瞳の奥に垣間見える冷たい刃物のような冷酷さが、
観るものに忘れられない印象を与える男を演じることができる稀有なる名優な
のだ。

名優 哀川翔を讃える為に作られた【ゼブラーマン】は、三池監督による緩急
のついた演出と、遊び心に満ちた宮藤官九郎の脚本によって愛すべき娯楽作品
として満足の行く作品となった。「やりすぎ感」が漂う過度なサービスを心地
よく感じさせるセンスの良さが、コアな邦画ファンのみならず、娯楽映画を好
むライトな映画ファンにも受け入れられるのではないか。

娯楽作品としては及第点以上の【ゼブラーマン】。だが、個人的には期待が大
き過ぎた為か、思いのほか乗り切れなかったのも事実だ。その一番の要因は、
哀川翔、三池崇史、宮藤官九郎が、恐らく「おたく度」の低い人たちの為、マ
ニアが夢を叶えるというアクの強いテーマが、淡白になってしまっているせい
だろう。ゼブラーマンがなぜ強いのかをはっきり説明しないことは、短い映画
の中では許されるが、哀川翔演じる主人公 市川が、ゼブラーマンという昔の
ヒーロー像に逃げ込むストレスやマニアゆえの暗さを描ききれなくては、市川
がゼブラーマンとして戦う理由が見えなくなってしまう。前半描かれる市川の
私生活をもう少しねちっこく描いていけば、終盤の馬鹿馬鹿しい展開がより大
きなカタルシスを生んでくれただろうと思うと残念でならない。

仮面ライダー世代としては、前半カニ男とゼブラーマンが戦うあの心ときめく
格闘シーンを生み出してくれただけでも、十分満足させてもらったのも事実。
出来れば、哀川翔主演でテレビシリーズ化してもらいたいものだ。
───────────────────────────────────
2.映画館で逢えなかった作品は、ビデオでチェック!
【 トーク・トゥ・ハー 】
私的作品評価 ☆☆☆☆
2002年 スペイン映画 114分
監督:ペドロ・アルモドバル 出演:レオネール・ワトリング

【オール・アバウト・マイ・マザー】で完璧なる女性映画を作り出したペドロ
監督最新作。事故により植物人間と化した二人の女性。それぞれの女性には付
き添う恋人がいた。一人は、確かに闘牛士の女性に付き添う男性は以前恋人だ
った男性だが元バレリーナの女性に付き添う男性は、彼女の専属看護士だった
。ところが看護士は、「わたしたちは愛し合っている」と言い放つ。二人の間
にあった出来事とは、そしてそれぞれの恋の行方は?
淡々とした物語を飽きることなく紡ぎ合わせ、怒涛の終盤まで一気に見せるペ
ドロ監督の演出力は見事という他ない。日本では無名の俳優が多いが、誰もが
見事に自分の役柄を演じており、俳優の魅力を引き出すという点でも前作に引
き続き監督の手腕が垣間見える。未見の方は【オール・アバウト・マイ・マザ
ー】と合わせてご覧になることを強くオススメする。

この作品は、新作コーナーにあります。
───────────────────────────────────
3.徒然なるままに・・・編集後記
2月25日(木)
世の中、まるで映画のような偶然ってあるもんです。

先週末我が家は、横浜に一泊旅行に出かけてきました。みなとみらいに立ち寄
った後、中華街に着き、オープンしたばかりの「横浜大世界」を観に行きまし
た。入場券を買い、エレベーターで最上階まで案内されている途中、エレベー
ター内で後ろをトントンと指で叩かれました。かみさんか子供が叩いたのかと
思ったのですが、家族は私の前にいます。後ろを振り返るとどこかで見たこと
のある女性がいます。彼女は「○○○○さんですよね」と言ってきました。そ
こで私も思い出しました。なんと彼女は私がいた4店舗前の転勤先の職場での
後輩で、私が転勤した直後会社を退社した女の子(今はリッパの女性です)だっ
たのです。最後にあってからかれこれ9年ぐらい経つでしょうか。話を聞いて
見ると彼女は今横浜で暮らしていて、たまたま今日横浜大世界に友達と遊びに
来ていたとのことでした。たまたま茨城から旅行で横浜に来て、たまたま寄っ
た観光地で知り合いとばったり出くわす。こんな偶然があるから世の中面白い
。ちなみに私は、意外とこのような出会いが多いのですが、なぜなんでしょう
。その話は、またいつの日かお話ししましょう。

ちなみに旅行二日目は東京ドームシティにて「アバレンジャーショー、素顔の
戦士たち」を見てきました。これはアバレンジャーという子供番組の着ぐるみ
ショーなのですが、実際に出演していた俳優さんたちが出ていて子供達のみな
らず、お母さん方も大いに盛り上がってました。イケメンヒーローは、生で見
ると本当にかっこよかったですね。
───────────────────────────────────
4.映画批評集「映画館で逢いましょう」好評発売中!!

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
メールマガジン 第200号&創刊4周年記念
  「映画館で逢いましょう」 著者 紅乃ちゃんのパパ
     A5版 全211頁販売 価格 図書券1000円分(送料込み)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【アメリ】【8Mile】【ターミネーター3】【猟奇的な彼女】【キル・ビ
ルvol. 1 】【マトリックス・レボリューションズ】【少林サッカー】【
フレディvsジェイソン】【座頭市】【黄泉がえり】【呪怨】【クレヨンしん
ちゃん】【ゴジラvsメカゴジラ】他、ジャンル、洋画邦画を問わない138
本の映画批評を収録。
映画の真価は映画館でこそ問われる!を信条とし、鑑賞前でも安心のネタバレ
なし批評で映画を紹介し続けるメールマガジン「映画館で逢いましょう」第2
00号&創刊4周年の集大成。パソコン用のプリンターで印刷し、著者本人の
手による製本での出版です。本格的な出版物に近い状態に仕上がっています。

◆申込方法
電子メールにて住所、お名前、メールアドレスをお知らせください。製本が出
来次第お送りいたします。手作りの為万が一注文が重複した場合お届けが遅れ
る場合もございます。
◆返礼方法
お送りした本に返信用封筒が入っています。封筒に図書券1000円分を入れて添
付された住所までご返送ください。
◆お断り事項
送料はこちらで負担させていただきます。(返信用封筒の切手のみご負担お願
いします)
本の代金は送料+制作費でほとんど占められてます。この本は営利目的ではあ
りません。ご満足いただけない時は、図書券の返送はいりません。
完全手作りの為、お一人様一冊の注文に限らせていただきます。
◆発送日程について
初回掲載時、筆者の予想以上の注文があり、10日間ほど暇な時間はほとんど
本の制作に費やされてしまいました。これでは映画すら観れなくなってしまう
ので、月の受注を5名様までとさせていただきます。これを超える場合は、翌
月以降の発送にさせていただく旨の連絡をさせていただくこともございます。

注文先電子メール  kurenataka@ybb.ne.jp
見本写真あります  http://www.geocities.jp/kurenataka/
では、よろしくお願いします。
───────────────────────────────────
      映画館をこよなく愛する紅乃ちゃんのパパがお贈りする

                 HP< 映画館で逢いましょう >  
                 http://www.geocities.jp/kurenataka/

劇場公開作品のREVIEW・RENTALVIDEOのお勧め紹介・PostCardCollection展示
など映画尽くしのページです。共に映画について語り合いましょう。
───────────────────────────────────

   ご意見・ご感想はこちらまで   kurenataka@ybb.ne.jp

───────────────────────────────────
         【映画館で逢いましょう】 創刊1999年11月16日
● 発行者:紅乃ちゃんのパパ
● 登録・解除はこちらからお願いします。
 「めろんぱん」http://www.melonpan.net/mag.php?004204 ID:004204
 「まぐまぐ」  http://www.mag2.com/   ID:0000039615
 「マッキー」  http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
 「メルマ」   http://www.melma.com/ ID:m00020145
 「posbee」  http://www.posbee.com/user/taikai.php  ID:00002825
  (発行者による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません)
記事の無断転載はお断りします
等幅フォントでご覧いただくと読みやすくなります。
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-09  
最終発行日:  
発行周期:月四回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。