映画

映画館で逢いましょう

「映画との最良の出会いの場は映画館」を信条とし、劇場公開作品のREVIEW、オススメビデオ・名作映画のご紹介、その他特集記事を月一回お届けする映画批評月刊誌です。

全て表示する >

【映画館で逢いましょう】第29号

2000/12/22

───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
─月4部以上────────────────────発行部数649部─
          公開中の新作映画のお勧め度レビュー    
        紅乃ちゃんのパパの【映画館で逢いましょう】
       http://www2.gateway.ne.jp/~kurena/index.html      
       2000年12月22日発行  第29号(第59号)
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
───────────────────────────────────
《目次》
【1】本日の紹介作品 『グリンチ』 
【2】期待の劇場公開作品、鑑賞予定度チェック
【3】『ジャンルで観よう』
【4】編集後記
【5】お勧め度レビュー記事募集のお願い

─【1】───────────────────────────────
              本日の紹介作品
            ◆◆◆ グリンチ ◆◆◆
                  (THE GRINCH)
───────────────────────────────────
●公式ホームページ    http://www.uipjapan.com/grinch/index.htm
───────────────────────────────────
●作品紹介
 「フー」たちの住むフーヴィルはクリスマスを何よりも愛する街。けれども
1人だけクリスマスが大嫌いな奴がいる。クリスマスはなぜ特別な日なのか、
その疑問にやさしく応えてくれる寓話。
───────────────────────────────────
●監督
 ロン・ハワード(コクーン)(身代金)(アポロ13)
●音楽
 ジェームズ・ホーナー(タイタニック)(ディープ・インパクト)
●脚本
 ジェフリー・プライス&ピーター・S・シーマン(ロジャーラビット)
●出演
 ジム・キャリー(マン・オン・ザ・ムーン)(マスク)
 テイラー・マムサン(劇場映画デビュー)
 クリスティン・バランスキー(ブルワーズ)(アダムスファミリー2)
 ビル・アーウィン(ステッピング・アウト)(真夏の夜の夢)
───────────────────────────────────
●鑑賞記録
 2000年12月19日21時35分〜12時45分  Ticket 1200円
 ワーナーマイカルシネマズ              Pamphlet 600円
 完璧なるクリスマス映画。はっきり言って25日以降の客数はかなり落ちる
 のでは。
───────────────────────────────────
●お勧め度 ☆☆☆   子供でもわかるストレートなメッセージ。大人はジ
  (5ツ星が満点)  ム・キャリーが退屈させません。
───────────────────────────────────
●Review
 
 てっきりジム・キャリーは「マン・オン・ザ・ムーン」で演技派への転向を
図るんじゃないかと、密かに心配していたのですが、「グリンチ」を観ればそ
んな不安は吹き飛びました。ジム・キャリーの出世作「マスク」を上回る厚い
メイクに全身を包みながら、しっかりみんなの知っているジム・キャリーをそ
こに感じるのです。

 原作は1957年に書かれた寓話「グリンチがどうやってクリスマスを盗ん
だか」。アメリカではかなり有名な話しのようだ。その内容は幼児にもわかる
ストレートなお話し。子供連れで出かけるのもいい選択肢であろう。ただ、ジ
ム・キャリーのトークが吹き替えになることは、個人的には耐えがたく、今回
は字幕版を鑑賞した。(子供は観たいと言っていたが、お留守番させました)

 ジム・キャリーに施されたメイクが素晴らしい。意地悪そうな、憎たらしそ
うな、それでいて寂しそうなグリンチの風貌。なによりあれだけの厚いメイク
からジム・キャリー独特の表情がはっきりわかるのだからすごい。さすがはメ
イクアップの第一人者リック・ベイカー。

 素晴らしいメイクに負けない熱演を見せてくれたジム・キャリー。街の人が
大嫌いで、クリスマスが大嫌いで、でもすごく寂しがり家のグリンチというキ
ャラクターに見事に命を吹き込んでいる。いたずらを思いついたときの表情が
なんとも楽しげなことか。

 芸達者なジム・キャリーを相手に一歩も引けを取らない名演を見せてくれる
のがグリンチ唯一の友達でもある愛犬マックスとグリンチのハートに愛を注ぎ
込む少女シンディ演じるテイラー・モムセン。どちらもこの作品がデビューと
は思えない素晴らしさ。愛犬マックス演じる犬のケリーは動物保護施設にいた
犬を連れてきたというから驚きだ。テイラー・モムセンは6歳ならではの可愛
らしさ爆裂。グリンチが心を開いていくのもうなずける純な愛らしさにあふれ
ている。「どんな名優も動物と子供には勝てない」と言うが、この点でもジム
・キャリーの個性は一歩も引いていないのがすごい。

 大人が見るにはやや物足りない物語かもしれない。けれどもここで語られる
テーマは必ず心に響くはずだ。クリスマス、あなたが本当に大切にしなければ
ならないものはなんなのか、是非観に行って確かめて欲しい。 
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
─【2】───────────────────────────────
●期待の劇場公開作品
 【Unbreakable】 → 鑑賞予定度 100%
   名作「シックス・センス」のコンビ、M・ナイト・シャマラン監督とブ
   ルース・ウィルスが放つサスペンス大作。痺れる予告編です。

 【ゴジラ×メガギラス】 → 鑑賞予定度 50%
   ミレニアムシリーズからゴジラも悪役に返り咲き、迫力アップ。前作振
   るわなかったライバル怪獣の奮起に期待。
 
 【102】 → 鑑賞予定度  40%
   我が家の子供達は観たい観たいの大合唱。グレン・クローズのクルエラ
   は怖いぐらいはまってます。
       
 【ダンサー・イン・ザ・ダーク】 → 鑑賞予定度 100%
   前評判かなり高いです。ミュージカル風の作りもそそられる。

 【コヨーテ・アグリー】 → 鑑賞予定度 60%
   美形のお姉さん勢ぞろい。年末を飾るにふさわしいにぎやかそうな映画
 
 【ふたりの男とひとりの女】 → 鑑賞予定度 60%
   ジム・キャリーの顔の筋肉は凄すぎる。
 
 【レッド・プラネット】 → 鑑賞予定度 60%
   「ミッション・トゥ・マーズ」でがっかりさせられたので観るのはびく
    びくもの。てんこもりの内容を消化し切れるのか。

 【シックス・デイ】 → 鑑賞予定度 40%
   予告編は何度観ても上手いなーと思う。いい予告編ですよ。うん。
    
 【オーロラの彼方へ】 → 鑑賞予定度60%
   予備知識0です。何も知らずに行ってみようかと思ってます。
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
─【3】───────────────────────────────
●『ジャンルで観よう』
 
  まだ体調戻らず。今回もお休みさせてください。(映画に行かなきゃとっ
 くに直ってるかも)
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
─【4】───────────────────────────────
●編集後記

 私の仕事はサービス業。これから年末年始にかけて一年で一番急がしい時期
に突入してしまいます。年内もう1本ぐらい見たいと思っているのですが、も
しかしたらこれが年内最後のメルマガになるかもしれません。ですから一応挨
拶をしておきます。
本年はメルマガ「映画館で逢いましょう」を購読して頂いて本当にありがとう
ございます。まだまだ拙い文章ではありますが、どうぞこれからもよろしくお
願いします。
なんとかもう1本観たいんですが。どうなることやら。
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
─【5】───────────────────────────────
●お勧め度レビュー記事募集のお願い
 メールマガジン【映画館で逢いましょう】では読者の方からの映画レビュー
を募集しています。投稿の際は以下のことをお約束させてください。

1.公開中の作品については極力ネタばれを避けてください。なるべく内容に
  触れずに感動を伝える文章も書いていると楽しいですよ。
2.公開が終了した作品については制約はありません。どんどん投稿して下さ
  い。
3.私はしがないサラリーマンですので投稿が多すぎる場合には掲載に時間が
  かかる場合も出るかも知れません。
4.作品を一方的に中傷する批評、ネタばれのある批評などは載せられない場
  合もありますのでご了承ください。
5.このメールマガジンは掲載内容の転載OKなので投稿いただいたレビュー
  も同様になることをご了承ください。
投稿は kurena@gw2.gateway.ne.jp まで、お待ちしています。

───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
───────────────────────────────────
      映画館をこよなく愛する紅乃ちゃんのパパがお贈りする
          HP【映画館で逢いましょう】       
劇場公開作品のREVIEW・RENTALVIDEOのお勧め紹介・PostCardCollectionの
紹介など映画尽くしのページです。共に映画について語り合いましょう。
       http://www2.gateway.ne.jp/~kurena/index.html
───────────────────────────────────
       映画について熱く語り合うネタばれ掲示板開設
  極力ネタばれしない様に書いているメールマガジンのストレス発散場所
私が観た映画に限るというわがままをお許しください。世間話ももちろんOK
       http://bbs.gateway.ne.jp/bbs.cgi?num=429
───────────────────────────────────
   ご意見・ご感想お待ちしてます   kurena@gw2.gateway.ne.jp
───────────────────────────────────
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
───────────────────────────────────
このマガジンは、以下の配信システムを利用して発行しています。
「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/   ID:0000039615
「マッキー」 http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
「メルマ」  http://www.melma.com/ ID:m00020145
───────────────────────────────────
  【映画館で逢いましょう】 創刊1999年11月16日
    2000年12月22日発行  第29号(第59号)
● 発行者:紅乃ちゃんのパパ
● 発行部数:649部(3誌合計)
● 登録・解除はこちらからお願いします。
 「まぐまぐ」 http://www.mag2.com/   ID:0000039615
 「マッキー」 http://macky.nifty.com/index.htm ID:kurena
 「メルマ」  http://www.melma.com/ ID:m00020145
  (発行者による解除、アドレスの変更等は一切行っておりません)
● 掲載内容の転載・リンク大歓迎。ご一報いただければ幸いです
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-09  
最終発行日:  
発行周期:月四回以上  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。