ジャーナリズム

週刊Crypto Journal

『週刊Crypto Jounal』はWEB媒体や月刊誌で連載を持つジャーナリスト師田賢人(モロタケント)が、仮想通貨/ブロックチェーンの重要ニュースをピックアップして解説する無料メールマガジンです。配信は毎週日曜日の22:00です。

メルマガ情報

創刊日:2018-11-02  
最終発行日:2018-11-11  
発行周期:週刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

↓今このメルマガに登録すると抽選でAmazon(r)ギフト券プレゼント
新創刊メルマガを応援しよう!プレゼント対象の新創刊メルマガ一覧はこちらから!

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【週刊Crypto Journal(#Week1)】BCHハードフォーク状況、Ethedelta告発、Bitmainハッキング

2018/11/11

Week#1:11月5日〜11月11日の注目ニュース

1. BitMEX Launches New Fork Monitoring Website to Keep Track of Bitcoin Forks

海外取引所のBitMEXがBTCとBCHのフォーク(分岐)を追跡できるサービスFork Monitorをリリースしました。これは、今月15日に予定されているビットコインのハードフォークに備えて開発されています。BCHは、次期アップデートに関して意見が割れ、Bitcoin ABC(変革派)とBitcoin SV(原点回帰派)の2つの派閥が対立しています。このまま行けば、昨年8月1日のBCH誕生のように新しい通貨が生まれます。BCHは元々ハードフォークにより随時アップデートをする方針を採用しているため、それ自体は悪いことではありませんが、コミュニティーが分割すると、ネットワークの攻撃されるリスクは高まってしまいます。そのため、通貨の将来性を考えると決して好ましい状況ではありません。ただイベントとしては興味深いので界隈の人たちは経過に注目しています。

2. Etherdelta Founder Fined $400K for Operating Unregistered Securities Exchange

分散型取引所(DEX)のEtherdelta(イーサデルタ)の創業者であるZachary Coburn(ザカリー・コバーン)が米国の証券取引委員会(SEC)により、セキュリティ(証券)トークンを未登録で扱っているとして、約4,500万円の支払いを命じられました。これはとても重要な意味を持つ出来事です。元々、分散化されたサービスは、スマートコントラクトにより動くため運営者を必要とせず、それ故に検閲に対する体制があるとされてきました。つまり、文句を言おうと思っても誰が取り仕切っているか不明なためできないということです。しかしながら、これは現実世界で通用しないということが明らかになりました。これから、このような取り締まりは増えていくでしょう。勿論、最終的には法廷で争って前例が出来るまで議論ははっきりしませんが、事業者は規制に該当するかどうかを吟味する必要がありそうです。これに関して、スマートコントラクトすなわちプログラミングコードはアイディアを表現するものであり、SECは表現の自由を制限する権利が無いという議論があり、個人的には賛成ですが中々厳しそうです。

3. Bitmain Sues Mystery Bitcoin Thief Who Hacked Its Binance Account

マイニング大手のBitmainが、ハッキングによって550万ドルの損失を被ったとして、ハッカーを訴訟しました。ハッカーは、同社のBinanceのアカウントを乗っ取り、価格操作などにより利益を得ていたようです。ここで大事なのは、どんなにセキュリティに気をつけていても、単一障害点を持つエンティティはしばしばハッキングされるということです。日本の銀行も公表はされませんが、たびたびハッキングにより被害を受けています。盗まれるのはお金だけではありません。GoogleもFacebookも大量の個人情報を盗まれ、ニュースになりましたよね。そのため、私たちはこのような単一障害点を持つ大きな組織にリソースを預ける時は、不正に盗まれるリスクを念頭に置かなければなりません。サイバー攻撃を完全に防ぐことは現実的に不可能であることを忘れないようにしましょう。

今回は、週刊Crypto Journalの初めての配信でした。次回以降は取り上げるニュースの数をもう少し増やしていきたいと思います。引き続きよろしくお願いします m(_ _ )m


  • 発行者:師田賢人(Morota Kento)
  • 連絡先:kento.morota@gmail.com

解約は

us-201007@mc.melma.com

に空メールを送信して下さい。

最新のコメント

  • コメントはありません。