生涯学習

ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜

自分自身の才能を生かし、夢や希望を実現して、自分ハッピーな人生を生きていきたいと思いませんか?「ジブイク」とは、「自分教育」のこと。そのための心のあり方、スキル、学び情報などをお伝えしながら、読者の皆さんが自分ハッピーになれる「ジブイク」を応援していきます

全て表示する >

ジブイクのすすめ 〜自分ハッピーで生きていこう!〜10月2日号 No294「セルフドリブン・チャイルド」

2019/10/02

おはようございます。
マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日は、美術館で美術鑑賞をしてきました。友達のガイドで、違う視点から美術作品を知ることができ、とても有意義な時間でした。

今日は、書籍の紹介をします。

「セルフドリブン・チャイルド 脳科学が教える『子どもにまかせる』育て方」
 byウイリアム・スティクスラッド他(NTT出版)

本書は、臨床神経心理学者で脳科学のスペシャリストと、

米国でも有数な個人指導塾の創設者が、

タッグを組んで書いた本です。

帯の見返しに、次のような言葉が書いてあります。

「親の役割は、学校で、そして何より重要なのは、
 人生で成功するための判断力が身につくように、
 自主的に考え、行動する方法を子どもに教えることだ。
 私たちの目的は、親のプレッシャーに依存するモデルから、
 子ども自身のやる気を育むモデルへの転換である。」

副題にもあるように、

本書は、子ども本来の力を信じ、意欲と主体的な判断・行動を

育みたいと考える親や教育関係者への提言となります。

ここでの重要なキーワードが、

「コントロール感」というものです。

これが欠如すると、子どもは無力感にさいなまれ、

受動的になったりあきらめたりすることが多くなるのだそうです。

ですから、親は子の上司や監督ではなく、

コンサルタントとして

子どもが自主的に判断できる力に気づかせ

伸ばすことが重要だということです。

それでは構成です。

はじめに:なぜ「コントロール館」が重要なのか

第1章:この世でいちばんのストレス

第2章:宿題は誰の責任?ーコンサルタントとしての親

第3章:「それは君が決めること」ー意志決定者としての子ども

第4章:「不安のない存在」になるー親子の「コントロール感」を高める方法

第5章:モチベーションー子供のやる気を引き出す方法

第6章:深い休息

第7章:睡眠ー最も深い休息

第8章:学校にも「コントロール感」を

第9章:年中無休の覚醒状態ーテクノロジーの獣を飼い慣らす

第10章:頭と体を鍛える

第11章:学習障害、ADHD、自閉症スペクトラム障害への対応

第12章:大学受験ーSAT,ACT,その他もろもろ

第13章:大学に行く準備はできているか

第14章:別の進路

おわりに:前進しよう

これらは、研究+実践から書かれているので、

納得できることが多々あります。

章の最後に、

「今晩すること」というコーナーもあり、

実際に活用するヒントも書かれています。

そして、

この本結構分厚いのです。

370ページもあります。

その中から「コントロール感」に関連することを

一つ紹介します。

親としては、子どもに全て任せることに

不安を感じることがあると思います。

その際、次の3つの前提を受け入れることと、

任せないことがあっていいことを

知っておくと安心すると思います。

まず、三つの前提とは、

1 きみ(子ども)についていちばんくわしいのは、きみ自身だ。

2 きみの頭には脳がある。

3 きみは人生で成功したい。

だから、

「それはきみが決めること」、

子どもは意思決定者であるという意見を

受け入れることが大切なのです。

しかし、全てを任せていいというものではありません。

これは、制限を設けることを否定するものではないのです。

親が自分の意見を伝えてもいいですし、

それは危険、任せられない、と思うことは制限していいのです。

子どもは、自分ではまだできない決定を

親がしてくれることで安心もするのです。

周りの世界が安全だと子どもが知ることは、

その力を育むためには何よりも大切なことだということも

頭に留めておく必要があります。

重要なのは、

「子どもの人生で、子どもが決められることは、親が決めることではない」

ということです。

そのためにも、

親が、まず子どもがコントロールしても構わない範囲を定めておいて、

その範囲外では親がある程度決定する姿を見せて、

意思決定ができるために学ばせることが大切なのだそうです。


買って半年以上積ん読していたこの本。

レゾナンスリーディング で読んだら、

貴重な気づきをいっぱい発見したので、

紹介したいと思いました。

一部読むだけでも、価値はある本です。

「セルフドリブン・チャイルド 脳科学が教える『子どもにまかせる』育て方」
 byウイリアム・スティクスラッド他(NTT出版)
https://amzn.to/2omxOx2


読んでくださり、ありがとうございました。

皆さまが幸せで笑顔の1日になりますように。



 【9月体験セッションのお礼】

9月末まで、コーチング30分間体験コースを
ご利用いただきありがとうございました。
うっかり、申し込みそびれた方のために1週間延長します。
3000円を1000円(お一人様一回のみ)で
受けることができます。
お悩み相談、お話聞いても受けつけていますよ。
お申し込みシートにご記入の上、送信ボタンを押してください。
遅くとも3日以内にメールでお返事いたします。

https://micorin55.com/taken

【10月の主催講座のお知らせ】

「カードと簡単ステップで、誰でもスイスイイラストが描ける!『イラトレ講座』」

期日 令和元年10月6日(日)10:00〜11:40
会場 東京都千代田区
定員 6名(最少催行2名)
   小学校3年生以上のお子さまから参加できます。
   *小学生は保護者の同伴が必要です
参加費 大人5500円・小・中学生3300円
お申し込みはこちらからお願いします。
https://peatix.com/event/1332588/view


「ユメカキ☆NOTE」で作る令和元年残り2ヶ月の行動計画
 ユメカキ☆NOTE講座at神田

日時 10月27日(日)
   13時00分〜17時30分(4時間30分)
会場 神田駅近隣の会議室(参加者にお伝えします)
定員 6名
参加費 大人11000円 
お申し込みはこちらからお願いします。
https://peatix.com/event/1332607/view

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-09-13  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。