生涯学習

ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜

自分自身の才能を生かし、夢や希望を実現して、自分ハッピーな人生を生きていきたいと思いませんか?「ジブイク」とは、「自分教育」のこと。そのための心のあり方、スキル、学び情報などをお伝えしながら、読者の皆さんが自分ハッピーになれる「ジブイク」を応援していきます

全て表示する >

ジブイクのすすめ 〜自分ハッピーで生きていこう!〜3月23日号 No139「名言あれこれ」

2019/03/23

おはようございます。
マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日は、お墓参りをしてきました。年末以来だったので、草むしりとお掃除が大変でした。4月に向けて、がんばることをご先祖さまにも宣言しました。

今日お伝えしたいことは、「名言あれこれその19」です。

一昨日引退した、イチロー選手のインタビューから、

いくつか言葉を選んでお伝えします。


「もちろんもっとできたことはあると思いますけど、結果を残すために自分なりに重ねてきたこと、人よりも頑張ったということは全く言えないけど、自分なりに頑張ってきたということははっきりと言えるので。
これを重ねてきて…まぁ、重ねることでしか後悔を生まない、ということはできないのではないかと思います。」

人よりがんばったことはない、とおっしゃいますが、

イチローは天才であり努力の人、

という印象があります。

自分の才能を活かすための努力、やりたいことをやるための努力、

それは当たり前と考えている姿勢がうかがえます。


「自分に限界を生みながら、ちょっとそれを超えていく。そうするといつの間にかこんな自分になっていくんだ、となっていく。少しずつの積み重ねが…。それでしか、自分自身を超えていけないのではないかと思います。
一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎてそれは続けられないと、僕は考えているので。地道に進むしかない。進むだけではないですね、後退をしながら。ある時は後退しかしない時もあると思うので。」

ここにも「重ねる」という言葉が出てきます。

つまり、道をいうのは一過性で考えるのではなく、

積み重ねでした作れないものだという思いがわかります。

高みと今の自分とのギャップに悩む人は多いと思うので、

遠回りも、後退も含めて、

地道に進めばいいという言葉は

ちょっと安心します。


「孤独を感じて苦しんだことは、多々ありました。ありましたけど、その体験は、未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと、今は思います。」

アメリカという外国に、

しかも野球の本拠地に、

入っていくことは簡単なものではないのですね。

「帰れ」と言われたこともあるそうです。

でも、自分を貫いて結果を出してきたことが、

相手に伝わり、受け入れられるようになっていったそうです。

本気のコミュニケーションが、人の心を動かすことも

イチローの姿に学びました。


イチローさんの28年間に勇気をたくさんいただきました。

小さな積み重ね、体験が力になること、

心に刻み、自分の人生にを生きたいきたいと思います。

今日は、師匠のイベントで、

レゾナンスリーディング の体験読書会にアシスタント参加をしてきます。


読んでくださりありがとうございました。

今日も、いい1日になりますように。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-09-13  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。