生涯学習

ジブイクのすすめ〜自分ハッピーで生きていこう!〜

自分自身の才能を生かし、夢や希望を実現して、自分ハッピーな人生を生きていきたいと思いませんか?「ジブイク」とは、「自分教育」のこと。そのための心のあり方、スキル、学び情報などをお伝えしながら、読者の皆さんが自分ハッピーになれる「ジブイク」を応援していきます

全て表示する >

ジブイクのすすめ 〜自分ハッピーで生きていこう!〜1月12日号 No89「名言あれこれ」

2019/01/12

おはようございます。
マナビツナグヒトのみこりんです。

昨日は、新年初の帝国ホテルでのお茶会でした。そこでも予祝をしてきました。友人と3年後について想像し、願いがかなった状態で話していると、それは近々実現しそうだと思えました。今、いろいろなことを並行して行なっているのですが、それらが育ってくれれば、3年後は万々歳なのです。

今日は、「名言あれこれその10」です。

アドラー心理学で有名な、アドラー大先生の言葉を3つ紹介しますね。

「健全な人は、相手を変えようとせず自分が変わる。
 不健全な人は、相手を操作し、変えようとする。」

この考えは、あらゆるところで応用されています。

《過去と他人は変えられない。変えられるのは未来と自分だけ。》
 byエリック・バーン

《影響の輪と関心の輪》
 byフランクリン・コヴィー

これらも源流はアドラー先生のこの言葉なのではないでしょうか。

私も先の2つが非常に印象深く、何かあるごとに心の中でつぶやいていた言葉でした。

過去のことや他人のことに思い煩うよりも、

自分が変えられる自分自身と自分が作る未来を考えることは、

とても心強い教えだと感じています。



「使い続けたライフスタイルが支障をきたしても、人はそれを変えようとしない。
 現実をねじ曲げてでも、自分が正しいと思い込むのだ。」

これはガーンとくる言葉です。

・こんなに一生懸命に頑張ってるのになんでうまくいかないの!

って思ったことはありませんか?

そう思った時はこの言葉を唱えてみましょう。

そして、自分が正しいと思い込んでいないか

問いかけてみましょう。

うまくいかないのは誰のせいでもなく、もちろん自分のせいでもなく、

ライフスタイルが支障をきたしているのです。

そこに気づいてちょっと変えさえすれば、

人生も大きく変わるのではないでしょうか。



「自分の不完全さを認め、受け入れなさい。
 相手の不完全さを認め、許しなさい。」

アドラーが解いた共同体という原理を理解するために大切なのは、

この言葉なのではないかと思っています。

自分の至らなさ加減を否定し、自信を失う方は多いです。

かつての私もそうでした。

自分に厳しく他人にも厳しい。

自分に許せないことは他人にも求める。

そういうところがあったと思います。

なぜ、そうなってしまうのか・・・?

を問いつづけた先にあったのが、

「そうであってほしい」「そうであるべきだ」という

自分の思い込み(ビリーフ)だと気づいた時に、

不完全だろうと完全だろうとどっちてもいいんだと

思うことができるようになりました。

自分自身に寛容になると、

人にも寛容でいられるものです。

私は、この言葉を実感するのに(頭ではわかっていました)、

ビリーフリセットの学びや経験が大きく役立ちました。

誰だって不完全なのです。

だったら、それはそれでいいじゃないですか。



さて、今日は東京地域は初雪かも?

と言われています。

寒そうですから、暖かくして過ごすといいですね。

読んでくださりありがとうございました。

いい一日になりますように。


「お知らせ」

☆みこりんチャンネルはこちらからご覧になれます。
若い先生たちに元教員のみこりん先生が語ります!
https://www.youtube.com/channel/UC7-pekrMIKgWbHM8DgsPrlw/featured?view_as=subscriber

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-09-13  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。