福祉・介護

みんなで勝ち取る眼球困難フロンティア通信

「みんなで勝ち取る眼球困難フロンティアの会」会員向けメルマガ。制度の谷間眼球使用困難症をとりまく状況や会の活動報告、当事者向けお得情報の配信。
会員登録はメルマガ登録を持って成立。

全て表示する >

7月19日11号

2019/07/19

メルマガ第11号

目次
1:年金裁判報告
2:日盲連からの陳情
3:ベンゾジアゼピン問題厚労省陳情711
4:読書バリアフリー法成立
5:ご寄付のお願い

ここから本文
1:年金裁判報告
 臨時号ですでにお知らせしましたが、判決はきわめて不当な結果でした。
要約すると、白杖や画面読みあげ機能を使おうが、恋人や友人店員などを頼ろうが、一人暮らしできていて、単独外出や目を使うことが少しでもできていれば「日常生活に著しい制限」とは認められずに2級には該当しないといったものでした。

 ここで問題なのは、健常者なら使う必要のない特殊な道具や機能を駆使した上で、さらに特殊スキルを身につけた結果や他人を頼った上でできていることまでも健常者と同等のように扱っていることです。

もうひとつは少しでも目を使えたシーンだけを挙げ連ねて、「必要に応じて目を使えている」とされたことです。

 そして、時間概念の扱い方が著しく不当です。「できる」時間と「できない」時間なら「できない」時間の方が圧倒的に多いにも関わらずわずかな「できる」時間のみを採用しているのです。
また、視力障害の年金2級以上の基準は両目の矯正視力の和0.08以下です。裸眼視力でこの程度の方はメガネを外して生活してみてください。大方のイメージがつくことでしょう。

 このような不当判決がまかり通るようでは私たち国民全員の安心も揺らぎます。決して許してはなりません。

 引き続き控訴して闘いますので今後も皆さまのご支援をよろしくお願いします。

 ひとまず、先日の弁護士との打ち合わせでは視覚障害者の実態に詳しい専門家の協力を仰ごうということになりました。
 また随時ご報告していきます。

 なお、躁転は平成25年11月頃の私の状態が2級以上相当と見なせるか?であり、勝訴した場合はその時点からの受給権発生になります。その後症状が変動すればそれに応じた等級に変わります。

判決日記
https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972060451&owner_id=17622495

裁判署名
http://chng.it/9q6dmCHS9V


2:日盲連からの陳情
 6月28日に日盲連から各省庁に陳情が行われました。そして、注目すべきはPDESも手帳精度に組み入れてほしいという要望も含まれたことです。
  以前からお知らせしている通り私の所属する埼玉県視覚障害者福祉協会からその要望が出されており、それが採択された結果です。

 他県の皆様も是非地元の視覚障害者福祉協会にPDESのアピールをしていただきたいと思います。

日盲連からの陳情内容
http://nichimou.org/notice/190627-jouhou/


3:ベンゾジアゼピン問題厚労省陳情7月11日参加
これは3年前から毎年やっている陳情イベントで、過去2年はジャーナリストの嶋田和子さんがリーダーでしたが、今年はリッチーさんという方がリーダーで開催されました。
私から厚労省に伝えたことは、PDES患者の中にベンゾジアゼピン被害者が非常に多いこと、そして医師の指導の元に減薬するとそのスピードが早すぎて悪化する患者も多いということでした。
 なお、当会サイトにもベンゾ注意喚起を乗せています。
http://g-frontier.xyz/prevention/


4:読書バリアフリー法成立
読書バリアフリー法が6月21日に成立しました。共同通信の記事からの抜粋で「点字図書や音声読み上げに対応した電子書籍の普及を国や地方自治体の責務と定めた。」と、あります。
すでに電子書籍を画面読み上げ機能で楽しんでいらっしゃる方もいると思いますが、それでもまだ全ての書籍で実現しているわけではありません。
これお機にますます読書困難者に読書のチャンスが広がると良いですね!

共同通信の記事
https://this.kiji.is/514681755642807393?c=39546741839462401

当会サイトの画面読み上げ機能紹介ページ
http://g-frontier.xyz/screen-reader/

5:ご寄付のお願い
 印刷代、交通費、サーバー代などご支援くださると助かります。なお、口座番号記載ページもサイトに作りました。拡散含めご協力お願い申し上げます。
http://g-frontier.xyz/donation/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-08-17  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。