独立・起業

稼ぐ!ビジネスモデルの作り方

217名の専門職の個人事業主(コーチ、コンサルタント、カウンセラー、セラピスト、士業など)で販売不振に悩んでいる人の年収を2倍以上にした経験とノウハウをお伝えします。

全て表示する >

インヴィテーション経営だよ!(^0^)//

2018/09/23

おっはよーーー!!

サンタです。


お店や事務所に
お客が来るのを待つだけの
経営から積極的に
お客を招待する経営
インヴィテーション経営に
変えていきましょう


「ん?? なんやそれ?」
「インヴィテーション経営って、何??」


まぁ、そうあわてないで
今からそれをお話しするから(^^;


インヴィテーション経営に切り替えると
「あなたのビジネスにどんなメリットがあるのか?」
「そもそもインヴィテーション経営って何?」
ってことをお話ししますね


そ・こ・で


あなたに最初に考えて欲しいのは
売上、まぁ月商でも年商でも
どっちでもいんですけど。。。


売り上げってどのように
成り立ってるのか?
ってのを確認したい


で、それがインヴィテーション経営に
どう影響を与えてるかを
理解してくださいね


多分、今から話すことは
もう既に知ってる人も
いらっしゃるでしょうねぇ


ところが・・・・!


実際にそれをやっている
って人は非常に少ない


大事なのは
知ってることやなく
ちゃんとそれを自分の
ビジネスでやってるか?です!


できてもないのに
「あ〜、それ知ってるわ」って
残念な経営者の方がいますけど
それって・・・???


まず、売上というのは
どういう構成かというと


売上 = 客数 × 客単価

以上!

まぁ、どれくらいの数の
お客さんがサービスや商品を
一人当たりどのくらい買ったのかで
成り立つわけですね


解りやすく
月の売上で考えましょか


ようは1ヶ月の間に
何人のお客さんが来て
そのお客さんが平均一人あたり
どのくらい買ってくれたかですね


これで
月商売上は算出できますよね


そして
お客さんが来るのを
自らインヴィテーション(招待)
するってことは
客数と客単価のどちらに
影響を与えますか?


そう、客数ですね
人数を増やすってこと


ようは
今までのお客さんは
お客さんが「行こう」って
気持ちになるまで待ってたわけ


その数が今の状態


でも、これって
お客さんの気まぐれ任せで
成り立ってる数字で
予測は???
不可能ですよね


ひょっとしたら
お客さんのさじ加減一つで
ライバルのとこに
行っちゃうかもしれないでしょ


だから
日々の売上ってのが
めっちゃ予測不可能で
綱渡り的な数字になる


今日は
たまたまお客さんが
来てくれたから良かったけど
明日は・・・・???


結果、日々の売上に
一喜一憂する続く。。。


これって
経営を自らコントロールできてますか??


めっちゃ他人任せになってるでしょ
しかもお客さんっていう
赤の他人さん任せに


これを
あなたがお客さんを
「インヴィテーションする」ことで
お客さんの気まぐれじゃなく


あなたからのインヴィテーションが
きっかけとなって来る数を
増やしていこうってことです


じゃぁ、来てくれるお客さんってのは
具体的に分けてみると
どんな風になるかっていうと


今月初めて来た新しいお客さん
いわゆる新規客ですね


そして、もう一つは
既に来たことのあるお客さんの
再来ってことになるよね


お客さんを詳しく分解しちゃうとね


つまり
僕たちが月商を増やしていくには
何が必要かっていうと


まず1つは
(1)新しいお客さんを増やすこと
だよね

そして、それと同時に
           ^^^^^^^^
2つ目として
(2)一度来てくださった
新しいお客さんに
その後、何度も来てもらえるような
働きかけ

両方のお客さんに
働きかけてくのが大事!


でも、、、
多くの人は。。。。


お客さんが来るのを
ひたすら待ってるだけなんで
新しいお客さんも来なければ
もう一度来ることもないわけです


もし、あなたが
新規のお客さんは結構くるよ
でも一度来たお客さんが
二度三度来てくれないと
悩んでるなら


「あなたのビジネスに継続性の
あるサービスがあるのか?」
「それを働きかけてるのか?」
ってことです


多くの方がしていません
お店の場合は特に顕著です
いっぺん来たんやから
また来てくれるって
勝手に思い込んで待ってるわけです


なので
僕たちが売上を上げるために
することはたったの

3つだけ


一つ目;新しいお客さんの数を増やす

二つ目;何度も来てもらえるようにする

三つ目;一人当たりの利用額を高める


だから、対策としては
1.新規客の増加のための施策
2.リピートしてもらう仕組み
3.利用額の単価を上げる施策


この3つだけ
これで月商は上がります


ただね
冷静に客観的に自分のビジネスで
考えてみると。。。


この3つに直結することを
ぜんぜんやってない人が多い


その証拠に
僕がクライアントへの
事前アンケートで
「あなたの月曜から日曜までの
行動(何をしているか?)を
書き出してください」
って項目があるんですけど


出てくる答えは、、、


実に多くの経営者が
朝から晩まで働いてるにも関わらず
その働いている仕事の内容が
この3つに直結してない
ことやったりします


特に職人系の店舗経営者は
ほぼ皆無に近い(^^;


別に経営者がしなくていい
現場の作業の中に
入り込んでたり


美容室とかでも
客数アップのことを考えずに
お客さんの髪を切っている瞬間が
一番幸せだとか、、、、

気持ちはすごく解ります
だって美容師になったんですからね(^^)/


お勤め美容師ならそれでいいでしょう
今は経営者という仕事が優先でしょ


ですので、まずあなたに
今日のお話しで実践して欲しいことは
売上を増やすのはこの3つなんだと
しっかりと腹に落とし込む


そして
一週間のスケジュールをリスケして
この3つのことに直結することを
毎日、最低1時間(本当は2時間)
この3つの数値に影響を与える
行動を加えて、やる!


そうすれば
間違いなくお客さんも増え
単価があがりますから
売上は上がります


ぜひ、今すぐ
スケジュール帳を開いて
リスケを始めてくださいね


行動が成功を引寄せる!



では、またメールします


サンタ


P.S.
インターネットビジネスで稼ぐには、
「集客」「教育」「販売」の流れを仕組み化すること。

効率よくやるには、ツールが必要です。

私はこれを使っています。
無料で使える機能が多く、かなり使いやすいです。
 ↓
https://ex-pa.jp/et/sam/1s

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-06-30  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。