生活の知恵

断捨離修行僧のつぶやき

断捨離・整理整頓の基本姿勢など、送ります。

全て表示する >

僕のシークレットスタイル

2018/06/10

僕は、本当はもともとは「女の子」としてこの世に生をうけました。

生まれた時から髪の毛が多く
「まあ、髪の毛ふさふさね!」
と看護婦さん(当時はまだ「看護婦」でした。)に言われたそうです。

[さきこ]と名づけられた僕は、生まれた時からなんとなく「男の子」っぽくて、
親から「サコベー」とよばれていました。
(フーテンのサコベーかな?)

幼稚園に入ると、チャンバラごっこや戦隊ごっこが好きでした。
「俺、赤レンジャー!」
「俺、緑ー!」
物陰に隠れて、先生を脅かしたり、女の子にちょっかいかけたり、
男の子と遊ぶほうがすきだったのです。
だから、保育の記録でかならず、女の子の友達と遊びましょうと書かれていました。
なぜ?僕は思いました。
僕が僕でいたらだめなの?
そう思いましたよ。
女の子らしさの追求をされていました。
スカートも嫌で嫌でたまりませんでした。
本当に、幼児だった僕は漠然と自分に身体に違和感を覚えていました。

ま、いずれは僕にもおちんちんがはえるんだ!
って、本気で思っていましたからね。(笑)
タチションできないのが不思議でならなかったですね。


では、次回に続きます!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-06-03  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。