健康・家庭の医学

公開!リフレクソロジー整体術

リフレクソロジストとして活躍中の方や、リフレクソロジストを目指している方に向け、秘技をお伝えします。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

こんにちは。今澤です。

このメルマガでは、これからリフレクソロジストになりたい方、既にリフレクソロジストとしてご活躍中の方向けに、少しマニアックなリフレクソロジーをお届けしていきたいと思います。

今回はこんな話題から。

足には左右合わせて56個もの骨が存在します。

この骨はずれることがある事をご存じでしょうか?

リフレクソロジー、特に足つぼマッサージと呼称される類の施術では、痛すぎるものが多く存在します。   

良薬口に苦しという言葉がありますが、

薬は苦くなければ効かない。

施術は痛くなければ効かない。

そんな考えもあってか、やたらと痛くする施術家がいます。

ポイントをおさえた痛みなら良いのですが、どこもかしこも力任せに痛くさせる人もいますね。

これはまずいです。

いくら他の部位と比べて強靭にできている足とはいえ、こういった力任せの痛い施術により、骨がずれてしまう事があるのです。

では、そんなずれた骨を見つけるにはどうしたら良いか。 

また、ずれと骨を修正する為にはどうしたら良いか。

こういった事は、一般的なリフレクソロジーではあまりやらない事ですが、体の整体において非常に重要な事です。

次回から詳しくご紹介していきたいと思います。

最新のコメント

  • コメントはありません。