ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

1月11日号 豪華絢爛な巨塔、地中から出現 【見宝塔品第十一】(一〜六行)

2019/01/11

1月11日号 豪華絢爛な巨塔、地中から出現 【見宝塔品第十一】(一〜六行)
   
 
★★ きょうの謎!
 
その謎1:
 
この巨大な塔はどうして出現したのか?
   
その謎2:
 
こんな豪華贅沢なものを教育上、声聞などに見せてもいいのだろうか?
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第1-11日 Vol.11
   
 豪華絢爛な巨塔、地中から出現
   
 【見宝塔品第十一】(一〜六行)
  
      
■■今日の一偈一句
   
 
 爾の時に佛前に七寶の塔あり。高さ五百由旬、縱廣二百五十由旬なり。地より湧出して空中に住在す。種
 
 
 種の寶物をもつて之を莊校せり。五千の欄楯あつて龕室千萬なり。無數の幢旛以て嚴飾となし、寶の瓔珞
 
 
 を垂れ、寶鈴萬億にして其の上に懸けたり。四面に皆多摩羅跋栴檀の香を出して、世界に充偏せり。其の
 
 
 諸 の旛葢は 金・銀・瑠璃・シャコ貝・碼碯・眞珠・マイ瑰の七寶を以て合成せり、高く四天王宮に至
 
 
 る。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■  今 日 の 解 読 ! (苦)
__________________
 
その時に佛前に七宝の塔が現れていた。高さ、おおよそ三千キロメートル、縦横おおよそ千五百キロメート
 
ルにもおよぶ。地中より湧き出でて空中高くそそり立っている。様々な宝物で覆われ、綺麗にこれを装飾せ
 
り。五千の玉垣があって納骨室は一千万なり。数限りない旗や吹流しで豪華に飾られ、宝の花輪や色紐を垂
 
らし、宝の鈴は億万個がその上に懸けられ。塔の四方面へは皆タマ―ラ樹の葉や栴檀の香りをそよがせて、
 
世界中にその香りを漂わせり。その諸々の旗や吹流しなどの装飾は金・銀・瑠璃・シャコ貝・碼碯・眞珠・
 
マイ瑰の七宝で合成され、天高く、四天王の住む宮殿にまでにとどく。
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
__________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
__________________
 
皆さんは釈迦の性質をどう思いますか?
 
私はこれほど長い人類の歴史の中、釈迦ほど人々、或いは衆生世界全般に好かれ続けた存在はないと思えて
います。
法華経を学んでわかることは、釈迦とは仏様といえど、以外にもごく身近な頑固親父のように類似した考え
を示している方だということです。
      
これは実に法華経をほんの僅かでも注意深く読んだことがない人には、ほとんど勘付くことができないこと
だと思えます。
        
はっきりいって、身近なお寺の住職さんなどの説法に出てくる全国どこでも共通な穏やかで優しいお釈迦さ
まの話やイメージとは、実際の法華経の中に生きている釈迦とどことなくはっきり違うようであることにお
気づきですか?
    
それは一体どういうことなのでしょう?
私たち実際の直に法華経に目覚めた者は本当に恵まれていると思いませんか?
こんなありがたい真実の教えが本当は世間には語られたためしもない聞いたこともない、こんな滅相もない
不可思議な時代に私たちはただ目を瞑って暮らしているのです。
       
いかに早く、わかりりやすくが法華経の重大な実行目標であるのです。
何事も行動しましょう! 正しい行動の結果はすぐ目前にあるのです。
 
 
今回も読んでいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
  
  (ぶっけん成安田)
 
 ご予告: 明日AM6時発行
  
 〜 法華経を求むるに怪訝なし 〜
  
 【提婆逹多品第十二】(一〜五行)
 
   です! どうぞご期待ください^〜^
        
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0112/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0111/
        

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。