ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

11月20日号 常に是の經を受持し讀誦し解説し書寫すべし 【常不軽菩薩品第二十】(五十九〜六十三行)

2018/11/20

11月20日号 常に是の經を受持し讀誦し解説し書寫すべし 【常不軽菩薩品第二十】(五十九〜六十三行)
 
★★ きょうのヒント!
 
その1:
 
法華経を修行することこそが阿耨多羅三藐三菩提を得る道なのでしょうか?
 
その2:
 
如來の滅後こそ、阿耨多羅三藐三菩提を得る時なのでしょうか?
 
その3:
 
常にこの経を受持し読誦し解説し書写することを基本に命じているのは、常不軽のように経巻を用いない修
行を見習ってはいけないと戒めているのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第11-20日  Vol.297
 
 常に是の經を受持し讀誦し解説し書寫すべし
 
  【常不軽菩薩品第二十】(五十九〜六十三行)
  
 
■■今日の一偈一句
 
 
 得大勢、當に知るべし。是の法華經は大に諸 の菩薩摩訶薩を繞益して、能く阿耨多羅三藐三菩提に至ら
 
 
 しむ。是の故に諸 の菩薩摩訶薩、如來の滅後に於て、常に是の經を受持し讀誦し解説し書寫すべし。爾
 
 
 の時に世尊、重ねて此の義を宣べんと欲して、偈を説いて言わく
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
得大勢よ、まさに知るのだ。この法華経は大いに諸々の菩薩摩訶薩を繞益して、能率よく阿耨多羅三藐三菩
 
提に至らせるのだ。この故に諸々の菩薩摩訶薩は、如來の滅後に於て、常にこの経を受持し読誦し解説し書
 
写することだ。その時に世尊、重ねてこの義を宣説したいと欲して、偈を説いて述べられた
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
今月はこのメルマガの第11月目、即ちイレブンということでチームワークの大切さの月間ではないかとい
う話を私は今月の最初の頃にしてましたよね。
 
そこで、チームワークのことについて考えてみますと、なかなか難しいものだなと実感しております。
そもそもチームワークとはそれが乱れないようにするにはどうしたら良いかと考えますと、お互いの気持ち
の在り方を尊重し合わなければなりませんね。
 
たとえば誰もが渋滞したイライラに対し、誰か代表してハッキリした行動でリーダー性を発揮してほしいと
誰もが願うことがあると思います。
しかし、そのリーダーが単に渋滞した数の多さそのものだけに意欲を勝ち得たところで、たとえ苛立ちは一
時的には解消されようとも、状況は依然変わらなかったり、それ以上に増えていくことすら考えられますね

 
こういう場合のリーダーとして求められる最善策とは、困っている者たちへの模範となって同じように勝ち
得る方へと誘導する義務を実行することだと思います。
そうすることで、芥川龍之介の蜘蛛の糸のような結果にならずに済むということです。
 
その意味は、お釈迦さまの降ろした1本の蜘蛛の糸へただ咄嗟にすがりだし、我こそはと登りだしたリーダ
ーは失敗ということです。
そしてまた、それより少し賢く物事を知るリーダーならば、糸が切れないように皆でスクラムを組んでよじ
登れと命じたとしても、誰もがそのスクラムに乗り上げようということになって、皆が崩れてこれもまた失
敗でしょう。
 
では、どうすれば良いリーダーかといえば、考えさせる模範になることです。
つまり、言われた通りのことだけすれば良いという一方的な指導命令は恐らく佛のことであり、修行者同士
の中のリーダーたる者ならば、この1本の糸をこれは一体何であるのか、どのようにすれば良いのかを説明
して各々に理解させてから行動させるべきなのでしょう。
 
ちょっと忘れがちなことですね!
 
 
今回も読んでいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、今後とも何とぞよろしくお願いいたします。
 
  (ぶっけん)
 
   
 
 ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
  次  回  ご  予  告
 ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛
 
  明21日AM6時発行の
 『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』は、
 
 〜 久しからずして亦當に得べし 〜
 
 【如來神力品第二十一】(五十四〜五十七行)
 
 です。 乞うご期待! それではまたね^_^
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha1121/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha1120/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha1020/
     
                  
   ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓
    新  1  月  か  ら  の
   ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛
 ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
  継  続  改  訂  の  お  知  ら  せ
 ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛
    
 今年からスタート致しました『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』は、
来月28日をもちまして、この1年間シリーズを終了いたしますことを前もってお知らせ申し上げます。
 これまで、お読みいただきましたご愛顧にたいし、心よりご感謝申し上げます。
 尚、今後一層『真実発信!ぶっけんの??説法・ホッ法華経』を継続してご愛読戴けますことをお願い申
し上げます。
      
 ところで『真実発信!ぶっけんの??説法・ホッ法華経』は、発刊スタートから今月で第11月目になり
ますが、毎月の全28品のうち短いものはすでに終了したものもあり、お気付になられていると思いますが
その継続版として無量義経版を配信させていただいておりますのは、そのメインとなる法華経全28品とは
、そのすべての経文を提示して網羅することだけが完全というわけではないからです。
      
 それでは、何のために法華経を含めた三部経のうち無量義経が一番先に法華経の手前に置かれてあるのか
ということについてお話します。
 それは、一旦、メインとなる法華経を体験してみて再確認する、つまり、お釈迦さまの体験から編み出さ
れた最初の入り口の法門である無量義経の事を知るきっかけを、実は先に法華経の体験を通じることで得る
という、お釈迦さまが実際に歩んでから伝えた順番を忠実にそのままに渡ってみるという試みなのです。
      
 お釈迦さまの説くところ、阿耨多羅三藐三菩提の法を何よりいち早く得れる法門が実は無量義経であるこ
とをお説きになっておられるのです。即ち、釈迦の法とは、何よりも早く成仏に適う方法はないかという実
証だったのです。
        
 この無料メルマガ『真実発信!ぶっけんの??説法・ホッ法華経』で、過去実存したお釈迦さまが実際に
法華経を最初から目指し、晩年になるまでその真実を正式には明かさずにおられた、そして最終的に説く時
がやって来ても、まず最初に説いて披露したのは法華経そのものではなく無量義経だったのです。それは主
目的の法華経自体は大変難しいもので一般の修行者にはとてもすぐには理解はできないものと判断したため
でした。
          
 つまり、無量義経を説くことがいち早く法華経の目的、即ち阿耨多羅三藐三菩提を得ることができるとい
うことです。
 
  
 この無料メルマガ『ぶっけんのホッ法華経!』は、前述の通り全文は終わらない途中段階で終了させてい
ただきますが、新年1月1日より復刊スタートを予定しております!
 再度、趣向を新たに法華経28品の各品最初の1行目からの再スタートとなります!
 どうぞ来た道をもう一度歩いてみることで更なる思いがけなかった真実に遭遇するでしょう。そのように
ご期待して戴きたいと共に、是非、このままの状態で続けていただき、もう一度、法華経を最初に目指した
釈迦の道を繰り返しトライしてみてください!
    
 約1年間、お付き合い有り難うございました。しばらく後、また、新規の1月1日からも再度開始いたし
ます。
 今以上に装いを変え、随時、新たな手法をご案内していくつもりですので、どうかより一層のご愛顧のほ
どをよろしくお願いいたします。 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。