ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

9月10日号 若し一劫の中に於て 【法師品第十】(五十〜五十五行)

2018/09/10

9月10日号 若し一劫の中に於て 【法師品第十】(五十〜五十五行)
 
★★ きょうのヒント!
 
その1:
 
一劫の中に於てとは、その一劫の期間の意味は何でしょう?
 
その2:
 
佛より持経者のほうをもっと大切にしなければならないということは、例えば、大学教授より独学の学生
を大切にしたほうが功徳が大きいということなのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第9-10日  Vol.233
 
 若し一劫の中に於て
 
  【法師品第十】(五十〜五十五行)
 
■■今日の一偈一句
 
  
  若し一劫の中に於て 常に不善の心を懐いて 色を作して佛を罵らんは 無量の重罪を獲ん 其れ是の
 
  
  法華經を 讀誦し持つことあらん者に 須臾も惡言を加えんは 其の罪復彼れに過ぎん 人あつて佛道
 
 
  を求めて 一劫の中に於て 合掌し我が前にあつて 無數の偈を以て讃めん 是の讃佛に由るが故に 
 
 
  無量の功徳を得ん 持經者を歎美せんは 其の福復彼れに過ぎん

 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
 もし一劫の中に於て 常に不善の心を懐いて 物質的に顔色を変えて佛を罵るならば 無量の重罪を獲る
 
  ただしそれこの法華経を 読誦し受持している者に 僅かも悪言を加えることは その罪さらにそれ以
 
 上なのである ある人がいて佛道を求めて 一劫の中に於て 合掌し我が前に身を置き 無数の偈をもっ
 
 て讃嘆したならば この讃佛が由縁となり 無量の功徳を得るであろう ただしそれ持経者を歎美(たん
 
 み:感心して誉める)することは その福さらにそれ以上なのである
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
前回も釈迦の狙いは古くからの阿羅漢寺のお金や名誉中心の風習を大改革するために法師を強く起用してい
るのだと私は説いていました。
そして、古くからの阿羅漢の伝統化した風潮は実際に釈迦の一生涯内に於ても難しすぎる改革だったらしい
ことも私は前回述べていました。
 
それくらいに釈迦の試みた大改革は難しいものだったはずなのであり、釈迦滅後、相当に長い年月を費やし
ていつか完璧な大改善を図る未来予測がこの法華経であったはずなのです。
 
ですから、その重要な切り札である法師指導に関して、それ相応の難しい言い回しが常に必要なくらい、旧
来の阿羅漢族の保守的な壁は打ち砕くにはぶ厚いのです。
そのためにそんじょそこいらの歴史内でこの将来立派な法師と成れとする薬王菩薩への釈迦の指導内容が誰
にもすらすら理解して読み通せるものではないということが結論なのかもしれません。
 
例えば他社の秘密営業会議をスパイ傍受したとしても、そんなスパイ活動すら簡単に有り得ることくらいは
すでに計算している機密な組織社会では、そのように完全に暗号化されている会議内容をそう簡単には説き
明かせれるものではないのでしょう。
 
ですから、この法華経は現代にもそのまま匹敵した完璧な予測がなされているはずなのです。
とにかくスパイの歴史は長いようです。
そのスパイ対策とはいつの古い時代も頭を悩ませて作戦を練ってきている歴史こそ実際に有るのです。
 
いよいよ私たちも利益を競う社会の現実には必ずスパイ活動ありと考えて、その対策基本書がこの法華経で
あったと心得て取り組む段階に入ってきたことを意識して、暗号解明であることを始めましょう。
 
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
 
末永くご愛読いただけますよう、
また明日発行の「真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経」を何とぞよろしくお願いいたします。
 
 
  (ぶっけん成安田)
 
 
 ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
  次  回  ご  予  告
 ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛
 
  明11日AM6時発行の
 『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』は、
 
 
 〜 各一りの大菩薩を將いて 〜 
 
 【見宝塔品第十一】(四十九〜五十二行)
                
 
 です。 乞うご期待! それではまたね。
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0911/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0910/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0810/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。