ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

9月3日号 汝今 悉く忘れて 【比喩品第三】(五十〜五十六行)

2018/09/03

9月3日号 汝今 悉く忘れて 【比喩品第三】(五十〜五十六行)
 
★★ きょうのヒント!
 
その1:
 
釈迦はここで天・人・沙門・婆羅門等の大衆の中で説くと言ってますが、ここでの沙門・婆羅門等とは非人
や王などを除く、最初からこの会場に集まって居た阿羅漢や声聞などを含めた四衆(比丘・比丘尼・優婆塞
・優婆夷)全般に説こうとしていることなのでしょうか?
 
その2:
 
釈迦は昔曾て二万億の佛の所に於てとあるのは、今時点のことではなく、その二万億の佛とは常不軽菩薩品
で説明している日月燈明佛や雲自在燈王佛、その他千万億の佛に値い奉っていた常不軽菩薩だった頃のこと
を言っているのでしょうか?
 
その3:
 
佛の方便によって引導されることが、更にその佛の法の中に生ずることになったとはどういうことなのでし
ょうか?
 
その4:
 
滅度を得るということが佛道を志願することとは違うのでしょうか?
 
その5:
 
方便品の段階で舍利弗が疑っていた諸佛第一の甚深微妙難解の法とは、この大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・
佛所護念、つまり法華経のことなのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第9-3日  Vol.226
 
 汝今 悉く忘れて
 
  【比喩品第三】(五十〜五十六行)
  
■■今日の一偈一句
  
 
 爾の時に佛、舍利弗に告げたまわく、吾今天・人・沙門・婆羅門等の大衆の中に於て説く。我昔曾て二萬
 
 
 億の佛の所に於て、無上道の爲の故に常に汝を?化す。汝亦長夜に我に随つて受學しき。我方便を以て汝
 
 
 を引導せしが故に、我が法の中に生ぜり。舍利弗、我昔汝をして佛道を志願せしめき。汝今 悉く忘れて
 
 
 、便ち自ら已に滅度を得たりと謂えり。我今還つて汝をして本願所行の道を憶念せしめんと欲するが故に
 
 
 、諸 の聲聞の爲に是の大乗經の妙法蓮華・?菩薩法・佛所護念と名くるを説く。
 
    
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
その時に佛は、舍利弗に告げたまわく、吾は今ここで天・人・沙門・婆羅門等の大衆の中に於て説く。我は
 
昔かつて二万億の佛の所に居た頃、無上道の為を理由に常に汝を教化した。汝もまた長夜に我に随って受学
 
していた。我は方便を用いて汝を引導したが故に、汝は我が法の中に生じたのである。舍利弗、我は昔汝に
 
対して佛道を志願するように指導していた。汝は今それをことごとく忘れて、便宜的に自らすでに滅度を得
 
たりと思っていたようだ。我は今再び甦って汝に対して本願である所行の道を憶念させなければならないと
 
願うが故に、諸々の声聞の為にこの大乗経の妙法蓮華・教菩薩法・佛所護念というものを説くのだ。
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
私は近頃、町内自治会の人に頼まれてはじめて近所の守護神社である諏訪様の2年参りのお手伝いをするこ
とになりました。
ところで、私はたとえ佛法信者であったとしても私は神社の神事もしっかりやって共に国として維持してい
くべきだと判断しています。
 
しかし、そのように判断できるまでには若いころからの疑問のままに数十年の迷いの期間が現実にあったわ
けです。
それはやはり日本国にとって仏事と神事とは重大極まりない国の二大事業であり、一般国民の私などはどち
ら派などと自分勝手で判断できることではないでしょう。
 
通常は私のような国民がほとんどすべてでしょうから尚のことまとまりがつかないままにこの重大極まりな
い二大事業は来る年も来る年も私たち何も知らない国民が中心となってそれとなく続けてきているものだと
思います。
これを嫌だと言ったら不幸極まりないのが現実の国、そして居住の自治会などだと思っております。
 
このような恐怖概念で縛られて、何の意味があるやら将来の自分の何の当てになろうかと悲観される方も現
代ではものすごく増えていると思いますが、案外悲観する者こそ恐怖には弱いものでそれとなくしっかりや
って行けている様子が大人と子供の相違なのでしょうね。
子供時代、腕白者は何よりも強くても大人になって行くにつれ、次第に不思議とそのような存在性は薄れて
いきます。
 
とりあえず、誰もが子供時代に知らなかったことを少しづつ知っていくことが大人である有利さと共に僅か
ばかりの楽しみなのでありましょう。
子供にとっては大人は辛く不運な人生を背負って見えていようと大人は案外子供に計り知れない楽しさとい
うものを誰もが持っているから生きていることを感謝できているのでしょう。
 
社会経済のことは子供には到底理解は難しいことは定説で、大人ならでは少しづつ解かってくるのです。
しかし、その経済もまた大人一代だけで全てを知り尽くすなどは不可能なものであり、少しづつ少しづつ一
代一代踏み固めて覚えては、誰もがまた忘れて生れて来るのかもしれず、その都度に大人になるということ
はやはり前世が繋がってきていることを確かめる年ごろになったということでしょうかね。
 
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
 
末永くご愛読いただけますよう、
また明日発行の「真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経」を何とぞよろしくお願いいたします。
 
 
   (ぶっけん成安田)
 
 
 ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
  次  回  ご  予  告
 ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛
 
  明4日AM6時発行の
『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』は、
 
 
 〜 使者、疾く走り往いて捉う 〜
 
  【信解品第四】(四十三〜四十九行) 
 
 です。 乞うご期待! それではまたね。
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0904/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0903/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0803/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。