ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

8月1日号 今當に誰にか問うべき 【序品第一】(四十九〜五十五行)

2018/08/01

   
   
 
今日から第8期の全28品、『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』を始動します!
    
このメルマガは、毎年元旦1月1日に始まり、12月28日までの1年間(全12期)で終了します。
今まで購読されている方々、また新規に購読された方々、
今月も1日から28日まで連続で毎朝6時にお届けいたします(^◇^)(^^♪
   
なお、このメルマガ内容と日替わりに連動したSNS投稿とブログも開設しています。
あなたの毎日の変化をとり入れながら、ぜひ!ご活用ください\(^o^)/
   
今後とも、何卒よろしくお願いいたします。      (ぶっけん成安田) 
    
========================
========================
  
   
★★ きょうのヒント!
 
その1:
 
釈迦の眉間白毫相の光のことを弥勒菩薩は神變の相と考え、四衆及び神々は光明神通の相と考えたのは、ど
ちらも各々に新しい種類の神の光であると感じたということでしょうか?
   
その2:
 
天神・竜神・鬼神などは神でありながら、釈迦の放った光の種類がわからず、佛の光ではなく、ただ神の力
による光だと思い込んだのでしょうか?
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
■第8-1日 Vol.197
 
 今當に誰にか問うべき
 
【序品第一】(四十九〜五十五行)

■■今日の一偈一句
 
 
 爾の時に比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷及び諸 の天・龍・鬼神等、咸 く此の念を作さく、是の佛の光
 
 
明神通の相を、今當に誰にか問うべき。爾の時に彌勒菩薩自ら疑 を決せんと欲し、又四衆の比丘・比丘尼
 
 
・優婆塞・優婆夷及び諸 の天・龍・鬼神等の衆會の心を觀じて、文殊師利に問うて言わく、何の因縁を以
 
 
て此の瑞神通の相あり、大光明を放ち東方萬八千の土を照したもうに、悉 く彼の佛の國界の莊嚴を見る。
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
その時に比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷及び諸々の天神・龍神・鬼神等は、ことごとくこの念を作した、こ
 
の佛の光明神通の相を、今明らかに誰に対して問うべきなのかと。その時に弥勒菩薩は自ら疑いを解決しな
 
ければならないと意気込み、又四衆の比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷及び諸々の天神・龍神・鬼神等の会衆
 
の心を察することにより、文殊師利に問いただしてみた、何の因縁をもってこの瑞や神通の相があるのか、
 
大光明を放ちて東方の一万八千の国土を照し出されたが、ことごとく彼方の佛の国域の素晴らしくも豪華な
 
情景を見るのは。
      
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
今日からまた最初の序品第一から始まりました。
皆さん再びがんばって今月も毎日続けていきましょうね。
 
さて、今月は法華経は他のお経とはだいぶイメージが違うという説法から始まりました。
ところで皆さんはこの法華経と接することをどう考えますか?
これは確かにお寺のお坊さんが経典を学ぶイメージとは異なることではないだろうかと思えるのではないで
すか?
 
実は私もそう思うのですが、そもそも通常のお寺とはお坊さん自身が修行する事よりも他人の信仰者の為に
ある施設ですよね。
ですからどうしても自分の為の教えとなると遅れがちなのでしょうね。
お寺さんはとにかく寺院という他へ解放された施設を維持管理するほうが日ごろの重要な役割である管理人
的な要素があります。
  
つまり、お坊さんは佛法を護持する侍者阿難のような立場であり、経典よりも佛様そのものを大事に考えや
すいものと思います。
 
阿難は侍者と呼ばれていますが、侍者とは侍とも考えられるようですよね。
そして、侍の漢字を解体すれば人と寺ということですね。
そのように経典よりも人が大事なようであり、人を監理する侍である武士とフィーリングがとても合った関
係なのかもしれません。
 
ですから、日本の歴史では武士と坊さんとが熱心に取り組んでさまざまに立派な佛教施設を日本中に建立し
てきたと思えるのです。
そのように日本国は佛教寺院があちこちに建ち並ぶ、まるで都市計画がしっかり進んだ阿弥陀国のようにも
思えるのです。
それがもし、阿弥陀国であるなら、過去世にすでに苦しい修行は済まされていて、不平不満など言い出す者
など居ない平和と調和で完成された国でなければならないはずです。
 
これに対し現実の今の日本はどうであるのか? この疑問をこれからも法華経と釈迦を通じて阿弥陀佛とは
どういう存在であるかなどまでもどんどん再発見していきましょう。
   
     
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
 
末永くご愛読いただけますよう、また明日発行の「真実発信!ぶっけんの??説法・ホッ法華経」を何とぞ
よろしくお願いいたします。
 
                        (ぶっけん)
 
 
 ┏━┓┏…┓┏━┓┏…┓┏━┓
  次  回  ご  予  告
 ┗…┛┗━┛┗…┛┗━┛┗…┛
 
  明2日AM6時発行の
『真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経』は、
   
 
  〜 今是の義の所趣を知らず 〜
  
  【方便品第二】(三十七行〜四十四行)
 
  です。 乞うご期待!
 
   それではまたね^〜^   
  
  
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0701/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0801/
   
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0802/
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。