ライフプランニング

真実発信!ぶっけんのDM説法・ホッ法華経(毎年1月開始版)

法華経の全28品を毎月28回(1日から28日)、毎月同じ日付に合わせて毎朝1品ずつDM説法をお届けします。
私ぶっけんの法華経DM説法は、即ちDMのDはDay、MはMoonを意味します。
<毎年1月1日開始12月28日終了版>

全て表示する >

6月3日号 邪を抜き涅槃を説きたまいし 【比喩品第三】(二十七〜三十五行)

2018/06/03

6月3日号 邪を抜き涅槃を説きたまいし 【比喩品第三】(二十七〜三十五行)
 
 
★★ きょうのヒント!
   
その1:
 
舍利弗の持っていた邪見とはどういうものでしょうか?
   
その2:
 
空法に於て證を得るとはどういうことでしょう?
   
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
  
 
■第6-3日 Vol.143
  
 邪を抜き涅槃を説きたまいし
 
 【比喩品第三】(二十七〜三十五行)
  
 
■■今日の一偈一句
  
  
  我常に世尊を見たてまつるに 諸 の菩薩を稱讃したもう 是を以て日夜に 此の如き事を籌量しき 
 
 
  今佛の音聲を聞きたてまつるに 宜しきに随つて法を説きたまえり 無漏は思議し難し 衆をして道場
 
 
  に至らしむ 我本邪見に著して 諸 の梵志の師と爲りき 世尊我が心を知しめして 邪を抜き涅槃を
 
 
  説きたまいしかば 我悉く邪見を除いて 空法に於て證を得たり 爾の時に心に自ら謂いき 滅度に至
 
 
  ることを得たりと 而るに今乃ち自ら覺りぬ 是れ實の滅度に非ず 若し作佛することを得ん時は 三
 
 
  十二相を具し 天・人・夜叉衆 龍神等恭敬せん 是の時乃ち謂うべし 永く盡滅して餘なしと                                                                                            
 
 
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■  今 日 の 解 読 !  (苦)
___________________
 
 我は常に世尊を見たてまつりますに 世尊は諸々の菩薩を賞賛していました このことを知るにつれて日
 
 夜に このような事を籌量(ちゅうりょう:思惟)いたしておりました 今佛のお声を聞きたてまつりま
 
 すに 宜しきに随って法を説いておられます 無漏における思議し難さゆえ 大衆を纏めて道場に至らせ
 
 る 我は本来邪見に執著しており 諸々の梵志(ブラフマンを志す者、バラモンの別名でもありバラモン
 
 階級出身の僧の意味)の師となっておりました 世尊は我が心を見抜いてくださり 邪見を抜き涅槃を説
 
 いてくださると 我はことごとく邪見を除くことができ 空の法に於て證(しょう:さとり、証)を得る
 
 ことができました その時には心に自ら想いました 滅度に至ることを得ることができたのだと しかし
 
 ながら今になって自ら覚りました これは真実の滅度であるはずはない もしも本当に作佛することを得
 
 た時は 三十二相を具足し 天・人・夜叉衆や 龍神等が恭敬するようになることでしょう この時が来
 
 てやっと想えるでしょう 永久に盡滅してもう遣り残すことは何もないのだと 
       
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
 
___________________
 
■■■■ 今 日 の 振 返 り !(脱)
___________________
 
また、舍利弗は死んでしまっているのではないかという推理に至ってしまいましたが、十二因縁の法則から
しますと、最後に業(ごう)に於いて裁かれた原因は、来世の結果へと引き継がれていくわけですが、舍利
弗にとってかなり高齢になってからの修行変換は心身ともに堪え、長らくの声聞生活の因果の結末転換には
追いつけなかった定めがあったのではないでしょうか?
   
そして、すでに来世の結果も決定してしまい、正しく生まれ変わってくることも難しく、死んでから未練に
打ちひしがれ、もう決定した来世を今ここですぐに変えることのできないジレンマに打ちひしがれているの
ではないでしょうか?
   
ですから、信力堅固な菩薩としてすぐに生まれ変わり、来世の如来と真実の佛法で取り組むことができない
ため、父親ほどに思った釈迦と同じように大衆へ法華経を説くことができなくなったことへの哀しさに耐え
切れない様子です。
   
これは自身を佛子であるとして一旦は称えられ、生まれつきの恵まれ境遇ばかりに甘んじて生きようとした
結果だったといえましょう。
釈迦の変化対応せよ!という遺言は、そのまま我が子同然の弟子舍利弗などへの親の愛としての最大な警告
だったのでしょう。
  
 
今回もお読みいただき、誠にありがとうございました。
末永くご愛読いただけますよう、何とぞよろしくお願いいたします。
 
 (ぶっけん成安田)
 
 
  ご予告: 明4日AM6時発行
 
 〜 展轉して父の舍に遇い到りぬ 〜
 
  【信解品第四】(二十八〜三十四行) 
 
   です! それではまたね^〜^   
  
  
☆彡 明日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0604/
   
☆彡 本日の品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0603/
   
☆彡 先月の本品ブログページへ
⇒ https://jouan167.jimdo.com/buddha0503/
  

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2018-03-08  
最終発行日:  
発行周期:日刊、月々28回(1日から28日)  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。